ガンタンク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガンタンク」の項目を執筆しています。

ガンタンクGUNTANK)は、青森県などで開催されるねぶたの一種。ねぶたに喧嘩祭りのニュアンスが組み合わさったものと考えられている。ここではそれを模したモビル戦車についても説明する。


概要[編集]

喧嘩祭り用の山車

武者等を模った人型やアニメキャラクターなどの絵を描いた山車燈籠を引いて街を練り歩くねぶた祭りは青森の代名詞であるが、血の気の多い若者達や若い武士達はただの夏祭りとしてだけでは血の気が収まらなかったといわれる。そこでこのねぶたの山車をこっそり持ち出しぶつけ合ったり、石を投げあったりする事でさらに過激に楽しもうと画策された。この目論見は大成功に終わったが、当時のねぶた祭りを滅茶苦茶にぶち壊してしまい、元祖カラス族とも言われる彼ら若者には夏祭りの時期に山車を貸さないように当時の長老達が決めあったとされる。

しかし当時の津軽藩より「実に武士らしく勇ましい」と称されたため、彼らに対してはお咎めなしとされ、さらに正月三が日の時期に人の迷惑にならない場所でのみ、壊れた山車はすべて自費で修理するという条件を持って、これらのねぶたを使った喧嘩祭りを許容されるようになった。この祭りを「元旦に行う苦の無い祭り」ということから「元旦苦」と呼称され、裏ねぶた祭りとでも言うべき形で地元の人達に愛され、現在でもこっそり行われている。なお現在ではねぶた祭りに使われる山車ではなく、喧嘩祭り用の丈夫な山車を使われている。

軍事利用[編集]

正しい使い方

宇宙世紀に入り、地球連邦軍はこの山車に注目し、ザクなどジオン軍モビルスーツなどに対抗するため、軍用のガンタンクを製造する。これは青森県出身の将校がテム・レイ技術大尉とタキム社、サムソニシム社等の軍事企業等とともに提出した案によるものである。上半身が人型、下半身が戦車という画期的なこの兵器は地球連邦軍の反攻に用いられ、多大な戦果をあげた。なお主な武装はコアファイターによる特攻などである。

関連事項[編集]