ギブソン (楽器メーカー)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ギブソンから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ギブソン (楽器メーカー)」の項目を執筆しています。

ギブソン・ギター・コーポレーション (Gibson Guitar Corporation) は主にギターベースなどを製造してる楽器メーカであり、所持しているとエッヘン!できる最王手のブランドの1つである。

主な歴史[編集]

1856:創設者のギブソンさん生まれる。

2008:現在に至る。

主な製造モデル[編集]

レスポール

詳細はギブソン・レスポールを参照。

空気嫁を凌ぐ妖艶なくびれを持つ事から、野郎共がこぞって手にした事で現在最もデフォなギターモデルの1つとなっている。
しかし問題点として、このモデルを好んで使用している飛行船のおじさんチューニング下げ過ぎのマッチョなど、複数の有名ギタリストが相次いでメタボ被害にあっている為、現在その関連性が取り沙汰されている。
また男子がレスポールを好んで使うのに対して、女の子はライバルFender社のストラトキャスターを好んで使う傾向にあるが、これはギターのネックからヘッドにかけての部分が男性のうふふしたうふふに酷似している為である。ゴメンよ。
実はその名の通り「レスポールさん」のモデルであるが、これは憶えていなくても損は無いだろう。
SG
ソリッドギターの略。他にリキッドギター・ソリダスギターと言った兄弟モデルも存在している。
オーソドックスなギターでありながら、使用しているミュージシャンが暗い・遅い・重いを地で行くオッサン50を過ぎて小学生の格好をしている変態など、個性的な人達が愛用していると言うギャップを見逃す事はできない。
なお補足ではあるが、むやみに他人(特に男性所有)のパソコンの中にある「SG」と言うフォルダを開くと、何故か女子高生関連の検閲により削除が出現する事があるので注意が必要である。[要出典]
ハミングバード
直訳すれば「ささやく鳥」である。アコースティックギター
ファイヤーバード
手塚治虫を参照。
サンダーバード
ファイヤーバードのベース版。これについてはサンダーバードの項目に詳しいので、そちらを参照されたい。また「無茶な丸投げだろ」とは、どうか言わないで欲しい。ラリって氏にかけた永遠のワルガギの使用で有名。
フライングV
その当時としては奇抜なデザインから早世のアフ(エリ)ロ(ン)一部に神と呼ばれている基地外など、(生き方が)エキセントリックなギタリスト達に愛用されている。その後ギブソン以外のメーカーからも、それを模したモデルが作られる様になり、代表的な例として「天使の(水玉)V」や「ピンクのVマーダラー」などが発生している、アーライ!
「V」と言うのはもちろんその形状からの呼称であるが、「V」と言うよりはむしろ「アジエンス」。近年、所謂「股」の間にシールドプラグの挿入口がある卑猥なモデルも登場している。
エクスプローラー
Internet Explorerを参照・・・、鋼鉄烏賊とか言うバンドのリフばっか弾いてる人が使ってたよ!これで良い?
セミアコ・フルアコ
通称「ハコモノ」。お役所が好んで製作している国家的なギター。しかし我々庶民からの人気は極めて低く、ニュースやワイドショーなどで度々槍玉に挙げられている。この事はあの頭の固いサイトの方が詳しいので、そちらを参照すると良いだろう。
念の為・・・

豆知識[編集]

  • 最王手だけに偽者も多く存在しており、近年その巧妙さから見た目では殆ど判断ができなくなって来ている。ただやはりサウンドの違いは明白であり、下記にその一例を参照する。偽物なんか持っているとお友達に笑われちゃうからみんな注意しようね!
偽物:ブソン
本物:ギソン

関連項目[編集]

この項目「ギブソン (楽器メーカー)」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)