日経スペシャル ガイアの夜明け

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ガイアの夜明けから転送)
移動: 案内検索
ガイア……それは生きずく大きな生命体
混沌の時代にも希望を見い出し再生を果たして未来へ向う
そこにきっと夜明けがやって来る

日経スペシャル ガイアの夜明け(にっけいすぺしゃるがいあのよあけ)とは、テレビ東京系列で週に一回挿入されるコマーシャルに与えられた名称。その時間はなんと46分(調べ)にも及び、後発の日経スペシャル カンブリア宮殿と共にテレビショッピングを除けば日本一長いコマーシャルである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日経スペシャル ガイアの夜明け」の項目を執筆しています。

概要[編集]

「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」
日経スペシャル ガイアの夜明け について、ひろ(24)

インターネットの普及による広告収入減少を早くから察知していたテレビ東京では、新しい広告収入の可能性を模索していた。

そんな折、社員の一人が新たな提案を行った。それは通常番組が放送される一時間を確保してコマーシャルをあたかも番組のように放送することで、通常のコマーシャルと番組のように放送されたコマーシャルの二重の広告料を得ようとする試みであった。提案はすぐに受け入れられ、当時流行していたプロジェクトX調の脚色を加えて2002年未明に初めて挿入された。

一社に限らず、様々な企業や団体・個人、果ては業界全体についての宣伝を行うことを特色としている。第165回目の挿入時には、あらゆる報道規制により表現がわかりづらくなる昨今、高齢者に対する有料の電話相談サービスに「うなずき屋」というわかりやすいコピーを考え、大好評を博した。また、やらせがあると批判されることもあるが、そもそもこれは番組ではなくコマーシャルであるので、多少の脚色は当然である。

宣伝の依頼は公には受け付けていない。どのような企業・団体の宣伝を行うのかはすべてテレビ東京社員のコネと独断によるものである。また、広告料も社員の独断と偏見によりそのつど決定される。

OP・ED曲[編集]

  • OP 「鼓動」
  • ED 「夜空の花」 この曲が聞こえれば万事解決!・・・のハズ。強制終了させたいときにも利用可能。会社を。

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「日経スペシャル ガイアの夜明け」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)