カーネル・サンダース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この方は亡くなりました
 
カーネル・サンダース
Kfccruelty.jpg
基本資料
本名 ハーランド・デーヴィッド・サンダース 
通り名 カーネル・サンダース、カーネルおじさん 
生没年 1890年9月9日 - 1980年12月16日 
職業 実業家 
好物 ニワトリ 
嫌物 ドナルド・マクドナルド 
出身地 アメリカ 
出没場所 ケンタッキーがある場所

ハーランド・デーヴィッド・サンダースHarland David Sanders1890年9月9日 - 1980年12月16日)は、アメリカ海軍の軍人。そしてKFCの創始者である。カーネル・サンダースとして知られている。なおカーネル(英:colonel)というのは、陸軍大佐の意味である。海軍出身でありながら陸軍大佐の階級を所持するいきさつについては、後述する。

来歴[編集]

海軍入隊まで[編集]

インディアナ州ヘンリービルに生まれる。6歳の時に父親が亡くなり、幼い弟、妹の世話をさせられる。学校を7学年で中退して働き始め、15歳の時に母が再婚した相手から暴力を振るわれ家出をした。16歳の時に年齢を詐称して海軍に入り、一兵卒としてキューバで勤務した。

昇進[編集]

この時、調理師としてたぐいまれな才能を持っている事がわかり、出世の糸口を掴んだ。駆逐艦からはじまり、巡洋艦、そして戦艦、空母の司厨長を歴任し、艦の乗組員たちを美味しい食事メニューで喜ばせた。言わば裏方であり、砲術士や機関士といった花形ではなかったが、彼の料理は大勢の乗組員の支持を集め、昇進していった。一流料理店やホテルからのスカウトも後を絶たなかったが、サンダースはあくまで海軍の料理人としての立場に誇りを抱き、頑に拒否したという。

また、各国の海軍艦艇の料理メニューの研究も熱心に行った。1934年には来日し、そこで巡洋艦・龍田の司厨長が発明したという「竜田揚げ」にいたく感動したという。早速彼はこのメニューを採用し、竜田揚げをアメリカ海軍にも広めようとした。

だがその後、1941年には日本がアメリカに宣戦布告。竜田揚げに欠かせない材料である醤油の入手が困難になり、また竜田揚げなる日本語の名称も忌まれるようになった。やむなくサンダースは独自の味付けを開発し、新たに「フライドチキン」と名付けた。

艦長就任[編集]

そして1944年には、給糧艦「ケンタッキー[1]の艦長に任命される。たとえ給糧艦とはいえ、料理人が艦長に任命されるのは前代未聞の出来事であり、アメリカ海軍がいかにサンダースを評価していたかがわかる。同時に階級も海軍大佐(キャプテン)に昇進する。

1945年には戦争が終結する。だがケンタッキーの仕事は終わらなかった。食料不足に悩んでいた当時の日本に進駐する連合国の将兵のために、美味しい食事を提供するという任務が待っていた。だが、サンダースは多忙な軍務の合間をぬって、かつて来日時に世話になった、当時の巡洋艦・龍田の原忠一艦長の元を訪れた。そして原元艦長に対して、自分のフライドチキンを差し入れたのである。そのフライドチキンを食べた原艦長は驚き、かつ喜び、こう言ったという。「これは私の竜田揚げではない。この料理は君のものだ。君はケンタッキーの艦長だから、この揚げ物もケンタッキー揚げと言うべきだろうな。」こうしてサンダースのフライドチキンは、ケンタッキーフライドチキンと呼ばれるようになった。

追放[編集]

だが1949年、思いもよらないスキャンダルが勃発する。当時の日本の学校給食では、鯨の竜田揚げが供されていた。「貧しい子供たちに、安価な材料で美味しい給食を」という主旨の献立であったのだが、「鯨を食べるなど野蛮人のする事だ!」と、シーシェパードをはじめとするアメリカ人の轟々たる非難を浴びた。竜田揚げの発明者である原元艦長も首謀者のひとりであるとして連合軍のMPに拘禁され、グアムの軍事法廷で禁固6年の判決を受けた。当然ながら原元艦長と親交があったサンダースも関与を疑われ、階級を剥奪されて海軍を追放された。さらには給糧艦ケンタッキーの存在まで無かったことにしてしまったというから、いかに当時のアメリカ海軍が鯨信者に支配されていたかの実態がうかがえる。その後の日本の学校給食には、まずいパンとミルクが供され、この当時の給食を経験した世代にとってトラウマとなるほどであった。

除隊後[編集]

だが、サンダースはくじけなかった。有形無形の海軍による圧力に抗いながら、この美味しいフライドチキンを世界に広めるのが自分の使命と感じるようになった。彼はワゴン車に乗ってアメリカ中を駆け回り、ケンタッキーフライドチキンの製法を広めた。そして大勢の支持者が海軍の干渉にもかかわらずに、サンダースの活動に助力を惜しまなかった。特に協力的だったのが陸軍であった。日本に進駐した経験のある将兵は、ケンタッキーフライドチキンの美味しさを一番よく知っていたのである。陸軍は海軍大佐の階級を剥奪されたサンダースに対し、特別に陸軍大佐(カーネル)の階級を授与した。こうしてサンダースは、カーネル・サンダースと呼ばれるようになった。

死後[編集]

こうして名声を受けたカーネル・サンダースであるが、自分を追放した海軍に対する憎悪は深いものがあった。彼の死後、不可解な死を遂げる海軍関係者が続発したため、これは「カーネル・サンダースの呪い」であるという噂が流れた。詳細は該当項目参照…あれ? ちょっと違うような。

脚注[編集]

  1. ^ 本来はアイオワ級戦艦として就役する予定の艦であったが、海軍が空母建造を優先したため、艦種を給糧艦に変えて竣工した。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カーネル・サンダース」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
カーネル・サンダースが放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/実業家」へ収録されています。