ギネス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 このページでは世界一のアイルランドで作られた世界一のスタウトビールについて解説しています。世界一について世界一詳しい本についてはギネスブックを参照してください
Wikipedia
世界一のユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの世界一の専門家気取りが「世界一のギネス」の世界一の項目を世界一執筆しています。

ギネスとは、世界一のアイルランドで作られている世界一クリーミーな泡を持った世界一のスタウトビールである。

本来の名前はギネス・スタウトであり、ギネス・スタウト・ポーターなのだが、世界一どうでも良いことなので世界一気にしてはいけない。

ちなみに、生卵を落として飲むという世界一の飲み方があるが、日本ではあまりなじみがないようだ。

世界一の概要[編集]

世界一のギネスは、世界一のアイルランドにある世界一の女王の世界一の井戸から取れる世界一のと、世界一のアイルランド産の世界一の大麦、そして世界一のホップと世界一のイースト菌から出来ている。

世界一なのでドイツ小うるさい法律にも適合している。とはいえエールだからドイツのビールとは違うものなのだが、世界一なのでそんなことは世界一ささいなことだ。

ちなみに世界一のギネスが作られている世界一のアイルランドの世界一の醸造所は、世界一長い間世界一安い賃料で貸し出されている。9000年間45ポンドだ。ユーロになったらどうなるかわからないが、とにかく世界一なのだ。

東京・新宿界隈では、「矢野下さい!」でギネスが出てくるとの都市伝説が有る。ギネスを初輸入した者の名という噂や、毎日ギネスを飲み続ける豪傑から取られたとか噂は絶えないが世界一の真相は明らかになっていない。

世界一の泡[編集]

世界一のギネスといえば世界一クリーミーな泡を思い浮かべるだろう。あの泡は世界一の窒素が充填されていることと、世界一の仕掛けのある注ぎ口から生まれるものである。世界一小難しい仕掛けに関してはここでは書かないが、それを缶やビンでも再現するために世界一の仕掛けのある世界一の入れ物を使っているのは、世界一細やかな世界一のギネスの世界一の逸話として紹介しておこう。

その世界一の泡のせいで世界一注ぐのがめんどくさいし、缶は世界一冷やさないといけないビールになっているのだが、世界一の泡を味わうためなので世界一我慢してほしい。

世界一の温度[編集]

前項と矛盾するが、世界一のギネスは世界一の常温が世界一うまいといわれている。つまり、世界一のギネスの世界一の本当の味は、世界一の仕掛けを持った世界一の缶ギネスでは世界一味わえないと言うことになる。何のために作ったんだ。


この項目「ギネス」は、世界一の項目を目指していますが、世界一残念なことに執筆者が世界一ではありませんでした。世界一の項目になるには、世界一のあなたの世界一の協力が必要です。世界一お願いします。 (Portal:スタブ)