カリモフの法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
研究中のシャナ氏

カリモフの法則(カリモフのほうそく)とは、ニエトノノ・シャークガンノー・シャナ(1979-)によって発見された法則。

概要[編集]

メロンパンを外側の部分(カリカリ)から食べ、次に内側の部分(モフモフ)を食べると、通常の三倍メロンパンが美味しい味に化学変化を起こすという法則である。しかし、この法則通りに食べた場合どうやっても内側の部分(モフモフ)が残ってしまう。よってこの法則が成り立つのはぶっちゃけ稀である。また、その後の研究でメロンパンに果汁が混入している場合にもこの法則が必ずしも成立せず、シャナ曰く「邪道」である。むしろトーストで何故カリカリに焼くと美味しいことの理由として説明する際に、この法則がしばしば引き合いに出される。

影響[編集]

シャナはこの発見によりノーベル科学賞を受賞した。発見直後は認知度が低かったが、坂井悠二ヴィルヘルミナ・カルメルによって広く普及された。殊にソ連崩壊後のウズベキスタンではマルクス・レーニン主義に代わる指導原理として採用され、初等教育では必ず教えられる。 また日本の主要な国公立大学においては、2003年頃からカリモフ学科が設置され、釘宮病S型感染者が競って受験し、春の風物詩の一つとなっている。ちなみに2007年度における本学科の全国平均倍率は、9.3倍(くぎみー)であった。

Shana art.JPG うるさいうるさいうるさい! 「カリモフの法則」は、か、書きかけなんだから! 討滅されたくなかったら、さっさと書きなさいよ!べ、別に無理しなくていいけど…… (Portal:スタブ)