クレイジータクシー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クレイジータクシー」の項目を執筆しています。

クレイジータクシーとは、タクシーに乗って一秒でも早く目的地に行きたいのために暴走運転を繰り返すエクストリームスポーツの一種である。日本では神風タクシーと呼ぶこともある。

概要[編集]

もともとアメリカで行われていたスポーツである。タクシーの運転手が営業区域と言う名のフィールド上でタクシーを呼んでいる客を乗せ、時間内に目的地へ到着させることが目的という、ルールは簡単なエクストリームスポーツである。

勿論目的地に1秒でも早く到着するために一方通行を逆走したり、公園や広場、ビルの屋上、さらには鉄道の線路上や地下鉄の構内・トンネル内、はては川や海などの水中を突っ切ろうともOK。歩道を走ったり無関係な一般車両をはじき飛ばせるなら飛ばしても構わない。

コマンド技としてクレイジーダッシュ、クレイジーバックダッシュ、クレイジードリフト、グモッチュイーーンなどがある。特に急発進・急停車を可能とするクレイジーダッシュ、バックダッシュは最重要テクニックといえるが使うものは少ない。

ゲーム化[編集]

エクストリームスポーツの中でも人気があるため、ゲーム化がなされた。

以下はそのシリーズの一覧である。

記念すべきクレイジータクシーの第一作。アメリカを中心にブレイクした。

  • CRAZY TAXI2 (ドリームキャスト)
クレイジージャンプ、クレイジーな団体客が追加された。さぁ、みんなでグモッチュイーーン
  • CRAZY TAXI3 High Roller (Xbox、Windows
空中ダッシュが可能になり客の動きが早くなった事から人気が爆発。
  • CRAZY TAXI High Roller (アーケード)
ある程度上達すると誰でも30分~1時間プレイできてしまう低い難易度であったため、ゲームセンターでは人気に対してインカムが芳しくなかった。これを使ってタクシー乗務員にクレイジータクシーをさせるタクシー会社が急増した。
クレイジータクシー1&2の移植。海外では「CRAZY TAXI: Fare Wars」の名で発売されていて、1年遅れでやっと日本で発売された。

反響[編集]

クレイジータクシーが各地で行われるようになり、ただ早さだけではなく料金の安さや車両の高級化なども行われるようになった。これをいち早く行ったのがMKタクシーである。このMkタクシーはまず裁判と言う名の戦いで領地を広げるという超クレイジーな会社としても知られており、このクレイジータクシー界に変動を起こしたともいえる。

しかしこれにより運転技術の無いタクシーと一般車の事故が多発。事故を起こしたときに乗っている人が可愛くないと逆ギレする運転手が増え東京タクシー近代化センターはクレーム処理に追われることとなるが気にするな。

これに対応すべく「対タクシー保険」が各社から登場する事になる。しかしこれの補填金額は非常に少なく、マイナーなので使うものは少ない。その理由は禁則事項です

点数[編集]

  1. 坂道で大ジャンプ +100
  2. 客を見つけたら急停止 +100
  3. 急発進、急停車 +250
  4. カーブでドリフト +500
  5. 乗り合い乗車 +600
  6. パトカーを振り切る +800
  7. 「こうそくいどう」を使って素早さを上げる +800
  8. 「しんそく」を使ってひよこ陛下にも劣らぬスピードで走行 +1000
  9. 車をギリでかわす +1000(クラウンベンツのような高級車だとさらに加点)


減点一覧
  1. 事故る -800 ただし当て逃げは+700 (また客の乗車や降車を目的とした停車するための事故は減点の対象にならない。使うタクシーが有名なら有名なほど点が高い。轢き殺してしまったらアウト。)
  2. 走行速度がノロい -8800
  3. 燃料切れ -9800
  4. 黒塗りの高級車に追突 -114514

主な参加事業者[編集]

赤リンクが多いがこれはクレイジーさを見せ付けるためである。さぁ、みんなも知ってるタクシーのページをつくろうじゃないか。

北海道[編集]

東北[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関東[編集]

  • 日本交通:黄色い時点でクレイジー。ミニカーで人気。
  • 盗故狂:日本交通よりもミニカーで人気。個人タクシーだが塗装を共通にしているため不気味なまでに協調性が強い。
  • かなちゅうハイヤーバスがなぁ・・・。
  • 東京無線:東京無線賛歌というハッピー☆マテリアルを超える歌謡曲を作ったタクシー会社。東京バス案内ではバスが右折するところに特攻したりするクレイジーさをリアルに再現されている。
  • 大名古屋交通名古屋共和国に飽き足らず東京進出。小型のクレイジーさを生かし、犬よりも早く走ろうとする。
  • 東京ナイトタクシー:名前がクレイジー。見た目は単なる白いタクシーだが実際は禁則事項ですである。左門ナイトではない。2009年、エクストリーム・謝罪中の国際自動車と提携した。これにより車両は全てKm仕様の黒いハイグレードのセダン車になった。
  • イースタンモータース東京:低グレード車も黒塗り、老舗ながらも運転は禁則事項ですである。近年北港梅田グループに買収された。
  • アシスト:元祖500円ワンコインタクシー・深夜割増なしのタクシーで有名。当初は初乗り500円と多種多様な車種で注目を浴びたが今では初乗り700円に値上げ。運転はもちろん禁則事項ですである。営業所がアパートの一室だったこともある。
  • 此ノ崎個人タクシー:主に姫田峠、木月野峠に出没するタクシー。車の色は緑とも白とも言われ、また、車両はオートマのセダンからマイナーなハッチバックスポーツと、様々な噂が流れる。さらに、そば屋に出前を頼んだのにこのタクシーが来たこともあるという。
  • 取手合同タクシー:見た目はごく普通の緑色のタクシーだが商店街だろうが住宅地だろうが80km/hが「最低速度」。特に深夜~明け方の道路交通量が少なくなる時間帯に於いてはガチでクレイジータクシーを行う。取手駅の東口に主に出現。
  • 暴走タクシー暴走半島を縄張りとする暴走族公共交通機関。支部多数。活動資金獲得のために今日も爆走中!夜露死苦!
  • マッドタクシー:松戸ではない!MADだ!荒廃した近未来に向けて光の速さでダッシュさ!

中部(名古屋共和国)[編集]

  • 名鉄交通:名タク。恐ろしい量で圧倒するが運転は比較的まとも。
  • つばめタクシー:名タクよりは少ないが介護事業をタクシーで行うのでクレイジー介護タクシーにもなっている。名タクよりは運転が荒いが人気はある。
  • フジタクシー:値段が無駄に安い。金のフジタクシーなどという悪趣味なタクシーを走らせているタクシー会社である。
  • 名古屋ハイタクペンギンが描いてあったり「いつも笑顔の若葉タクシー」なとど語る若葉マークタクシーなど名古屋のクレイジータクシー界を内側から変えていく優良企業。
  • 春日井タクシーセドリックを用いり西部警察なみのスタント運転を行うニューウェーブ。

関西[編集]

  • 環境タクシー:黄色かったり黒かったりツートンだったり色が統一しておらず乗客にとってクレイジー。
  • 大阪名鉄タクシー:どう見ても名タクです。ありがとうございました。
  • 近鉄タクシー距離で乗るとうという名前の由来からも分かるとおりのクレイジーさ。名古屋共和国でも走っている。
  • 阪神電鉄タクシー:タイガースタクシー(コンフォート)なんて走らせている大阪人のためのタクシー。タイガースが負けるとあっと言う間に届けてくれる。
  • MK:おなじみMKタクシー。同業者には運転の荒さと運賃の安さで不評がられているクレイジータクシーの鏡。車がなぜか高いのばかりである。
  • ヤサカタクシー京都のタクシー。四葉のクローバータクシーなんていう金のフジタクシーと大して変わらないヘンテコなタクシーを走らせている。

中国[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

四国[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

九州[編集]

沖縄[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

アメリカ[編集]

フランス[編集]

映画TAXiシリーズでも知られる通り、世界屈指のクレイジーさを誇るタクシー大国。特にプジョーのタクシーに乗る時は生命保険の確認が必須。

イギリス[編集]

ロンドンタクシーという専用車があり、この車でないと営業許可が下りない。黒くて野暮ったい外装が有名。

ロシア[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

韓国[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

中華人民共和国[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

オーストラリア[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

この項目「クレイジータクシー」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)