クメール・ルージュ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。

クメール・ルージュKhmer Rouge)とは、カンボジアのブランド化粧品である。

概要[編集]

これであなたも素敵リップ

クメール語で「紅(あか)を、もっと美しい紅を!」または「神よ、私を紅く彩らせたまえ!」を意味するこのルージュは「血飛沫よりも真紅色な」をキャッチフレーズに1951年から発売された。その過激な販売手法凶々しいまでに妖しい紅さが評判となり、1951年の販売開始から30年近くにわたって全国民の半分を魅了し続けたと言われている。また、日本人の中にもファンがいたらしく、7人が愛用していた記録が残されているが、内2人はかぶれ湿疹によって使用を中止してしまったが、残り5人は未だに魅了され続けている。また朝日新聞が本製品ラインの持つ妖艶さを「アジア的優しさ」と評したことはつとに有名である。


歴史[編集]

1951年創業。当初はカンボジアにいくつもある化粧品メーカーのひとつにすぎなかったが、1963年にポル・ポトが社長になると、急成長を遂げる。 そして1975年、ついにカンボジア国内の他の化粧品メーカーをすべて倒産させ、国内唯一の化粧品メーカーとなった。 そしてクメール・ルージュの化粧品は、男女を問わず多くのカンボジア人たちを魅了し続け、当時約600万人と言われていたカンボジア国民の3分の1を魅了してしまった。 当時の人気商品は「民主カンプチア」、「キリング・フィールド」など。しかしその人気は長くは続かなかった。 1979年初頭、ベトナムの化粧品メーカーがカンボジアに進出すると、国民たちの関心はみなそっちの方に行ってしまい、クメール・ルージュの売り上げは激減する。 しかしそれでも一部の熱狂的な支持者の支持によって、その後も20年近く会社は存続し続けた。 しかし1998年に社長のポル・ポトが死んだことにより、ついにクメール・ルージュは倒産したのである。

人気商品[編集]

クメール・ルージュブランドの中でも、人気商品を以下に紹介する。

狂気の瞳(Lunatic Eyes
ずっとを見つめ続けたウサギの瞳のように紅く輝くあなたのリップを前に、恋人はもう理性を保ってはいられない。
あの唇は彼女のものか?(Is that her lips?
闇の中で感じたあのやわらかな感触のように謎めいた紅黒い艶をもつ彼女のリップは、あらゆるを虜にして逃さない。
英雄の叫び(Heil Hitler
偉大なる第三帝国の大地を潤し、ゲルマンの魂を呼びさます情熱の炎を思わせる真紅のリップは、きっと恋人を英雄にするだろう。

原材料[編集]

血のような紅を作り出すのに最も適した紅と言えば、やはり血の紅であり、あのクメール・ルージュ独特の毒々しさをはるか通り越して神々しいまでの紅は、文字通り血そのものを原料としているのは言うまでもない。その調達ルートについては企業秘密であり、人間のそれのみならず爬虫類両生類、時に魚類の体液なども混合することで紅でありながら単純な紅ではない絶妙な色合いの紅を演出、その秘法は今日も世界のどこかで、誰かを赤く彩り魅了し続けている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クメール・ルージュ」の項目を執筆しています。