カマタマーレ讃岐

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カマタマーレ讃岐」の項目を執筆しています。

カマタマーレ讃岐(-さぬき、Kamatamare Sanuki)は、香川県高松市に本社、丸亀市に本店を持つ讃岐うどんチェーン。サッカー部はJ2リーグに参加する強豪として知られる。

概要[編集]

もともとは1959年に高松商業高等学校のOBが協力して設立したさぬきうどん店である。その後命名権の売却や行政による支援などの紆余曲折を経て、2006年に現在の名称になった。現在のカマタマーレ讃岐という名前は命名権の契約が切れて買い手がつかず困っていた時に取引先の会社の社長に考えてもらったものであり、讃岐という旧国名で地域密着感を感じさせ、かつ主力商品として「釜玉うどん」を押し出した形になっている。

主力商品[編集]

サッカー部の試合にうどんは持ち込めない

カマタマーレの主力商品といえばなんといっても釜玉うどんである。カマタマーレという名前から無理やり主力商品にさせられているが、香川県では釜玉うどんはあまり一般的な食べ方ではなく、実際の売上は釜玉うどんではなく、通常の讃岐うどん店でもよく見られる、素うどんにトッピングという形のものが大半を占めている。なお、このトッピングの中にはが含まれており、釜玉うどんとして頼むより「さぬきうどん+卵」で頼んだほうが安い(ただし、釜玉うどんは専用の器で出てくる、卵以外にも具材が入っているなどの違いがある)。

マスコット[編集]

CMやサッカー部の試合などに出演するマスコットにはカマちゃんとタマちゃんがいる。漫画家いしかわじゅんに讃岐うどん1年分提供という契約で書いてもらったキャラクターだそうだが、名前の通り、カマちゃんは検閲により削除、タマちゃんはアーン♥♥である。一般にもよく知られているキャラクターがこのような公序良俗違反ぎりぎりのキャラクターを扱っているのは不思議であるが、実際そうなっているのだから仕方がない。

サッカー部について[編集]

カマタマーレと聞いて県外の人がまず思い浮かぶのがサッカー部だろう。サッカー部は昔から四国ではよく知られていた強豪であったが、他の地方のサッカーチーム同様地域リーグから勝ち上がれない状態が続いていた。しかし2010年、西日本社会人大会、四国リーグ、社会人選手権大会で優勝、また地域リーグ決勝大会では予選リーグ、決勝ラウンドともに全勝(PK勝ち含む)で優勝して4冠を達成したことにより、ついにJFLへの昇格が決定した。今は佐川印刷SCなどに代表されるJへの門番クラブの一つとして活躍しているが、将来的にはJリーグに上がろうという構想もある。事実、2013年のJリーグ加盟も目指していたが、資金不足による実力不足により断念している。

関連項目[編集]