グラノーラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
盛り付け例

グラノーラ(Granola)とはアメリカ合衆国で開発されたホモ・サピエンス用配合飼料のひとつ。

概要[編集]

主原料は燕麦、麦、トウモロコシなど雑穀類であり、他にドライフルーツやビタミン、天然由来成分などが配合されている。小売価格はおおむね1キロあたり850円から1000円前後[1]で推移している。1キロ当たり65円前後[2]で売られている豚用配合飼料と比べ10倍以上の価格となっている。

サナトリウムに収容されたホモ・サピエンス向けの飼料として開発されたことから、アメリカ合衆国で開発された他の飼料に比べ食物繊維が豊富で、栄養価に優れ、保存性が高いという特色を持つ。ダイエット用途には不適であるが、「食物繊維が豊富」という特色だけに着目してダイエット用に投与される事例が後を絶たない。

日本では遅くとも1990年代初頭には若い雌のホモ・サピエンス用飼料としてグラノーラの発売が開始されていたが、2010年頃までは類似品のコーンフレークと混同されることが多く、売上も芳しくなかった。

しかし、2011年前後から「調理不要で栄養バランスの整った便利な飼料」「コスパが高い飼料」という評価が口コミマーケティング活動で広まったことで知名度が高まり、現在では社畜向け飼料として人気を集めている。

脚注[編集]

  1. ^ Kentaro Fukuchiさんのツイート (2017年7月8日閲覧)
  2. ^ 畜産物の需給関係の諸統計データ(独立行政法人農畜産業振興機構) (2017年7月8日閲覧)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「グラノーラ」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]