ガラパゴス化

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガラパゴス化」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ガラパゴス化」の項目を執筆してくれています。
「世界2位じゃダメなんでしょうか?」
ガラパゴス化 について、蓮舫

ガラパゴス化(がらぱごすか)とは、とある技術や文化が国際標準とは異なる方向へ独自に発展していることを指す言葉。とりわけ日本に対する褒め言葉として扱われる場合が多く、この項目でも日本におけるガラパゴス化について触れていく。

そもそもガラパゴス化とは[編集]

世界遺産ガラパゴス諸島では、他とは異なった閉鎖的発展を持った生態系を持っていることが知られている。そこから転じて、国際的な流れから空気を読まず閉鎖的かつ独自の発展を指す言葉となった。

日本がガラパゴス化し続ける原因としては、日本人高望みをしすぎているというのが大きく、高性能なものを求めすぎた結果、国際的にはそこそこでも十分であった流れについていけずに閉鎖的発展になってしまった。実際、世界的なそこそこの標準に満足できない日本人が多いのも事実である。

しかし、そのような発展が出来る日本の技術力は目覚しいものであり、結果的に日本に対する褒め言葉として今日も扱われている。

ガラパゴス化した皆さん[編集]

ここでは、ガラパゴス化した品々を紹介していく。

携帯電話[編集]

特にガラパゴス化が激しく、ガラパゴスケータイ略して「ガラケー」と呼ばれるほどである。まず、普通に使っていれば誰も気にしない通信方式が問題になった。黎明期(初期)においてはアナログ方式であったが、値段も高くて誰も気にしなかった

ところが、第2世代でデジタル化されると日本においては日本生まれの「PDC方式」PHSなんて・誰も使わないから・ちょっとこっち来い方式)[テストに出るよ!]が採用されたのである。

国際的には、「GSM方式」(グローバルで・すごく使いやすいから・難しくない方式)が主流であり、その時点で、海外のメーカーが日本市場への参入を出来なくなってしまった。

これに味を占めた国内メーカーは、次々と独自の機能を入れた。カメラ(これは最近国際的になりつつあるが)・絵文字はその典型である。そのため、現在通信方式こそ事実上国際標準にあわせるようになっても、独自な機能に慣れきってしまった日本人は、やっと参入できた国際メーカーの携帯端末に満足できなかった。それでもLG電子サムスン電子がガラケーにあわせたものを投入しているが、受け入れられていないのが事実である。

パソコン[編集]

かつてはパソコンもガラパゴス化の象徴であった。NEC(日本エロ電気)が開発・発売していた「PC-9800シリーズ」がその象徴である。PC/AT互換機が完全な国際標準であるが、日本はこのPC-9800に一時期完全に固執してしまった。もともとPC/AT互換機が日本語も含んだ2バイト文字が扱えないのが大きかったのも事実である。

やがて、PC-9800は終息。日本の標準もPC/AT互換機になった。パソコンに関しては逆に性能に無頓着であることが指摘されていると言われている。日本では、性能を抑えて持ち運びやすくしたノートパソコンが高額で売り出されている。そのため、日本のパソコンメーカーが国際戦争についていけていないことが目に見えた事実となり、結局携帯電話ほどではないがガラパゴス化は続いている。

インターネット[編集]

ガラパゴス化している文化傾向。

あなた様が今ごらんになっているインターネットも、日本では独自の発展を遂げている。たとえばYahoo!の場合、全世界では紫色の目新しいロゴやデザインであるのに対し、日本のヤフーはいまだに旧式のデザインをしている。

ウィキペディアがそうであろう。諸外国では、百科事典の名のごとくちゃんとしたもの調べで使われている。しかし、右の画像にあるように日本ではアニメのデータベースのような使われ方をしてしまっている。

アンサイクロペディアではどうだろうか。日本ではやはりアニメや声優鉄道といった大きなお友達御用達の内容になってしまっている。

国際的には「インターネット=情報を共有してあらゆることを調べられる国際的データベース」であるのに対して、日本では「インターネット=オタクが調べ物をする気持ち悪いもの」というイメージが若干ながらあるようである。よって、日本におけるインターネットの発展こそ、ガラパゴス化しているものの一つである。

なお、それに関係あるかどうかは不明であるが[要出典]、ウィキペディアのガラパゴス化の記事[要出典]には要出典[要出典]多く付けられている。[要出典]

軽自動車[編集]

皆さんご存知、日本独自の規格である。税金やら保険料やらで優遇されるのと引き換えに、全長、全幅、さらにはエンジンの排気量や出力の上限まで細かく決められている。しかし、その制限のしかたがトンチンカンなため、外国の小型車とはかけ離れた、変てこな自動車になってしまった。

まず、「全幅は1,48メートル以下」とかなり狭く制限されているが、全高の制限は、なんと2メートルである。それに目を付けたメーカーは、なんとか室内スペースを確保しようと、高さ方向にばかり車体を拡大させていった。その結果、ほとんどの軽自動車が食パンみたいな四角くて背の高い車種になっていった。

幅が狭いくせに背だけが高いから、走りは悪いし、カーブで横転することもよくある(←コレマジ)

また、車体の拡大にともない、ほとんどの軽自動車が800kgを軽く超える車重になっているが、エンジンの排気量は660ccしかない。こんなちっぽけなエンジンで無理に走ろうとするため、どうしてもエンジンの回転数が上がりがちになり、やたらとうるさい。おまけに、燃費は案外良くない。場合によっては、ヴィッツあたりの小型車のほうが燃費がいいぐらいである。

パワーを補うためにターボチャージャーを搭載している車種がやたらと多いが、それによって燃費がますます悪化している。

まあ、要するに

  • エンジン小さすぎ
  • 幅狭すぎ
  • 背だけやたらと高すぎ

なのである。

こんな車がバカ売れするとは、日本も変わった国である。

映画[編集]

最近では映画もガラパゴス化されている。

2010年の公開した『アバター』で立体映画が数多く作られた。日本でも数多く作られたのだが、「立体映画を作ったらヒットされなくなった」という盲信が起こしてしまい、『海猿』『東映スーパーヒーローフェア』など続編は2D化する退化現象が起きている。

関連事項[編集]

この項目「ガラパゴス化」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)