クネヒト・ループレヒト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「クネヒト・ループレヒト」は何故か「黒いサンタクロース」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Bouncypotato.gif
この記事「クネヒト・ループレヒト」は何故か「ブラックサンタ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クネヒト・ループレヒト」の項目を執筆しています。

クネヒト・ループレヒト(ドイツ語[1])とは、ドイツなどで活動する黒いサンタである。

概要[編集]

ドイツなどで、12月24日の夜、悪い子の家に勝手に忍び込み、悪さ[2]をする真っ黒サンタのことである。 サンタの裏の姿とも言われる。たまに、「黒サンタ」、「ブラックサンタクロース」とも言われる。 また、悪い子をたしなめる際の警句としても使われる「クネヒト・ループレヒトの袋の中に入れられちゃうよ!」[3]

詳細[編集]

ちょっと悪い子にはおがくずを、もうちょっと悪い子には家畜内臓をプレゼントし、さらに悪い子は袋に入れて凍った川に落とすという殺人行為を犯す[4]、ドイツ等にいる黒いサンタである。サンタと対をなす存在と言われるが、同一人物だという説もある。 容姿に関しては、「一般に言われる悪魔そのもの」、「黒い色をしたサンタクロース」、「サンタクロースそのもの」、「ドイツ軍の軍服を着た複数の男」などとされており、定説は存在しない。 ちなみに、元々の存在意義は、ヒトラーによる反ヒトラーのやつらを制圧するために派遣された、特殊軍事チームの一種とされている。

神話上の立場[編集]

聖ニコラウスが子供たちにお菓子を配ったという伝説が変化し、サンタとなったのがサンタの元。聖ニコラウスは、天使と悪魔を連れているらしく[5]、どうやらその悪魔の方らしい。殺人するのも当然だ。

普及率[編集]

意外にいろいろな国で活動している。優しい普通のサンタしかいないのは、全世界にて調査したわけではないのでわからないのだが、われわれのわかる範囲では日本とアメリカくらいだろう[要出典]

その他[編集]

現在、われわれの知っているサンタはノルウェーとアメリカでほぼ今の形になったというのが有力である[要出典]。 ちなみにこいつはドイツ産であり、ほかの「黒いサンタ」と同一の存在か、もしくはほかの国の類似生物は別々に発展したものかという研究は進んでいない。 日本においては「なまはげ」がこれに近いものとされている。

脚注[編集]

  1. ^ なお直訳は「従者ループレヒト」。
  2. ^ 悪い子に罰を与えるのでこれを「悪さ」と表現するのはいかがなものか。
  3. ^ このあたり朝鮮人における豊臣秀吉ベトナム人における韓国人に近いのかもしれない。
  4. ^ また一説によると悪い子供を鞭打ったりじゃがいも石炭を配ったり、さまざまな「悪さ」をしている[要出典]
  5. ^ このあたり、聖人にあるまじき行動であると思うのだがどうだろうか?

関連項目[編集]