グリーン車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

グリーン車( - しゃ)は、名前の通り、車体が緑色の列車のことである。トレンドマークは緑色のハーケンクロイツ

晴天の下を駆け抜けるグリーン車

これは普通の車両と内装はあまり変わらないのに、値段が高くつくぼったくり車両である。しかも多くの列車は路面電車と一緒についているので座席は長いすと同じであまりありがたみがない。特に東京近辺ではこの列車が多く走り、多くの乗客がこれに乗らず、より格式の高い普通車を使用する。そのため普通車は終日、箱詰めとなっている。

盗撮防止のための1階建てグリーン車

また地方によっては2階建て車両にグリーン車があり、盗撮を摘発するようにするため、グリーン車は1階となっている。マニアックな鉄道ファンや盗撮愛好家はこの1階に好んで乗り、警察に何度かお世話になる事態が生じている。このため、最近ではグリーン車つきの2階建て列車を廃止しようとしているものの、JRの総裁もこれを好んで乗っているため、未だに廃止されていない。一部の新幹線でもこれが導入されているが、あまりにも速すぎるために下から覗き込むのが難しいと嘆かれている。グリーン車を示す4つ葉のマークはJRの幹部のみに幸運をもたらすものなので、当然利用者には不幸をもたらすことになる。

加えていえば、会社によって座席やサービスにバリエーションがあり、中でもJR東日本のものは、階級を嫌う共産主義会社だけあって普通席に毛の生えた程度ものが優等列車の優等席として堂々と設定され、革命による理想国家設立の原資たるグリーン料金もサービスの割りに高いものとなっている。

なお、グリーン車をグリーフ車・ゲソヲ車と書くことがあるが、これは安定していない場所で記述したため、グリーン車と同等のことであると、やさしく見守ってあげてください

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グリーン車」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「グリーン車」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)