カロリーメイト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

カロリーメイト(かろりいめいと)とは、食べる栄養スポンジのことである。

概要[編集]

カロリーメイトは大塚製薬による栄養調整剤として売られている。三つのタイプがあり一つはイギリススコットランドにおける伝統的な菓子、ショートブレッド、一つは病院で子ども用にふるまわれる流動食、そして一つは喉にへばり付くこんにゃく畑のゼリーをそのまま売り出している。ただしそのままであるとケチがつくので、大塚製薬が独特のアレンジを施しているのも特徴である。

種類[編集]

ブロック[編集]

ブロックは一般に親しまれている種であり、前述の通り外見はショートブレッドそのものになっている。しかし大塚製薬はこれの中身と水気に手を加えた。中身としてはプロセスチーズ味、チェダーチーズ味、モッツァレラチーズ味、カマンベールチーズ味、ゴーダチーズ味とチーズ一辺倒な様子がうかがえる。最近ではただのチーズクッキーじゃないかという苦情によりチョコレート味、メープル味なども作っている。だが最近はケチがつかないと踏んだのかプレーン味という名のショートブレッドそのものが発売されている。

しかし本当の着手したところは水気であった。ショートブレッドはしっとりし過ぎており、逆に不味さが浮き出てしまっていた。だが大塚製薬はここから水分を完全に抜き取り、乾燥してパサパサとしたクッキーにすることができたのである。チーズ自体も乾燥したほうがおいしいということで、社内では大好評であった。少なくとも、すぐそこに水があれば。

[編集]

缶タイプは医療用として作られた種であり、流動食そのものである。いくらか味のバリエーションがあるが、あまり表舞台に立つことはない。スープタイプではあるものの味はカフェオレやコーヒー、ココアにカフェラテとほぼコーヒーばかりであり、ブロックとは対照的、またスープタイプという名にそぐわない味が特徴的ともいえよう。

ゼリータイプ[編集]

カロリーが豊富なゼリーと言えばそれもそうだが、ただの果物ゼリーといっても過言でない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

実用性[編集]

カロリーメイトはパサパサとしているもののため腐りにくく、より長期的な保存ができるものが非常用・備蓄用としても蓄えられている。主にブロック状の長期保存タイプとして備蓄されている。一方でそのようなカロリーメイトを備蓄する際、説明書水と一緒に備蓄することと記されている。だがカロリーメイトは湿気に弱い体質であるため、水を置くことはタブーのはずだが、水を置いているのは一説には唯でさえ乾いた喉をつぶさないようにする大塚製薬のせめてもの配慮ともいえよう。


関連項目[編集]


この項目「カロリーメイト」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)