グレンタウン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
グレン島の上空写真。中心部の黒いとこがグレン山である。

グレンタウン(愚連町)はグレン島(旧名伊豆大島)にある寂れた町。1999年にグレン山(旧名三原山)が大噴火し、町は消失した。

地理[編集]

伊豆半島沖に位置し、隣の無人島ふたご島を含むグレン諸島(旧名伊豆諸島)の最大規模の島である。には大型の楯状火山グレン山が存在し、現在も火山活動が活発である。市街地は規模が小さく、建造物は5棟程度しかない。1999年の噴火後は町の復旧にめどが立たず、現在島にはポケモンセンターと洞窟しかない。

歴史[編集]

1995年、島の住民の一人であったカツラが配下20名と炎ポケモンを従え市街地を占拠し、大グレン民主主義人民共和タウンとして独立を宣言。これを鎮圧せんと駆けつけた自衛隊も島の水際で撃退した。その後カツラは大グレン町長に就任し、島名を伊豆大島改めグレン島、三原山改めグレン山として新国家の建造に着手した。その際に隣のふたご島も兵を常駐させ占領下に置いている。 しかし、彼の政策は住民に多量の税負担を強いるものであったため、住民たちは次々に亡命。近隣のマサラタウンセキチクシティには亡命者が押し寄せ大混乱を招いた。結局島の住民はカツラ自身とカツラの配下を除いて30人足らずになった。 1999年の噴火では島全体に火砕流が押し寄せ町を全て飲み込んだ。カツラは配下達と共にロケットでふたご島へ逃走。残された島の住民は全員死亡した。それにより大グレン人民共和町は事実上崩壊した。カツラは現在もふたご島に籠城。犯罪者として警察、自衛隊に追われている。 現在は日本政府の援助によりポケモンセンターを建設。ポケモン治療はするが人の治療はしてくれない。

実は山の何処かでラガンが埋まっている。

噴火前に存在した施設[編集]

そこの女医はカツラのアーン♥♥な関係を強要された。 現在あるポケモンセンターは噴火後に新築されたものであるためここに記述。

人間の生活用品がない使えない店。

カツラの運営するジム。炎ポケモンが主力。クイズミリオネアを解かないと進めない。カツラは今もふたご島の洞窟の一角に自宅兼アジト兼ジムを作り自身と配下達とその家族と運営・生活しており、現在もなお挑戦するポケモントレーナーは多い。

ポケモンが蔓延る屋敷。道鏡の別荘だった。1992年防衛庁が接収し、陸上自衛隊の市街戦訓練場に使用された。

マサチューセッツ工科大学の研究所。化石を復活させる研究を行っていた。

※住民が亡命後、民家は崩された。

関連項目[編集]