キャバクラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ母性が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キャバクラ」の項目を執筆しています。

キャバクラ(きゃばくら)とは、キャバクラ嬢と呼ばれる女性が水で割った酒を、その目の前で飲むことを目的とした部活動、「キャバレークラブ」の略称。類義語としてホストクラブがある。

概要[編集]

キャバクラは、もともと女性部員が水で割った水を、その目の前で飲んでもらうという水商売部内の活動の一つであったが、「酒を割ってしまっては水商売」とはいえないと批判され、独立する形で立ち上げられた。規約によれば水で割った酒(正式名称は「水割り」)を飲む人間は目の前の女性部員に話を聞いたり、笑わせ、楽しませなければならない。しかし利点として、参加する人間はほぼ実費だけを「水割り代」として支払えばよいが、たまに高額の水割り代を求められる場合もある。顧問はふだん警察署のなかにおり、あまり部室に来る事はないが、たまにやってくるときは、必ずメタルグレーの輪をはめた年配の男性部員を連れて帰っていく。

関連項目[編集]