キャッツ丼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
高級レストランでもメニューに載るようになったキャッツ丼。

キャッツ丼(-どん)とは、2004年を最高期に牛丼豚丼などの丼系ファスト・フード店の代理品として日本国内において広く食べられている丼料理。

現在はサラリーマンを中心に根強い人気を誇るいささか癖のある味の一品。吉野家松屋の看板メニューではなくなったとはいえ、2006年後半よりデニーズなど一般のファミレスでは扱われ始め、カムバックを見せている。

[編集] 背景

2003年に米国BSE問題で大打撃を受けた全国の吉野家を始め牛丼をメインに商売している飲食店はすばやく対応し、豚肉を至急大量に仕入れ「豚丼」を割安価格で導入。

ところが、BSE問題の真っ只中で日本テレビ人気番組「それもダメじゃん!」の豚肉特集(スポンサー:American Angus Association)で「豚肉を食べると血液が半ドロ化する!」という噂を人気タレントを使って積極的に広め、豚丼の売り上げをどん底に陥れた。またしても振り出しに戻されてしまった牛丼チェーン店は「鳥丼」を検討するが「また鳥インフルエンザになったらどうする?」という疑問の声一つであっさりボツになってしまい「ああ、もうどうしよう」という弱音が各地で鳴り響いた。(騒音汚染参照)

そこで登場したのが広島県在住若手事業家の犬川唯氏。犬川が提案したのはコラーゲンなどが豊富(たぶん)なの肉であった。日本社会において猫を食料として扱う文化がかつてなかったため、猫料理一色に移行した犬川経営のレストランは一時経営困難に陥ったが、調理の際猫の毛を剃ってから(!)揚げ、ご飯の上に乗せると徐々に人気を集め始めた。フジテレビゴールデンの「芸能人が食うぞ!」放送で犬川の「にゃんこの殿堂」が紹介されるのを機に当店の猫料理がバカ売れ。「いだだき!」と言い終わらない間に吉野家が全店で「キャッツ丼」を導入し、好売り上げが長く続いた。

[編集] にゃんだ噛んだ

後に野良猫がすっかり見かけなくなった日本が猫肉不足に遭ったため、キャッツ丼業界は食糧用猫を大量に控えている中国に目を向け、大規模輸入を開始した。その結果「中国産」肉販売者と「国産」肉販売者の間で強烈な競争が勃発した。「クオリティー」の高さ主張する国産派と「すごいおいしさ」を主張する中国産派との仁義なき戦いが現在に至る。

2004年5月実施世論調査によると日本人の4人に3人は1ヶ月に少なくとも1回はキャッツ丼を食べていると答えた。その内「中国産」肉のキャッツ丼を好んで食べるのが75%以上を占めていた。中国産を選ぶ理由として挙げられたのは53%「安いから」、13%「おいしいから」、11%「猫の本場だから」、7%「どうせ中国人が飼ってた猫だろ?」、3%「その他」、12%「どちらとも言えない」である。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちも「キャッツ丼」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。


この項目「キャッツ丼」は、記事というより味無し酢豚です。この味無し酢豚に味付けしてください。貴方なりに美味しくしてください。お願いします。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス