キリバン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
キリバン(kiribanunium)
一般特性
名称, 記号, 番号 キリバン, Kb, 100
分類 金属
族, 周期 12, 7
密度 10.00000... g/cm3
黒色
原子特性
原子量 200 amu
原子半径 100 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

キリバン,キリバンウニウム (kiribanunium) は、ネオ原子番号100番のネオ元素ネオ元素記号Kbヒューマノイドの12番目の元素でありながら、性質はネットノイドハイディウムに近い。

概要[編集]

とにかく全てがピッタリに収まっている元素。そのため、人工的に作るときも、たとえ少しでも分量を間違えようならもうできなくなるというなかなか作りにくい元素でもある。また、そのピッタリの性質ゆえに、化学実験の際の基準としてもよく扱われる。

ちなみに、「祝!放送100回記念」等の理由で行われる公開録音の会場とか午前0時0分0秒の時のデジタル時計とか見てるホームページカウンタが(偶然)500000HITしているあなたが999999人目のビジターである等の現象がある場合、その周囲にキリバンが放射されているので注意。

間違えやすい点[編集]

キリバンの正式名称はキリバニウム(kiribanium)ではなく、キリバンウニウム(kiribanunium)である。高校生大学生などは、よくこの間違いをするので覚えておくとよい。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キリバン」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「キリバン」は何故か「キリ番」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

関連項目[編集]