キツネ目の男

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。
御尊顔
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キツネ目の男」の項目を執筆しています。

キツネ目の男(‐め‐おとこ)とは、キツネのように鋭い眼光で知られた伝説の男である。

概要[編集]

キツネ目の男はグリコ・森永事件において「かい人21面相」を名乗り、マスコミグリコ森永製菓に怪奇な文章を送り付けて京都府大阪兵庫愛知のスーパーに青酸入りのグリコ・森永製品を置くというプロのような犯行をやってのけたとされる男。また丸大事件やハウス事件など、他の事件でも度々関与を疑われている「現代の怪人」である。

本人がそう名乗ったわけではないが、誰ともなくそう呼ぶようになり、警察でさえ「F」(FOX)と呼んでいたとされている。その風貌は作家の宮崎学に近かったそうだが、事件関係者は「M氏など問題にならない、論外です」と一蹴している。ちなみに宮崎学氏は彼と間違われる事を光栄に感じており、著書で自らを「キツネ目の男」として記した事もある[要出典]

功績の一部[編集]

1984年、グリコの社長が母親の家で拉致される事件が起きる。その後、身代金を要求したのをスタートとして、グリコに対し脅迫かえんほうしゃを実行する。そして森永製菓丸大食品ハウス食品不二家駿河屋等名だたる企業に次々と脅迫状を送り付け、最終的には捜査していた青い服を着た不気味な集団に完全勝利するという偉業を成し遂げた。

その隠匿能力は極めて高く、一部逮捕された犯罪グループメンバーでさえ彼が参加していた事を知らなかったと言う。またのべ九千人の目撃情報が警察に寄せられ七人の警官が専属捜査をしたにも関わらず身柄を捕捉出来なかったという、凄まじいスニーキングスキルの持ち主でもある。そもそも「二度彼を目撃した捜査員」が一名しかいないという、もはや存在しているのかどうかさえ疑わしいツチノコ的な都市伝説レベルの逸話も残っている。

エクストリームスポーツプレイヤーとして[編集]

彼のやってのけたとされる仕事は数多く、エクストリーム・かくれんぼエクストリーム・監禁などのプレイヤーとしても注目を集めたが、時効成立後は彼のプレーを見たものはおらず、多くの観客がその失踪を惜しんだ。

しかし、こんなところのプレイヤーを増やしたことには一役買っているといえよう。

関連項目[編集]

執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
キツネ目の男」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)