キャトルミューティレーション

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キャトルミューティレーション」の項目を執筆しています。

キャトルミューティレーション(cattle mutilation)とは、アメリカ合衆国陸軍による家畜、主に虐殺事件のこと。畜産業者がこれに便乗し、宇宙人襲来説をでっち上げ保証金のだまし取りを試みたことで社会的な不安を煽り、内戦状態へと発展した。陸軍は事実を否定している。


変死する牛[編集]

変死した牛。軟らかい部分が取り除かれ、鋭利なもので切断され、出血はほとんど認められない。

1960年頃より、牛などの家畜が変死する事件が続発した。変死体には以下の特徴があった。

  • 性器、乳房、臓器などが失われている。
  • 死体の一部が切断されている。切り口は円を描き、焼いたような後がある。
  • 体内の血液がほとんど失われており、血痕がほとんどない。
  • 離れたところに噴射炎の後が認められる。発生前後にUFOの目撃証言がある。

その異常性から、カルト教団の儀式説、宇宙人犯行説、プラズマ兵器説、吸血生物説などが噂されたが、いずれも確証を得られていない。


事件の真相[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「M72 LAW」の項目を執筆しています。
牛を背後にしたM72射撃(陸軍のマニュアルより抜粋)。バックブラストの衝撃を緩和するために柔らかい腹部を背後にするよう図示されている。
第101空挺師団も国内で降下演習を行い、牛を背後にM72の射撃訓練を行った。

合衆国陸軍の極秘作戦[編集]

1963年、使い捨ての個人携帯対戦車弾M72が開発されたが、前線に配備するには検証が不十分であった。また、朝鮮戦争ではM9など通称バズーカのバックブラスト(後方爆風)により味方が死傷したり、バックブラストの砂塵で敵に発射位置が特定され射手が戦死することが多く問題となっていた。米陸軍はバックブラストの衝撃を緩和する、かつ目立たなくする手段を模索していた。ロシア系移民の合衆国陸軍ヤルト・K・バックスキー体位大尉はアメリカ国内にもベトナムにも牛がいることに着目し、発射時に牛を背後にして後方爆風を緩和する方法を考案した。陸軍はこれを検証するため、特殊部隊を筆頭に国内の牧場で牛を背後にしたM72の発射実験を繰り返した。宇宙人犯行説は軍部が意図したものではなかったが、作戦の隠蔽に極めて都合の良いものであった。

牛を背後にしたM72の発射で、以下のようにミューティレーションはすべて説明がつく。

  • 性器、乳房、臓器などが失われている。
M72のバックブラストの爆轟で牛は内臓破裂をおこし、衝撃により軟らかい組織が削ぎとられ失われる。
  • 死体の一部が切断されている。切り口は円を描き、焼いたような痕がある。
バックブラストの衝撃が死体の一部を切断する。火球はほぼ円形であり、爆炎で傷が焼かれるため。
  • 体内の血液がほとんど失われており、血痕がほとんどない。
爆炎の余熱で血液が蒸発し、発見時にはほとんどの血液が失われている。
  • 離れたところに噴射炎の後が認められる。発生前後にUFOの目撃証言がある。
バックブラストで牛が吹っ飛ぶので、噴射炎痕は牛から離れたところに認められる。目撃されていたUFOはロケット弾であり、地表に近いため航空機より高速に見え、ロケット弾の燃料がなくなると噴射炎が消え、あたかも瞬間移動したかのように見える。


畜産業者の狂言[編集]

次々に起こる家畜の怪死を受け、業者は被害届けを出して保証金を受け取ろうとした。認可されるためには「人為的な被害である」ことを立証しなければならなかったが、虐殺された牛には不可解な点が多く、届けは認められなかった。業者側は苦し紛れに「宇宙人の仕業だ!」と発言し失笑をかったが、複数の牧場主と結託して何が何でも宇宙人犯行説を社会に認めさせようと、狂言と自作自演を繰り返した。ショットガンの空包で鶏を撃ち殺し、ミューティレーションに見せかけた事例もある。軍が虐殺した家畜の数は定かではないが、畜産業者の自作自演を含め12000頭もの牛が殺された。

民間機により撮影されたジープと牛を牽引する「ブラックヘリ」。米陸軍なのか、ただの牛泥棒なのか、判別は不可能である。機体に黄色のm字マークがあったとの証言もある。

交錯する陰謀[編集]

市民の財産をなんとも思わない合衆国陸軍と、それを利用し国家から保証金を掠め取ろうとする一部の畜産業者の企みは社会に混乱をもたらした。宇宙人の侵略を信じた人々が自警団を結成し、飛行するものに対する無差別銃撃を敢行したのである。個人で所有しているブローニングM2重機関銃を持ち出す市民すらいた。パイロットたちもそうした銃撃を避けるため乗員に狙撃銃を持たせたり、機体に7.62mmミニガン(多銃身砲)やロケット砲を搭載して地上からの銃撃に対し反撃したため、地対空の内戦状態となった。これによりキャトルミューティレーションで殺された数以上の牛が射殺されたが、死因が明確であったため、そのまま食肉として格安で市場に出荷されバーガーキングマクドナルドなどファーストフード店の発展をもたらした。このころより、従来の皿型の円盤と代わって土星型UFOの目撃談が多くなった。ハンバーガー業界が畜産業者と癒着し、デマを流して土星型UFOを社会に印象付けたのである。「牛、UFO、あの形・・・、食べたくなるなる」という人間の思考連想を利用して顧客を引き付けたのだ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スティンガーミサイル」の項目を執筆しています。

拡散する戦火[編集]

当初は航空機側が圧倒的な火力で地上勢力を黙らせていたが、70年代後半以降、航空機が相次いで撃墜されるようになった。地対空ミサイルFIM-92スティンガーが開発され、牧場で発射実験が行われたのである。国内で十分な実績を得たスティンガーは、ソビエト連邦が侵攻したアフガニスタンに送られ、多くのソ連軍航空機を撃墜した。また、スティンガーとともに家畜を背後にした射撃戦術がムジャヒディンたちに伝えられ、ソ連軍はRPG-7などの攻撃に苦戦した。合衆国連邦捜査局(FBI)はアフガニスタンとの関連を隠蔽するため、ミューティレーションは野生動物による食害であるという結論を1980年に発表した。ソ連がアフガニスタンから撤退した1989年、牛を背にした射撃を考案したバックスキー体位中佐(死後二階級特進)は拳銃で自らの頭を撃って自殺した。「ゲリラが牛やヤギを背にして祖国に多大な被害を与えている」と書かれた遺書が残されていた。米国内の地対空の内戦は、湾岸戦争の開戦により終息した。

極秘資料[編集]

UH-1を改造したと思われるブラックヘリ。ベトナム戦争後は軍の行動が大胆になり、「ブラックヘリ」の目撃例が相次いだ。

ここに作戦中の機関銃手へのインタビュー記録がある。

イェハッハー、ゲッサム、ベイベーッ!ゲッソウゲッソウ!ゲッソウゲッソウ!カモン!ゲッ(略)イェヤーッ!イエー、イエーッ!アイガッチューファーダー!ハッハー!
逃げるやつ(牛)もBC(バックキャトル、背後にできる牛)だ!逃げないやつ(牛)はいいBCだ!ンハハハッ!おれの事を記事にしても宇宙人のせいになるだけだぜ
記者:どのくらいの牛を背後にしたんですか
メチャウマだからよお、うそじゃねえ、おれ一人で国内の牛156頭を始末したぜ。(ベトナムの)水牛50頭も。ミューティレーションだぜ
記者:子牛も(背後にして)殺ったんですか?
サムターイムッ(時々な)
記者:よくかわいい子牛ちゃんを背後にできますね
イィジーッ(簡単さ)、動きがのろいからな、ハハハハハッ!
記者:この極秘作戦に関して何か一言を
ホント、牧場は地獄だぜ、ハハハハハッ!

このインタビューはあまりにも軍の品位を落とすものとして放送禁止となっていたが、1987年に公開された。このインタビューに答えたティム・コルセリ軍曹は軍法会議にかけられ、降格処分となった。退役軍人だったハートマン軍曹が後任を務めた。

訳者注)ゲッサム:get some 「やったぜ!」とかの意。もともとget testicleだったが、下品だということで「なにか」を表すsomeになった俗語。コルセリ軍曹は興奮しすぎてろれつが回らず「ゲッソウ」と聞こえたのでそう訳した。

推測[編集]

アメリカ陸軍の兵器実験と畜産業者の便乗による宇宙人説拡散を行った保証金目的の事件だと思われているがこれには医学的技術試験、医療機器の試験、食品としてのクローン牛研究が本当の狙いであったと思われる。

既にこの事件以前からアメリカは利益の為の倫理観を無視した非道な計画を立てており、この時クローン研究も既に始まっていてこれはロズウェル事件から本格的に一大計画の中の一部の計画が遂行されてるだけであり、宇宙人そのものも存在する可能性が低く、グレイと言われている知能が高そうな宇宙人は、機械仕掛けの精巧な作り物の可能性があり、UMA未確認生物(ユーマ)の中グレイに似ている下等生物は、遺伝子操作された人型生物の産物である可能性が高い。本物(バイオテクノロジー産物)と偽物(機械仕掛け)を使い分けての情報操作の可能性が非常に高いと思われる。

UFO未確認飛行物体、円盤と称されている物体もアメリカの国家機関とその他秘密裏に繋がっている組織との協力も得て人間が開発、製造した超ハイテクノロジー推進装置搭載飛行物体の可能性が高く、これも本物(人間が製造した推進装置)と偽物(未公開ホログラム技術など)を使い分けた巧妙な心理的操作を行っている可能性が高い。ロズウェルUFO墜落事件も意図的に墜落させて国民の心理操作を行った可能性も非常に高いと思われる。

真相を探るには税金の流れと詳細を追跡するのが最も有効なのだが現時点では不可能である為に迷走状態が続いている。

{追加事項}

◆ 性器、乳房、臓器などが失われている。死体の一部が切断されている。切り口は円を描き、焼いたような後がある。
  1. 食品クローン牛研究の為の持ち帰り
  2. 最新医療機器、電磁波などを応用したレーザーメスの試験及び外科技術試験
  3. 宇宙人の仕業と思わせる為。


◆ 体内の血液がほとんど失われており、血痕がほとんどない。
  1. 食品クローン牛研究の為の血液採取
  2. 高度な技術で綺麗に血液をほとんど抜き取る事が出来る最新医療機器試験。(献血だけでなく将来人間を誘拐して輸血用血液を大量確保する非道な目的も含まれる外科技術試験)


◆ 離れたところに噴射炎の後が認められる。発生前後にUFOの目撃証言がある
  1. アメリカ軍の兵器実験。
  2. 宇宙人の仕業に思わせる為に人間、軍が製造した円盤を飛行させた。

牛を近距離で背後にして甚大な被害を発生させた場合狙撃者にもかなりの被害が及ぼされると考えられるので他の原因も考慮しなければ説明がつかないと思われる。

都市伝説であるフィラディルフィアステルス実験もアメリカ軍公式見解では、実験の存在すら認めていないがあえて実験を実行してたと仮定して実験は想像以上に失敗を期して、人間の体が半透明になったとか溶けたとか船体に融合したとか言われているが死亡した者は通常様々な起こりえる死因で死亡し、行方不明者は大やけどあるいは人体が通常ではあまり起こりえない体がやけどを超え高温で燃えた事で融解し、実験の過失を隠蔽する為に行方不明者の死体処理、行方不明者として処理し、軍が都市伝説を利用したと推測される。

と言いたいところなのだが被験体としての牛はいくらでも用意が出来る事から宇宙人の都市伝説を利用してるのではなく、最初からUFOで飛来した宇宙人の仕業、人間に脅威を与える可能性がある宇宙人と思わせ、人間には開発できない高度なハイテクノロジーを持った宇宙人を密約的交渉によって逆に宇宙人からの地球侵略を防ぐ、地球人を守っていると思わせる、そして一部の反自然的行為によって地球の環境を破壊し膨大な利益、私腹を肥やした者達、政府、団体、組織が宇宙人が地球の危機を訴えて開発や争いを減らす、やめるように伝えることで良い宇宙人と思わせ、宇宙人に従う、合わせるように仕向け宇宙人を利用した地球支配を企む悪魔の超陰謀の可能性が非常に高い。

国、政治家、宇宙飛行士、その他が公式的に発言している宇宙人の存在を容易に信じてはならない。

倫理観を無視した一つの大きなリスクにいくつもの間違った利益を生み出す考え方はアメリカが特に優れている。

[さまざまな疑惑の推測]

宇宙人に対してのいろいろな噂の中で人間によく似た美しい宇宙人(金星人など)が現れるなど言われてるがこれは人間の器官の一部を遺伝子操作によって作り変えて遥か彼方の銀河星雲から到来したと思わせ、また言語など、コンピュータ言語や暗号化など、本来の言語を新たに別な新しく作った言語に置き換えて話すと予想される。

関連項目[編集]

キャトルミューティレーションの現場を目撃したという男が描いたスケッチ。黒い大きな瞳、小さい鼻と口、小さな人間の姿とリトルグレイの特徴を捉えている。このスケッチの影響を受けた性錯倒者たちが「UFOに理想のが乗っている」と思い込み航空機を銃撃したのだ。これを描いた男は未成年者略取の罪で逮捕されている。
なんだかんだで宇宙人がらみのほとんどは牧場から始まっている。牧場から始まる事件は疑った方がいい。
  • きゃとる☆みゅ~てぃれ~しょん
成人向けパソコンゲーム。宇宙からやってきた、生殖機能を持たない4人の美少女型宇宙人が、牧場で働く主人公をアブダクションして性的な検査をするという内容。未発売。


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第一回執筆コンテストに出品されました。