クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
クレヨンしんちゃん > 映画クレヨンしんちゃん > クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
「大人たちは、オトナ帝国を宝島か何かのように考えているのかね?オトナ帝国は、日本を権柄ずくで洗脳した、恐怖の王朝だったのだ!そんなオトナ帝国が子供たちの付け根に位置する事は、全国にとってどれだけ危険な事か、君にも解るだろう。私に協力して欲しい。呪文か何かを、…君は知っているはずだ。」
オトナ帝国 について、ムスカ
「やはりこの帝国には恐ろしい友がついているんだね。D・H団の出先機関そして共通点のある、不死身の最高権力オトナ帝国20世紀博…。」
オトナ帝国 について、W・H団のリーダー

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』とは白魔術師原恵一が監督した、悪魔払いである。

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ガンダルフがファンゴルンの森で再び現れることや、オリエント急行殺人事件の犯人は容疑者全員であることや、かばんちゃんはミライさん髪の毛から生まれたヒトのフレンズだったことや、ダイは最終的に黒の結晶の爆発から地上を守り行方不明になることや、ヴァン・ホーエンハイムは人の形をした賢者の石であることや、トキワジムのジムリーダーはロケット団の首領・サカキであることや、飛鳥五郎殺しの犯人は総統Dであることや、魏呉蜀どの国も乱世を統一できないことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

概要[編集]

もともとクオリティが高く名作の多い「クレヨンしんちゃん映画」はスタジオジブリになんか目じゃないかもしれないかもしれないとも言われており、中でもこの『オトナ帝国』は老若男女全員泣くので名作中の名作と言われている。テンポがよく、ギャグの質も冴えていて、カスカベ防衛隊やシロといった脇役もうまく出演している。ちなみに京アニが参加してることでも有名である(最近はサボっているが)。

不安だらけの世の中。未来なんて希望ねーよっと大人たちはつぶやき昔は良かったと過去の思い出にすがりはじめる。が、普段の生活の中にこそささやかながらも本当の幸せがあることを、野原しんのすけは「一緒におうち帰ろうよ」と教えてくれる。ひろしの少年時代の回想。そして家族とともに21世紀を手に入れようと走る姿はみんな泣かせる。とにかく泣かせてくる。そして、全米が泣いた。二度言ったよ。個人的に1リットルは泣いたぞ

当時21世紀になる前の年、2000年の日本は21世紀に進もうしている時、汚い社会や環境問題に悩ませる中で昭和ブームが起こっていた。ゲームやアニメなんかも昔の方がいいと皆過去にすがった。この映画はそんな懐古厨共をモーレツに否定する、アンチ懐古厨のための映画でもある。

あらすじ[編集]

2001年4月、テーマパーク「20世紀博」が日本を洗脳するというテロリズム活動が行われている、という情報を入手したカスカベ防衛隊は情報の有無を調査。その結果確かに20世紀博からの洗脳作戦は行われていることが分かった。

ケン&チャコを首謀者とするテロ・悪の組織「イエスタデイ・ワンスモア(後のD・H団)」は洗脳により、大人に古き大日本帝国日本人の心を甦らせることで、大日本帝国の再現、猛烈成人帝国を創立しようという懐古集団だったのである。 カスカベ防衛隊は春日部、そして日本を守る為に スナックでたむろしていたnohara-sinnosukeが動き出す・・・

登場人物[編集]

ケン
イエスタディ・ワンスモアのリーダーで後のD・H団の次世代ボスの先代。紅茶を愛飲し、愛車トヨタ・2000GTを「俺の魂」と呼ぶ。
「汚い金」や「燃えないゴミ」ばかりがあふれる21世紀の日本を憂いており、人々が「心」を持って生きていた20世紀への逆戻りを企てる。
チャコ
ケンの恋人。ケンに共感している。感情が乏しい女性だが、ひろしにスカートを覗かれた際には僅かな間ながら怒りを表した。さらには計画断念後に飛び降りの機を逸した際に「死にたくない」と発露した。

イエスタデイ・ワンスモアの圧倒的な数の兵隊を前に苦戦を強いられたカスカベ防衛隊だが、最後は隊長の決死の特攻によってイエスタデイ・ワンスモアを陥落させた。追い詰められた首謀者のケン&チャコはタワーの大展望台の屋上から飛び降りようとしたが、隊長から「ずるいゾ(自分たちだけでバンジージャンプしちゃ)」と言われる他、偶然足元に位置していた巣を守ろうとした鳩の抵抗で機を逸してしまう。結局罪を償う決意をした。

使用方法[編集]

  1. ハンカチ、テッシュ、オトナ帝国を用意してください。
  2. 泣いて下さい。
  3. 泣きましょう。
  4. 泣け!!
  5. 小林幸子のエンディングを聞きましょう
  6. するとあなたは真人間になっている。

使用例[編集]

元患者さんのビフォー・アフターをご覧ください。

before
「こんな教育に悪い番組はいらないざます! 即刻打ち切りにしてください!! さもなくば不買運動起こすざますよ!!」
30代主婦PTA
「なにwwこの低俗アニメwwwこんなんで金もらってるとかwwwww詐欺に近いねww死ねwww死ねばいいのにwwww
20代DQN
after
「うぅ・・な、なんでこんな・・・涙が・・・・ぅぅう・・・暴言はいて・・・ずみぃませんでちた~」
PTA
「すみませんでした。この作品がなかったら一生を無駄にしていました。」
DQN

となります。

それでも効かないアホは・・・[編集]

同作品は映画評論家たちに高く評価されています。

第三十三回星雲賞メディア部門ノミネート。第23回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン第8位。キネマ旬報オールタイムベスト・テン アニメーション部門7位。 日本のメディア芸術100選アニメ部門選出。また、雑誌映画秘宝が毎年選定している映画ベスト10では2001年度に、アニメーション枠ではなくすべての洋・邦画を含めた中で1位に輝いており、同誌ベスト10で1位になった邦画は、2011年現在、本作のみである。

キャスト[編集]

  • 野原しんのすけ
    • ひろし達が変になったら、まかせてられないとばかりにひまわりの面倒をみる。彼の走りに日本全国が感動した金メダリスト。
  • 野原みさえ
    • 美少女仮面ミサリン。
  • 野原ひろし
    • 彼の足はくさい。そして尊い。本当の意味のリア充
  • ひろしのあし
    • かなり重要アイテム。手に入れたら攻略間近。

劇しん年代記 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲[編集]

2010年12月に発売されたリメイク作品。英題:Movie of Kasukabe Chronicles。 劇場オリジナル版の他に、BGMや一部グラフィックをアレンジしたアレンジ版・2年後の話である「オトナ帝国大爆誕」も収録。脚本は森田宏幸が担当し、パッケージイラスト及びアレンジ版・「オトナ帝国大爆誕」の絵コンテ・キャラクターデサインは米林宏昌と山下明彦 、アレンジ版のBGMアレンジ・「オトナ帝国大爆誕」のBGM担当は久石譲で、本作から劇しん年代記シリーズのプロデュースはスタジオジブリと鈴木敏夫が担当するようになった。 劇場オリジナル版では通常版と同じだが、エンディングではスタッフロールのスタッフ名も通常版とは異なっており、アレンジ版では音楽が新たにアレンジされており、一部の効果音も変更されている。 グラフィック関連での劇場オリジナル版との違いは、しんのすけを含む野原一家・カスカベ防衛隊とケン&チャコのデザインが変更されている、子供達を捕まえに来たイエスタデイ・ワンスモアの隊員や洗脳されたひろし・みさえ・その他の大人達のデサインが新規に書き直されている、オープニングがスタジオジブリ風に差し替えられている、エンディングのスタッフ ロール画面が異なる、20世紀博・一部の風景が新規に描き直されている、などであり、その他のグラフィック全般とその他の子ども達は劇場オリジナル版と同じ。スタッフロールはクレジットされているスタッフも劇場オリジナル版とは異なる。

関連項目[編集]


死ねっ! はっはっは!見ろ、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」がゴミのようだ!! 君のアホ記事には、心底うんざりさせられる。今すぐ加筆して、このを満足させてくれたまえ。三分間待ってやる! (Portal:スタブ)