カースト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
カースト制から転送)
移動: 案内検索

カースト(caste)、あるいはカースト制カースト制度は、人間が生きていく上で常に付きまとう身分制度である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カースト」の項目を執筆しています。

概要[編集]

カースト制度(以下カースト)は、学術的には、紀元前13世紀頃にアーリア人インド支配に伴いバラモン教の一部として作られたことになってはいるが、実際は人間が生誕されて以来常に存在している。

人間が生活していく中で各人が常に対等だと統制がとれず混乱の原因になってしまう。必ず支配する側とされる側に区別されている。

またこの身分制度は生まれながら概ね固定されており。支配者階級の者が非支配者階級に身を落とすことは容易いが非支配者階級が支配者階級に上がれることは稀である。俗に言う「親が貧乏人の子は自分が親になっても貧乏人の子を量産する」ということである。これを輪廻転生と言う。

また、自尊心を保つために「人を見下す」と言う心の闇は本人が否定していても遺伝子の中に組み込まれているようである[要出典]

なお、島耕作のように平社員からのし上がっていく者も稀にいるが、これは生まれ持ってのカーストにより決定されていることであり、下層カーストの者が上位カーストに上がることはまず無い。

カースト[編集]

人間がコミュニティを形成するあらゆるところにカーストは存在する。また、同じ階級の中でも細分化されている。

各処のカースト[編集]

基本的なカースト[編集]

階級 呼称
支配者 経営者 政治家 官僚など
一般 正社員 公務員など
準一般 派遣社員 契約社員 期間従業員 日雇いなど
自由人 NEET 自宅警備員 引きこもり ホームレスなど

某会社のある組織におけるカースト[編集]

階級
工場長
製造部長
○○課長
○○組長
○○班長
指導員
正社員
期間従業員
請負派遣社員

関連項目[編集]