キャッチボール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

キャッチボール(catch)とは、文字通りボールをキャッチすることである。一般的にはキャッチしたボールを投げ返すことも含めてキャッチボールと呼ぶことがあるが、それは厳密には間違いである。ホームドラマなどでは、父と子のコミュニケーション手段として、(実にくだらない)感動的なシーンの演出に用いられたりする。また、キャッチボールを口実にしてボールを個人の家などに向かって投げ、器物を損壊することによって、絶滅危惧種モンスターであるカミナリオヤジを召喚することもできる。したがって、これをエクストリームスポーツの一種だとみなすこともできる。

エクストリームスポーツとしてのキャッチボール[編集]

古くは、ハイテク機器がまったく出てこない(無駄に)放送期間の長いアニメ未来のネコ型ロボットが所持する秘密道具によって世界に混沌がもたらされるという物語に見られるように、少年たちが空き地と呼ばれる他人の土地を不法に占拠して野球などをする際に、少年たちに混じっている土地の所有者のスパイもしくはメンバーの誰かを貶めようとしている者が故意に近隣の住宅に向けてボールを飛ばし、その住宅のモノを破壊することによって召喚されたカミナリオヤジが空き地を不法占拠していた少年たちを退去させたという史実に由来する。これが後のエクストリーム・野球・ザ・サンダー(extreme-baseball of a snarling old man)と呼ばれる、さまざまな形式のエクストリーム・野球の1ジャンルを築いたと言われる。

このエクストリーム・野球・ザ・サンダーから派生した競技の一つにエクストリーム・キャッチボール・ザ・サンダ-(extreme-catch of a snarling old man)という競技が存在する。これは、いかにして相手の打球もしくは投球をキャッチすることができないというフリをしつつ、自分の背後にある物体をボールによって破壊させるかという、守備側の高度な技術が問われるスポーツである。これらのスポーツにおいて、野比のび太磯野カツオは伝説的なプレーを披露している。本来ならば、エクストリーム・野球およびエクストリーム・野球・ザ・サンダーの説明から述べなければならないところだが、この項目はキャッチボールに関する項目であるため、エクストリーム・野球およびエクストリーム・野球・ザ・サンダーに関する記述は割愛させていただく。

キャッチボールとは本来、ボールをキャッチすることでしかないが、エクストリーム・キャッチボールにおいてはその意味は大きく異なる。先に述べたように、エクストリーム・キャッチボールはエクストリーム・野球から派生した競技であり、その中には様々な種目が存在する。そのバリエーションは日夜増加し続けていると言われているが、現在(2017 年6月 27日火曜日 01:23 )把握されているものを下に述べる。

エクストリーム・キャッチボールの多種多様な種目[編集]

エクストリーム・キャッチボール・ザ・デスマッチ(extreme-catch the death match)
少林サッカーのキャッチボール版。二人で行う場合はどちらかが倒れるまで、複数人で行う場合は最後の一人になるまで火の玉と化したボールを投げ続ける。エクストリーム・キャッチボールのなかでも最高難易度を誇る競技である。
エクストリーム・キャッチボール・ザ・サンダ-(extreme-catch of a snarling old man)
先に述べたように、自分にとってそのボールをキャッチすることがいかに理不尽で不可能かということをアピールしつつ、そのボールによってもたらされるあらゆる被害の全責任を相手に丸投げすることができるかを競う。競技の最終奥義としてはカミナリオヤジ(a snarling old man)の召喚が挙げられるが、このときカミナリオヤジが放つファイナル・サンダー・インパクト(the Final-Thunder-Impact)によってフィールド全体が破壊されるため、相手のみならず自分も大ダメージを受ける。そのため、通常のプレーヤーがこの奥義を発動させても競技に勝つことはできない(圧倒的に不利な状況からの引き分けに持ち込むことはできるが)。最終奥義を使いこなすには、自らの存在を空気にする、超音速でフィールドから脱出する、脅威的な演技力でカミナリオヤジの同情を誘い、ファイナル・サンダー・インパクトの対象から強制的に外れるなど、高難度の魔法特殊能力の使い手でなければならない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
あとは適当に頑張ってください。

ルール[編集]

エクストリーム・キャッチボール・ザ・サンダ-の場合

  • プレーヤーは原則としてボールをキャッチしてはならない。キャッチした場合は減点となる。
  • プレーヤーは審判の目を欺き、本当はキャッチできるボールでもキャッチできない演技をしなければならない。演技が不自然だった場合は減点となる。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
あとは適当に頑張ってください。

疑似キャッチボール[編集]

「言葉のキャッチボール」もしくは「会話のキャッチボール」というようにボール以外のモノを用いた疑似キャッチボールなるものが存在する。これらのネーミングは、人間が言葉を交わす際に言霊と呼ばれる常人には不可視の球体がやりとりされていることに由来するという説が最も有力である。これらの疑似キャッチボールも通常のキャッチボールと同様に相手に言葉などを投げ返すことが当然であるかのように思われているが、上記のように、キャッチボールという言葉には相手に投げ返すという意味は一切含まれていない。よって、キャッチしさえすればキャッチボールの役目を果たしたことになる。「投げ返さなきゃキャッチボールじゃねーだろ!!」という発言は言葉の意味を知らない愚か者の戯言にすぎないのである。しかしながら、上記のエクストリーム・キャッチボールのように「キャッチボール」という言葉の意味に変化が現われているのも事実である。言葉は時代とともに変化していくものであるから、このような(クソくだらない)戯言も(かなり気に入らないが)寛容に受け入れる必要が(超絶に認めたくないけど)あるかもしれない。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キャッチボール」の項目を執筆しています。


ExSport.png この項目「キャッチボール」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)