金鎚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
カナヅチから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金鎚」の項目を執筆しています。

金槌(かなづち)とは、様々な用途に用いられる棒と硬質の頭部分から成り立つ道具である。似たような道具として、ハンマー、木槌、土左ェ門などが挙げられる。

概要[編集]

金槌とは、一般的には木材に釘を打ち込むために供される。そのくせ、往々にしてバールのようなものと呼ばれている不思議な道具でもある。そのためか、多くの金槌において、簡易な、「ようなもの」ではないバールが付随している。あわせて、なぜか金属バットだけ、いまだに一般名詞として存在しているのも不思議な話である。

歴史[編集]

かなづちの歴史は古く、すでに石器時代に、によって構成された道具が三内丸山遺跡より発掘されている。もっとも、かなづちができた当初から、すでに打ち込むものが木材であったり、石であったり、頭部であったりしたことは明白な話である

また、時代が進むにつれて、柄の先端につく素材が変化しており、斧やハルバードといった大型武器のほか、フレイル、モーニングスターといったどう考えても木に対しては使用しない道具へと変化し、材質も金属の精錬技術が向上するにつれて、木材、、青銅、、イリジウム、劣化ウランへと変化している。これは、頭部に打ち込む以外に、戦車の外壁に打ち込むことを想定し始めたことを意味している。なお、現在、一般的に使用されている金槌が形成されたのは江戸時代中期と言われている。同じ頃、成瀬川土左衛門という、おなかがガスで膨らんでいるように見えた色白の力士が存在したことも、ある意味奇跡である。

なお、近年は頭部に打ち込む道具として、拳銃が主流となっているため、明らかに近接武器である金槌が頭部に使用される事は少なくなっている。少なくなっていないのかもしれないが、バールのようなもので一括りにされているとなかなか実体がつかめない。

作り方[編集]

  1. まず、長い棒を用意する。ただし、長すぎるとポールアックスやハルバードといった兵器になるため、20センチから1mぐらいの大きさで調整すること。
  2. 先端部分に固いものをつける。石を紐でくくりつけてもよし、の部品を差し込んでもよし、ルーン文字が書かれたミスリル製の刃をつけてもよし。各人の自由である。
  3. 打ち込む。それが、釘や加工した石、もしくはドラゴンのどてっ腹だった場合は特に問題はないが、なにかの頭であった場合、君の作った道具があっという間にバールのようなものに変化してしまうため、使用する際には注意が必要である。
  4. それがいやなら、最初から金属をバットの形で加工してフルスイングすることをお勧めする。

用途[編集]

  1. 釘を打つ
  2. 軽く頭を打つ
  3. 側頭部にフルスイング
  4. 天長部にバール側を向けて一気呵成に振り下ろす
  5. 丑三参り
  6. 裁判にて、静粛にさせた後、主文を最初から読むために
  7. ベルリンの壁に打ち下ろした後、色々な混乱を引き起こして100万人規模で犠牲者を出すために

関連項目[編集]