カンニングペーパー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

カンニングペーパーとは、学生に愛好家が多いエクストリームスポーツであるカンニングをする際に、たびたび使われる特殊ツールである。略してカンペというものもいるが、ただ単にメモと呼ぶものもいる。


概要[編集]

もっとも人気の高いテクニックのチラ見は、前後左右周辺が成績がそこそこよい人でなければならない。そのため周辺がみな成績が悪い場合、白紙のままということもたびたびある。よってこのテクニックは運の要素も多少必要になってくる。それに比べカンニングペーパーを使う場合、周辺が誰であれど実行することが出来るため、得られる成果が非常に大きいとされる。

使い方[編集]

  1. 覚えきれない内容をカンニングペーパーに記す。手の甲、消しゴムケースなどは得点が高いが、難度も高く失敗しやすい。ボディペイント、つけ爪、カツラ刺青、3Dアートなど、ファッションを取り入れた方法も模索されている。刺青はかのプリズンブレイクでも実践されている。
    しかし刺青は後のことを考えるとあまりやらないほうがいいかもしれない。最もバレないと思われるのが、自分の爪に書く。テストが始まったら答案用紙に書き、爪をこすって消す。なお、一番前に座っている人は難しい。
  2. 筆箱などに忍ばせる。刺青の場合は火傷を装い、腕に彫ってリストバンドで隠す
  3. 試験中に教師にばれないように見る。

その他 [編集]

使用者は一般に学生が多いが、放送業界では年齢に関係なく、司会者や政治家も盛んに使用している。しかし、見せびらかすと問題が多いため、カメラには映らないよう細心の注意が払われている。また、聖徳太子も愛用してこともあったかもといわれている。そして、船場吉兆ささやき女将が使用した事はあまりに有名。

関連項目[編集]

Uroborosu.png え、えーと…この項目って本当にカンニングペーパーであってたっけ?
ちょ、ちょっとぉ! シカトしてないで教えてよ! (Portal:スタブ)