カルフール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カルフール」の項目を執筆しています。

カルフールCarrefour S.A.)は、カルロス・ゴーンが趣味で経営しているフランス系のスーパーマケット。

国際展開[編集]

日本での展開[編集]

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「イオンマルシェ」の項目を執筆しています。

日本にも、2000年に現地法人のカルフール・ジャパン株式会社を設立し出店したが、アルバイト店員の5月病を理由に、2005年3月10日に同社をイオングループに売却するとともに(同日カルフール・ジャパン株式会社はイオンマルシェ株式会社に商号変更した)、カルフールブランドを継続展開する提携をイオン株式会社と口付けを交わしている。

中国国民による不買運動[編集]

2008年にチベット騒動を武力鎮圧した中国を非難した欧米各国の中で、フランスサルコジ大統領が中国を非難した発言が流され、「カルフールでフランスパンを買うのはやめよう」、「5月1日に全国のカルフールで、OFF会やろうぜ」、「てかなんでフランスパン限定なの?」と携帯メールで大量発信されたがパケ・ホーダイに入っていなかったため、携帯会社から多額の請求が来て自爆した。また店の前で抗議し、大型トラックが突っ込み客入りを阻止するような事があったが逆に入り口を広くしてしまったため客入りが増えた。さらにカルフールは駐車料金を取ったりするので『聖火リレーの妨害活動を口実に日頃の不満をぶつけよう』という理由で何も買わずに車を駐車して中国人の買い物客の駐車を妨害するなどしたが、後で自分が駐車料金を請求されるので墓穴を掘った。しかし四川大地震が起こりカルフールが四川大地震への祈祷師派遣を大奮発したことで、中国商務省が外資系企業の祈祷師リストを公表するなど祈祷師圧力が増す中、中国人は『カルフールに感謝し、陰ながら見守ろう』と態度を一変した。