キリスト狂徒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
クリスチャンから転送)
移動: 案内検索

キリスト狂徒(-きょうと)とは、大量虐殺をしちゃう地球上で一番迷惑な人達のことである。彼らの存在が問題にならないのは、その点について研究している人がキリスト狂徒だからである。

歴史[編集]

彼らは神の子イエスの誕生と共に生まれた。はじめは真面目なキリスト教徒で、イエスの教えに従ってユダヤ教の一宗派である事に甘んじていた。しかし、イエスの死後狂い始める。イエスの教えを無視し、キリスト教なる新興宗教を立ち上げる。もちろん当時の大国家、ローマ帝国には受け入れられず、迫害された。ネロに冤罪かけられたり、猛獣の餌にされたりした。しかし、遂にはローマ皇帝自身が狂ってしまい、ローマ帝国の国教に認められた。すると、キリスト教以外の信仰を禁止した。もちろんキリスト教の母体のユダヤ教徒も異教徒にされた。

それからのいわゆる中世と呼ばれる時代では、キリスト狂徒はローマ教皇というローマ皇帝のパクリオマージュを作り、ヨーロッパ中を支配した。従わないひとは「お前魔女だろ、認めるまで拷問するからな。んで認めたら死刑^_^」この恐怖政治があまり有名でないのは研究者がキリスト狂徒だからである。このキリスト狂徒による非科学的な支配によってヨーロッパの近代化は何百年も遅くなったという。

近代でも大国の多くがキリスト狂徒の多い国家なので、それによる偏見(イスラム教徒の国は極悪だから大量破壊兵器を持ってるに違いない→戦争を強引に吹っかけたけど実はありませんでしたー、テヘペロ(^。^))で大きな出来事が起きている。

具体例[編集]

キリスト狂徒の虐殺の例を挙げる。なお、ここにあるのはほんの一部である。

十字軍
ローマ教皇が免罪符をあげるよ〜、罪を許しちゃうよ〜、と呼びかけて暴徒を編成、残虐な異教徒の占領しているエルサレムを奪還という名目で略奪を行なった。エルサレムのイスラム教徒を皆殺しにし、王様が自らそれを見物したという。ちなみに、イスラム教徒はエルサレム占領のさい、十字架を引き抜いただけで占領を宣言し、キリスト狂徒には危害を加えなかったという。うん、どう考えてもキリスト狂徒の方が残虐ですね。この差があまり有名でないのは研究者が(ry
カトリック狂会
文字通りトチ狂って生み出されたもの。キリスト狂徒を支配し、かつ広大なな領地を持って一国の君主並の軍事力を誇り、その宗教的な力と軍事的な力で多くの国を間接的に従わせ、異教徒の虐殺を積極的に奨励した。ギリシア正教会という対抗馬(というかこっちが本家に近い)を第四時十字軍で同じキリスト狂徒なのに滅ぼした。(表向きはローマ教皇は激怒した事になっているが、フランス騎士への破門をすぐに解除するなど本当に怒っていたのか怪しい)これの存在そのものがヨーロッパの近代化を妨げたことがあまり有名ではないのは研(ry
植民地支配
キリスト狂徒はアフリカアメリカを支配する大義名分にキリスト教を悪用した。魂の救済に役立つという小学生のような理論で原住民を過度な労働に酷使した。これによる影響は大きく、現代にも尾を引いている。なお、この過度の労働の言い訳にキリスト教が用いられたという事実が有名でないのはもちろん研究(ry
魔女裁判
前述の通り、キリスト教の教えに反対する人を虐殺するためのもの。裁判する気は全くありません。その拷問の激しさは、罪を認めて処刑される方がマシだと感じてしまうほど。主な被害者は地動説を唱えたブルーノジャンヌ・ダルク。ブルーノはともかく、ジャンヌ・ダルクは教会に行く事を欠かさない敬虔なクリスチャンだったのに... イギリスメアリー一世は有名なキリスト狂徒で、失恋の腹いせにプロテスタントを片っ端から火あぶりにした。
人種差別
いわゆる黒人差別や黄色人種の差別のこと。キリスト狂徒によれば、人類のヒエラルキーはキリスト狂徒こそ最上でその他の異教徒は野蛮人なんだと。冗談じゃない。こんなに虐殺をする奴らが野蛮人じゃないわけがない!なお、このヒエラルキー云々があまり有名じゃないのは欧米の主役メディアが(ry
ホロコースト
ユダヤ教徒は劣等民族である!うん、どう考えても狂ってますね。この考え方の裏に、中世から続くキリスト狂徒によるユダヤ教徒の差別があるということが有名でないのは(ry
Nuvola apps important yellow.svg 警告
ここはアンサイクロぺディアです。ここに書かれていることの中には嘘も存在します。まあイスラム教徒とキリスト狂徒との十字軍の際の占領の仕方など事実も結構含まれてますが...

具体例について[編集]

これらのキリスト狂徒による残虐な行動についてあまり有名ではないのは、(ry

性質[編集]

歴史を改して、自分達に都合のいいようにすることがよくある。ヨーロッパこそ昔から近代的な場所で世界の中心だった、とでも言いたいかのごとく学校では世界史のほとんどがヨーロッパの話だが、文明で言えばキリスト狂徒の歴史なんて浅く(例えば、ろくな科学に関する知識、それこそ古代ギリシャレベルのことでさえキリスト狂徒の支配のうちに失われ、ルネサンス以降にならなければ再発見されない。)キリスト狂的歴史観点はかの韓国起源説と同レベルである。だが現在世界のほとんどを支配しているのはキリスト狂徒のため、誰も気にしない

関連項目[編集]