ギャン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギャン」の項目を執筆しています。

ギャン(GYAN、型式番号YMS-15)とは、ジオン公国軍の試作型(♀)MSである。主なパイロットはマ・クベであり、彼の時代錯誤な騎士道精神と、趣味の骨董(主に壺)蒐集にかける情熱へ対するリスペクトを表した独特のデザインで知られている。

概要[編集]

ザクとは一味違うのだ。

ギャンはゲルググと同時期に開発された機体であり、それまでリニューアルが進まないままになっており(地球連邦軍と相対的な意味で)旧式化の一途を辿りつつあったジオン軍の軍容を一新する次期主力量産タイプのMS(モビルスーツ)として大いに期待が寄せられた。しかし、その扱いについては映画を見れば一目瞭然となる通り、実にどうでもいい扱いを受けてしまった可愛そうな機体である。そもそも、素人将校であるマ・クベがそのパイロットとして振り分けられた辺りから、ギャンの運命は決定されたと言っても過言ではない。とは言いつつも、ほぼまったくの素人であったマ・クベが搭乗しても地球連邦軍の主力部隊と対等に戦えたところから、MS自体の性能は決して悪くないという事を証明しており、その戦果こそ残念に終わってしまったものの、戦の勝敗は兵家の常にして時の運であり、決してジオン軍MS開発部の手抜かりでもミスでもない、という主張が後々まで繰り返されたのは言うまでもなかった。

余談となるが後述の壮絶なる最期の後、民間人の手によって拾われ改修したという説がある。

「いくら技術が進歩しようと、最後にそれを使いこなすのは人間なんですよ。」
ギャン について、職人

武装[編集]

ギャンには当時最新鋭であった武装がふんだんに装着されており、その開発経費も含めてギャン自体の開発予算として計上されたため、よくジオン軍首脳部からは「ただ高いだけで、案山子(かかし)くらいにしか役立たない」と酷評されていたものの、決してそんな事はない、とMS開発部は(以下略)なのであった。結局のところ、どんな強力な兵器であろうともそれを使いこなすのは人間なのである。ギャンというMSは、その事実について深く考えさせられる機会をもたらしたとも言える。……もっとも、それで潔く反省するようなタマであればあんな負け方はしないのであるが。

専用ビームサーベル
基本のひな型はザクのそれを流用しているものの、放出する熱量は従来の1.56倍に達し、本体との仮接装着によってMS自体の機械擦動部から発せられる金属摩擦(金属疲労による機械損耗の原因となるため、あまり歓迎されない発熱)を熱転換によってビームサーベルへと転移させることによる事によって更なる出力向上に成功した。機械損耗も最小限に防ぐことができるため、一石二鳥である。また、通常時(使用しない時)はエッジ部分(光っている刃)を出力部(サーベルの取っ手)に収納した上で、頭部のツノにかぶせる(サーベルを持っていない時、頭部のツノは少々大きめになっている)ことで機体を格納する際の省スペースにも貢献している。
専用ミサイルシールド
ギャン専用に開発された丸型のシールドで、独特なフォルムが非常にマッチしている。12発のニードル・ミサイルを格納し、随意に発射することで直接攻撃はもちろんのこと、空中に待機させることも可能(固定滞空時間:156分)であるため、空中機雷としての活用も可能であり、更には自身が逃げる場合に退路を塞ぐ形で放出すれば、いわゆる撒菱(まきびし)として活用することも出来るすぐれものである。また、特有の半円型は耐衝撃性に優れており、楯として理想的な形をしているものの、いかんせん高度な技術と高い予算と日数を要するため、結局ギャン専用装備としてのみ使用されている(そもそもあのシールド形状が他のMSには似合わないという本音を言うべきではない)。そして楯の裏に隠されているハイドボンブ(Hyde-Bomb)は本来、空中機雷としての使用を意図して開発されたものであるが、刀折れ矢尽きた状態において自爆する用途で使われることが多かった[要出典]
中には、順次放出したニードル・ミサイルで巧みに攻撃を防ぎながらハイドボンブを抱えてカミカゼ突撃をしたという超絶技術を誇る勇者もいたらしいが、そんな戦技をもっているなら普通に戦い抜いた方がよほど戦略に貢献できた筈であり、男の中の男ほど死に急ぐという教訓のみを残して、彼は散って行ったのであった。

評価[編集]

かくして最先端技術と最新鋭兵器、そしてなけなしの予算と人材をふんだんに盛り込んだ起死回生の一手として開発されたギャンであったが、やはり軍首脳部が硬直している状態において戦況はいかんともしがたく、とある司令官などは「そんな軟弱なフォルムで戦えるものか、いやしくも誇り高きジオン軍軍人たる者、その兵器のデザイン一つとっても英雄的気質を求めるべきであり、ミノフスキー戦略論などは到底受け入れられるものに非ず……」などと喚き散らすばかりであったため、結局のところギャンならではの特性に合致した運用・戦術については採用されることなく、あたら「戦場の藁人形」として無駄に破壊されて行くばかりなのであった。そのため、後世に伝わったのは「ギャンは弱い、かませ犬」という根拠のない噂ばかりであり、その高性能や投入された最新鋭技術などについてはなかったこととされてしまった(その後、連邦軍によって技術のみが伝わったが、それがギャンに由来していることなどは誰も気にしない)のであった。

戦歴[編集]

壮絶なる最期。

かくして開発されたギャンは数多くの戦場へ投入されたが、なにぶん試験に費やす時間がなかったのと同様にパイロットの訓練にも時間がとれず、ほとんど何も知らないまま気づいたらコックピットに乗せられていた、という笑えない逸話が数多く残されている。つまりは体で覚えろという事であり、戦場がすなわち学習の場と言うよりむしろ試運転である。そのため、機械や作動プログラムに不具合が生じたり、各種の不備によって運用に支障が生じたために次々と戦線から脱落……できたのであればまだ幸運というもの、中にはほんのはずみで虎の子(最終兵器)であるハイドボンブを作動させてしまったためにそのまま……という悲惨な事故(脱出方法すら満足に教育されていなかった)もあった。そんなある意味における修羅場を乗り越えた少数精鋭のギャン小隊(部隊コードは秘密)であったが、補給もままならぬまま衆寡敵せず(しゅうか―、多勢に無勢)、結局は全滅してしまったのであった。しかしながらその果敢な奮闘ぶりについては地球連邦軍の脅威と尊敬の的となり、むしろジオン公国においてよりも地球連邦において彼らの功績は高く評価されているのであった。

「まったく、無茶しやがって……」
マ・クベの壮絶な最期 について、戦友

関連項目[編集]

衝撃的な静画像
ああっ!ウラガン…あのつぼをキシリア様に届けておくれ!
あれは…いいものだ! (Portal:スタブ)