キャンパスライフ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

キャンパスライフとは、勉強や研究に追われた大学生大学(キャンパス)に住み込みで勉学に励むようになった社会現象やそのような生活形態のこと。ほかにも諸説ある。特に大学に所属したことのない高校生など一部の人々には、勘違いされて信じられているが、それは伝説の一つである。下に詳しく述べるので信じないで頂きたい。そのような伝説が実際に存在しないことは大学生ら(特に優秀な)によって西暦1960年に証明されている。

概要[編集]

大学というのは高等学校以上の勉学研究をする場であり、当然ながらレベルは高い。この大学というシステムが出来て以来、大学生はこの高度な授業に追われ何もする事が出来なかった。そこで1947年当時大学生だったKamper.F.ChickenとCelife.S.Stupidが、大学で生活することで家への往復の時間や家事の時間を節約することを発見し実践した。このシステムによりより多くの研究が出来ると大学生に人気を博し一気に広まった。発見者にちなみキャンパスライフと呼ばれるようになった。1948年流行語大賞にノミネートされたが惜しくも受賞できなかった。

流行語大賞にノミネートされたことで一気に一般での知名度が上がったが、中身がなかなか伝わらなかった(それでも大学生が忙しく、他人と交流する暇が無かったのだ。)ので多くの誤解を生んだ。これが現在でも信仰され、「大学生は遊んでばかり」などの多くの誤解を生んでいる。大学生の項を参照。

本来の意味[編集]

時間の節約(勉学のため)に大学構内(キャンパス)で寝泊りする生活形態。詳細は概要を参照。一般にはほとんど知られておらず、政府主導で知名度向上が急がれている。


主な誤解[編集]

その1に属する学生(左)と、その2に属する学生(右端)の図
その1
大学の講義、ゼミ研究室にほとんどまたは全く出席せず遊びや恋愛アルバイトなどに精を出し、ほとんど勉強をしない生活形態。主に大学に行ったことのない人間に信仰されている。大学が勉学する場であるという事実を無視し時間を節約してまで遊んでいると信じ込んでしまっている。現在では高校生にも信仰が広がってしまっているため実際に大学に入ってから後悔する者も多い。現在の大学ではこのような信仰を持った高校生が留年する事が多く、近年の留年率の増加はゆとり教育弊害と言われることがあるがそれは間違いである。街に繰り出している若者を見るとこのような誤解を持った人々は大学生だと信じて疑わないが実際はアルバイトなどをする社会人である。近年ではゆとりを中心にこの間違った生活形態を実践してしまう輩もいる(リア充)。なげかわしいことだ。
その2
大学の講義、ゼミ研究室にほとんどまたは全く出席せず自室に引きこもりインターネットに没頭する生活形態。
近年発見された新たな誤解。主にオタクという人種に分類される。その1と違い、実際に発見されたことで話題となった。また、その1のような生活を送った人間は社会に出てもろくなやつにならねぇが、その2のタイプではきちんとした自宅警備員就職する人間が多い。そのため問題はないとされている。

関連事項[編集]

この項目「キャンパスライフ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)