ギャル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギャル」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ギャル」の項目を執筆しています。
「ギャルのパンティーおくれー!」
ギャル について、ウーロン

ギャルとは宇宙外生命体の一つ。GALとも呼ばれる。人間の女のような格好をしている。その理由は、もともと彼らのDNAが未熟で、数いる宇宙人の中からこの地球人を選んでしまったのだろう。ファッションをかけるのが特徴で、その行動からUMAの一つとされた。アメリカで正式に発見されたものの、様々な種類が発見されたものの現在は絶滅危惧種。外来種を毛嫌いする人たちは喜んだ。日本政府は絶滅危惧種になることを踏まえ、動物愛護団体などがリアル・クローズのファッションショーなどを後援している。

概要[編集]

アメリカで発見された種。サルと思われても間違いはないが、これはまだマシな方。

最初のギャルの渡来は、1000年前頃とされるが、定かではない。きちんと確認されたのは、1999年ノストラダムスの大予言が外れた代わりとして、新しい宇宙人の一つ、ギャルが送り込まれた頃からである。NASAの功績により、アメリカでまず発見されたこととなっている。最初野蛮な格好からサルの新種だと思われたが、アメリカ人はこれを宇宙人と判定しよって英語で名付けられた名前がギャルなのである。

ギャルの名前の由来は、ギャの意味は「ギャンブラー」(gambler)つまりファッションに対する賭けの意味。ルの意味は「ルーズ」(loose)を略したもので締まりのないさまとゆとりのあるさまを表す。その名の通り、締りのない格好、遅い生活スタイルがギャルの特徴である。外国で現れた種類は落ちぶれた娼婦、性奴隷などの重い仕事に使われていたが、日本人のスタイルに憧れ、外国からたくさんのギャルが高飛びしてきた。

日本でそれ以前から渡来しており、1970年代頃から存在すると言われている。渋谷とか原宿とかに生息している。最初にギャルは特徴的なものがなかったが、なるべく可愛いで街中を歩くことで、女でもこんな素晴らしい格好ができると見せ付けられるのである。そんな服を着る余裕ある自体、リア充なのである。このような方法は現在は女と女ど同士で行われることが多い。言語の特徴としては、日本語のカタカナを異様に好む。日本古来の美しい平仮名を使う女性とはまるっきり違うのである。これは、ギャル語などにも現れている。

また、彼女らは「egg」や「Popteen」、などといったファッション聖書をカタコトの日本語で読み漁り、日本の女性にまでギャル文化を伝えようとしている。

一方地球人の男は童貞が多く、街をホームレス状態で徘徊するのが精一杯であり、集団で奇妙な格好をするギャル達が理解できない。理解したくない。ただし例外もある。それは下のギャル男を参照すべし。

マクドナルドで寝たりする人も多く、生活には困っているのだろう。

歴史[編集]

1970年代
ギャルが宇宙から舞い降りる。来たばっかりは、ターミネーターのように全裸だったため、ぴーアーン♥♥などを繰り返してを稼いで発展していったという。また人間たちの金儲けとしていろいろなファッション聖書が創刊される。これによって、いろんな人にファッションの多様性が広まるようになる。こうしたギャルの中で特に神戸を住み着いたギャル達が考えた阪神タイガース応援の服装をニュートラ( 和英:New tora ) と呼んだ。トラ柄の服模様と、髪を黄色と黒にするのが特徴。ブレザーワンピースカーディガンなど、様々な種類があった。とタイガーの区別もつかないとして、馬鹿ファッションをして位置付けされる。しまじろう今は大阪のおばちゃんとして残っている。当時のファッションの最先端は女子大生や若手OLなどいまの中高年世代なのが特徴である。
1980年代
この頃は、ファミコンなどのゲームが出てきて、の中でに出なくなったボディコンつまり日本の生活に慣れボディーコンプレックスの太ったギャルたちが必死に痩せた体型に見せようと努力している真っ最中だったのである。まさしく「体を意識した~」というコンセプトに基づいた革新的な服装。そして、ピチピチギャルという(服を無理やり来てピチピチしている状態)も1980年代前期に登場した言葉である。日本がバブル経済に突入すると、外国からどっとギャルの移民が押し寄せて、ディスコは大繁盛した。
1990年代
1990年代になって日本が不景気になると、ギャル達もいなくなることが予想されたが、見事に外れてさらに大量に子孫を増やし、社会問題までにも発展した。でもそのおかげでコギャルヤマンバが誕生した。正直渋谷が部落地帯になっただけ。オヤジギャルというのもヒットしたが、それは、マスコミが移民のギャルを馬鹿にするために作り出した造語であり、実際そのような形態のギャルは存在しないため、いまギャルとのあいだで裁判中。
2000年代
後半は普通の格好に戻り始めたが、古来のギャルは必死に伝統的な文化を生かし、ガングロなどをしつこく使用していた。
2010年代
絶滅危惧種に指定された。最近の街では下にギャルの種類に出てくるギャルを目にすることはほとんどない。

ギャルの種類[編集]

右がアムラー。左はシャアのコスプレ。
コギャル

詳しくはコギャル参照。

背が低い、幼いギャルのこと。1990年代の真ん中ぐらいに女子高校生ぐらいの年齢と推定されるギャルの間ではアムロ・レイのこの現象もしくはアムロに心酔した彼女らの事をアムラーと呼び、10代の女性の多くが彼のファッションである70年代風の戦闘服などの回帰的なファッションが流行を示した。また背がちっちゃくなっており、ロリコンハートをつかむために開発されたという。しかし実際はなんのハートもつかめておらず、むしろ日本の害虫的な目で見られていた。
age嬢
を無理やり上げて盛っていることから、age嬢と呼ばれる。もう一つは、こことかでいっつもageているネットのお嬢様。
こちら、渋谷!ゴリラアフリカ人がたくさんいます!ここは日本なのでしょうか?
ヤマンバ
から出てきたギャルの亜種。渋谷に潜む魔物と呼ばれていた。彼女らは間違って山の中で生活し、都会に出てきた。豊かな地球の自然の中で、独自のライフスタイルを手にしたので、顔が黒くなっていたり、髪がくなったりしていたのである。その後都市部に住むギャル達にも広まったが、今は東京一極集中でいなくなっている。げーはーこーらしい。
汚ギャル
風呂の入り方もわからないギャルに付けられたあだ名。ほぼヤマンバ、マンバと兼用している。水虫が増殖しており、汚い。野宿をしたりすることもある。家出している人が多く、単なるDQNと同様なDNAであることがわかった。
ギャル男ついに始動。
ギャル男
ギャルみたいな男の略。本来ギャルは女のみ指すが、最後に男と付けることでそれを回避している。正直女よりタチが悪くきもい。右の画像のように女のギャルの二番煎じであり、あまり流行ることはなく、一部の自発的な取り組みとして行われた。ホスト通いの帰りに見受けられることもしばしば。
センターGAY(センターゲイ)
渋谷センター街でゲイ行為をしているに付けられたあだ名。マンバファッションをしていて100%AV男優も兼ねている。センター街が寂れてホモAVがここで撮影される必要もなくなったため、最近は使われない。というか、使う場面がない。
マンバ
ヤマンバから「ヤ」が抜けただけで、何も変わらないが、特徴的なのはアフリカなどから日雇いで日給8万8円で雇われて日本まで奴隷扱いされ他がギャルが来ており、目の周りに特殊な白いメイク、頭のおかしなが話題となった。
ビビンバ
大韓民国から来た人たちが、それなりに整形を施した姿。今の肉食系女性の人の原型と言われている。マンバとほとんど変わらず、名前を適当に引っ掛けた日本のパクリ。
サンバ
ブラジルで人気のファッション(?)だ!サンバって黒くて派手な格好だったよね。
名古屋城
名古屋の女がしゃちほこみたいなヘアをしたことに由来する。金色があくまでもモチーフ。もちろん名古屋を中心にはやったが、メイド文化の方が流行っていて、age嬢と大差なかったためいつの間にか名古屋駅周辺で死んだ。
キグルミン
着ぐるみを切ることで、自分にカワイイの魔法をかけてもらえると信じてやっている服装。だいたいアニメから。すぐにブームは去った。
アルバカ
アルパカのような格好をしているギャル。詳しく説明すると「全身をアルパカで包んだ派手なギャルの事」である。まわりにつばを吐いて、街を汚くするだけな厄介者なので、バカの称号が与えられている。
鮎ラー
鮎の格好をした馬鹿な若者たちのことを指す。
白ギャル
白人文化に目が覚めた一部のギャル達は今までの黒ーい肌とは違い、、白い服、白い紙を好んでいる。しかし、ガングロギャルによって正体を抹殺されてしまった。
ロマンバ
ギャルがロマンを求めたファッションをしていたことに由来する。結局黒人。

ギャルの特徴[編集]

ギャルの武器[編集]

これがつけま。
つけ魔(ツケマ)
まつげあたりに装着し、人を刺殺するために使われる。付ける装着時間が多少かかるため、テクニックを必要とする。目力を強調する為、といわれているがまさしくその通りである。目元をはっきりさせる能力も持ち、様々な種類がある。意味はつけてまっさつの略。
カラーコンタクト
カラコンと略される、目からビームを出すために開発されたギャルの最終兵器。外国人は既に装着しているらしい。便利なものだが、変な色をものすごく好むギャル達でさえカラーコンタクトは武器として強力すぎるため、などの強力な物を使うことはなるべく控えている(茶色はよく使われる)。によって種類が違うが、外国人になりすましたりできる。
サーフ系
サーフィン姿になってサーファー気取るファッション。過度な露出が期待できる。

ギャルの防具[編集]

ルーズソックス
ルーズなギャルが使う靴下。ぐちょぐちょしていて短いためひざ、太ももを直視できる。
ガングロ
を黒く染め、黒人になりすまして日本から外国へ偽造パスポートを使って逃げる予定の人たち。ガンジーにも評価されている。顔は黒いがに髪はものすごく派手な場合の人が多く、すぐ警察によって捕まってしまうのが難点。
厚底ブーツ
背の低いアジア系ギャルが、背を必死に高く見せようと頑張って作った靴。昔からあった日本の特別的な靴をパクって作られたパチモン。転倒多発(超恥ずかしい)、ブレーキなどが踏みにくいという原因でだんだん廃れていった。しかし実際は厚底の下に麻薬を仕込んで、取引するために作られたと考えられる。
厚底サンダル
足が出ているもの、ちょっと履きやすくなっている。

ギャルの使う魔法[編集]

今のところ確認できたのはこれら。

パラパラ
奇怪な動きで仲間の能力を高めるダンス
流し スルー
左右開き バタフライ
YOU あなた。
カワイイ
可愛いという日本語とは別の言葉であり、自分がいいと思った物をほかの人に発信する電波の能力を持っている。また、ギャルがたくさんいて連発すると、効果がさらに上がる。ギャルが高確率で出す魔法のため、日本人がカワイイと無限に言っていることが、エセ日本研究科外国人によって証明されたが、全く日本古来の「可愛い」とは何度も言うがまったく関係がない。おかげで普通の日本人は困り果てている。また、補助魔法としてマジカワイイ、テラカワイイなどの言葉も存在するため、街を歩く際には注意が必要だ。
ギャル語(マニアック)
ギャルの中には「この記事、マジカミッテル!!!」などの強力な魔法を使うギャルもいる。ギャル達が作った言葉だが、日本語に基づいたパクリとなっているため、日本人でも理解できる人は多いことが今の現状。DNは泥酔ナイトの略であり、街でその言葉をにした男たちがストーカーして酔ったすきにぴーをするケースが多発している。(ただし、この行為をした男たちの安否は不明)2ちゃんねる語VIP語で使われている言葉を使うことも多い。ギャル達にとってちょっとちなみに「ケツバット」というとのテンションが下がる。という意味になる。
000 (?)
つまらないの意味。どう発音するのかは不明。
0ガエーゼ
がないという意味で使われる。ファッションに金を使いすぎだからそうなるのだ。というか魔法を使っても逆効果。
A-BOY
秋葉原ボーイの略。オタクのこと?
ΡΚ(ピーケー)
パンツ食い込みの意味。
実際その言葉を使っているところを見たら見に行ったほうが良いだろう。めずらしいから。
≠〃ャ儿文字
詳U<レ£≠〃ャ儿文字
チョベリバ(チョベリグ)
チョーベリーバットの略。よく使われていたが、一般的な人々には今のところ意味は解明されておらず、ブルーベリーで作ったバットのことだと予測されている。
写メ
強力魔法カワイイを使ったあとに高確率でくる魔法。とりあえずかけられたものは、携帯電話スマホなどでまぶしいフラッシュをたかれることになる。ここに送られる心配があるため、人間からゴミまで物体の情報流出するかは自分が目立たないようにしておくほうが身のためだ。

ギャルの好きな物[編集]

ジャニーズ
ジャニー喜多川がギャル達に広めている宗教。ギャルの80%がかかっているとみられる。特にが好きな人はアラシックと呼ばれる。

主な流行地域[編集]

原宿に潜むギャル。ホームレスなのではないかという指摘も。

東京[編集]

渋谷
ハチ公にひたすら強力魔法カワイイを連呼して自分の魔力を試している人が多い。また、彼女らにとって重要な渋谷109はこの町にある。NHKの本拠地であり、NHKはどーもくんをギャルに流行らせたかった。
原宿
ラフォーレ原宿が存在したが、表参道に殺された。
新宿
はここがギャルの棲みつく中心地だったが、おっさんが増えて来たため渋谷へ避難。

大阪[編集]

大阪天満宮
天神祭の時にギャルみこしなるものが行われている。

名古屋[編集]

たくさんの百貨店があるため。ギャルの中では真面目。これは、本場ブラジル人が気取っているため。

北海道[編集]

すすきの
歓楽街なため。

流行ってない都市[編集]

福岡
まだ天神にちょっとしたギャルならいるものの、ガングロなどの派手なものは行われていない。

集まる基地[編集]

109(渋谷、金沢静岡
誰も使わないTOKYUポイント加盟店。全国にある基地の中で特に渋谷のやつがレベルが高い。読み方がマルキューと呼ばれると東急から「トウキュウと呼べ!」苦情が来るらしい。おかげでここに入るギャルは東急の信者までになっている。
「営業時間が午前10時から午後9時まで」と意外とシビアだが、本当の戦いは買ったを109の前でギャル同士で交換し合う時間である。ゴジラに壊された後も自分たちで再建して、無理やり営業を続けさせた。
女のフリをしたギャル以外は入れなくなっており、男が入ると目から冷たい謎の光線が出て殺される。また女装をして入るとジャニーズ系以外は見抜かれてハイヒール電気あんまされて死ぬ。ここで買い物するギャルは109系と呼ばれる。訳すと東急系。
もちろんギャル男版も存在していて、109MEN'Sがある。キューツーと呼ばれているがこれももちろん東急社員らが「トウキュウと呼べ!」と言っているらしい。
全日本中に店舗を展開している。金沢の香林坊のKOHRINBO109。と、町田、静岡、大阪にあるが全ては本店の売上を貯めるための策略であり、東急グループもよる渋谷の再開発が終わったら、全て手放す予定である。
Bunkamura
かっこよさそうに見えるが、文化村をローマ字表記にしただけである。いろいろ映画館とかあるが、東京中にあるため無意味。何の意味もないのである。
パルコ
109より全国にあるため、使いやすいのが特徴。もともと池袋ださいたまグループに所属していたものの、渋谷に進出すると、世界中のギャルから人気を集め、今では渋谷にはpart3まで店舗が出来るほどの大人気商業施設となった。
ドンキホーテ
DQNの殿堂として知られているが、ギャルの殿堂でもある。安いので、働くことができない宇宙人のギャル達も安くメイクすることができる。
しまむら
田舎にあることから田舎のギャルが使用する。しまむらを使用するギャルは「シマらー」と呼ばれる。ただし10~20代の人の総称であるため、ばばあは無理。
ユニクロ
もちろんギャルの住む場所には多く店舗を出している。ギャルは自分のファッションがユニクロだとバレると恥ずかしくなる。

読む聖書[編集]

同じ会社が同じようなものを多発するだけの場合がある。

popteen

1980年に角川書店が創刊。英語覚えたてのギャルの間でpopcorn(ポップコーン)と間違われて購入してしまうなどのトラブルがあった。いじめセックスなどの卑猥?なコンテンツを多数掲載したあと、ギャル人気によりすがり、大ヒット。その後もいろいろあったけど現在に落ち着いている。

egg(エグ)
1995年に大洋図書が創刊。当時の渋谷女子高生のエグさを切り取り、以後のギャル文化に大きなエグさを与えた聖書。エグいギャルの姿を街中で捉えることで、戦場カメラマンの一種とされ、渡部陽一もこれは難しい仕事だと語っている。
S Cawaii!
2000年に主婦の友社が創刊。「super cawaii」の意味。女子高生を卒業した20歳前後の女性がターゲットらしいが、正直内容は変わらない。
Ranzuki
2000年にぶんか社が創刊。ランキング大好きという題名だったが、ギャルが日本語を読めなかったため、改名。今でも意味を理解できていないギャルが多い。
BLENDA
2003年に角川春樹事務所が創刊。
Happie Nuts
2004年にインフォレストが創刊。
GISELe
2005年に主婦の友社が創刊。
美人百花
2005年に角川春樹事務所が創刊。
小悪魔ageha
2006年にインフォレストが創刊。「age嬢」以降のギャル系ファッションに大きな影響を与えた。 らしいが詳細は不明。
JELLY
2006年にぶんか社が創刊。
ES POSHH!
2006年にリイド社が創刊。

おもな教祖[編集]

教祖たちの偉大なるお姿をご覧になってギャルは成長する。

倖田來未
実際のコードネームは神田來未子(kouda Kumiko)である。
京都市でギャルの末裔として、潜伏活動を開始し始める。しかし、太っていすぎてピチピチギャルにもなれなかったが、ギャルブームに乗り、デビューを果たすつもりだったが、日本での活躍があまり認められず、アメリカでKODAというコードネームで事実上左遷させられる。アメリカでは、少々ギャルの文化を広めることに成功したが、物足りないkumikoは日本に帰ってきた。
帰って早々教祖として、多くの信者を生み出したが、あまりにも太いので無理にダイエットをして、キューテイーなハニーになったが、ギャルとしての本性を失い、教祖のメンバーから外れることとなる。
浜崎あゆみ
宇多田ヒカル
ニューヨークから東京に来て布教活動団の目にとまり、ギャルの一員へ・・・
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第21回執筆コンテストに出品されました。