カテジナ・ルース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者達のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「カテジナ・ルース」の項目を執筆していますよ、カテジナさん
「おかしいですよ、カテジナさん!」
カテジナ・ルース について、ウッソ・エヴィン
「お前は生きていてはいけない人間なんだぁー!」
カテジナ・ルース について、カミーユ・ビダン
「このカテ公すごいよぉ!」
カテジナ・ルース について、ギム・ギンガナム
「こんなカテジナのおナイフ、僕は刺されたくないよ!」
カテジナ・ルース について、ハゲ
「このエキセントリックさ・・・また、やりたいであります、ああいう役!!!」
カテジナ・ルース について、ケロロ軍曹

カテジナ・ルース、すなわちカテジナさんガンダム業界というかアニメ界最強にして最凶のですよ、カテジナさん冨野監督の考える女性の負の部分を全部凝縮した存在といっても過言ではないですよ、カテジナさん!ちなみに機動戦士Vガンダムの登場人物ですよ、カテジナさん

目次

[編集] 概要ですよ、カテジナさん!

まだ白いカテジナさん。

[編集] 世間での評価

彼女に比べれば水銀燈などただの女の子型人形に過ぎず、西園寺世界竜宮レナも普通の女の子ですよ、カテジナさん!もはやツンデレとかヤンデレとか黒デレってレベルじゃねーですよ、カテジナさん!「可愛い眼鏡っ子が出てきた瞬間、バイク戦艦に轢き殺される」「水着のお姉さんがガンダムのビームサーベルで蒸発」という、今放送すれば毎回Nice boat.は確実、世界一人命の軽いアニメ『機動戦士Vガンダム』の中でも一際黒い存在ですよ、カテジナさん!愛機のゴトラタンはカテジナさんの中と同じような色らしいですよ、カテジナさん

[編集] アニメでの活躍ですよ、カテジナさん!

もともとのところ、カテジナさんはちょっと田舎くさいただの少女だったんですよ、カテジナさん!でも以前から親との関係がうまく行かなくて黒カテジナ化する素因はありましたよ、カテジナさん!家を焼けだされて、リガ・ミリティアという組織に助けられても悪態つきまくりですよ、カテジナさん!そのうえ、伯爵と一緒に敵組織にさらわれますよ、カテジナさん!伯爵はギロチンにかけられましたよ、カテジナさん

レイプ目ですよ!カテジナさん

その後、ザンスカール帝国の思想にそまったカテジナさんはマジでヤバイですよ、カテジナさん!シュラク隊の面々はカテジナの前に出てきた時点で死亡フラグですよ、カテジナさん!その後のはっちゃけっぷりもかなりのものですよ、カテジナさん!愛するクロノクルとウッソを戦わせて悦に入る様はまさしく邪悪そのものですよ、カテジナさん!愛しいヘタレのクロノクルにも思いっきりツン行為ですよ、カテジナさん!なにげに強化人間になってたんですね、カテジナさん!最終回で「ウッソとともに序盤から一緒に行動してきた頼れる兄貴分」「途中で合流してきた難民少女と淡い恋が芽生え始めていた」オデロ・ヘンリークを突如撃墜はいくらなんでも酷いんじゃないですか、カテジナさん!最終回最後の悲惨さも必見ですよ、カテジナさん

[編集] 名言録ですよ、カテジナさん!

「ウーイッグの街はこういうふうに爆撃されて良かったんです」
住んでた町を爆撃されてこの台詞はおかしいですよ、カテジナさん!ていうか第一話から飛ばしすぎですよ、カテジナさん
「怖い人だけにはならないでね・・・ウッソ」
貴女が怖い人ですよ、カテジナさん
「カミオンのおじいさんたちのやり方では地球は永遠に絶望的よ。だから、私はこの方からザンスカールのやり方を学ぶつもりなの」
ザンスカール=敵の組織。いきなりですか、カテジナさん
「あなたは、思いこみだけで走りすぎて、周りを何も見ていない!」
そっくりそのまま貴方にかえしますよ、カテジナさん
「貴様たち!その態度、覚えておけ!!」
言ってすぐにタイヤMSで轢き殺すなんて、覚えておくヒマ無いじゃないですか!カテジナさん
「このアインラッドつきのモビルスーツなら、私でもビクトリーと戦える!あのルペ・シノのおばさんや、リガミリティアの連中の鼻もあかしてやれる!」
タイヤMSに御満悦で、思わず上官をおばさん呼ばわりですよ、カテジナさん!でも直後にV2が登場して残念すぎですよ、カテジナさん
「私は、ザンスカールが目指しているものを見たいのよ!オールドタイプの古い人たちのつくった世界が変わっていくものを!」
ギロチンを使ったり、タイヤで地ならしするべスパの方が古い考え方ですよ、カテジナさん
「いちいちこれみよがしに強くなって現れる・・・かわいくないのよ!!」
いきなりデレ始めましたよ、カテジナさん!しかもウッソ君もまんざらでもなさそうですよ、カテジナさん
「あなたは子供のくせに重っ苦しいの。今度戦場で会うことがあれば確実に仕留めてあげるわ」
あまりのショックでこの後ウッソ君にカテジナと遂に呼び捨てにされますよ、カテジナさん
「腐るものは腐らせ、焼くものは焼く!地球クリーン作戦の意味もわからずに!!」
汚物は消毒ですよカテジナさん
「今はこっちの武器の補充が先だ!」
弾も燃料も人一倍使うから整備兵にまで愚痴をこぼされますよ、カテジナさん
「たとえ人質が死んでも、渡すわけにはいかない!」
この後、ウッソ君のお母さん(人質)は首チョンパですよ、カテジナさん
「とうにおかしくなっている!」
そうなんですか!?カテジナさん!というか自覚してたんですか!?カテジナさん
「・・・そうだよ。そそっかしさではなく、真の強さをあたしに見せて欲しいのよ・・・」
誰も見てないところで本音を吐きましたよ、カテジナさん
「ネネカ達のその美しい姿は、白いやつのパイロットを幻惑させる効果があるんだよ。ことに、あの坊やにはね」
おかしいですよ!カテジナさん
「少しは迷ったか。信念を貫く子供など、薄気味が悪い・・・!」
おちょくりすぎですよ、カテジナさん!でもちょっと同意ですよ、カテジナさん!!
「あたしを殺そうとした!?・・・幻を振りきって、あたしのことまでふりきったか。ふっ、アハハハハ!!」
ウッソ君がキレたのにちょっとだけビビってましたよ、カテジナさん
「戦場で歌が聞こえるだと?ふざけたことを・・・!くっ、黙れ!傀儡のリングめ!!」
シャクティの歌でご機嫌斜めですよ、カテジナさん
「トチ狂ってお友達にでもなりに来たのかい!?アハッ!」
アハッの声が相当ヤバい域に達してますよ、カテジナさん
「あたしはね、クロノクルという巣を見つけたんだ。なのにお前とシャクティは、それを笑った!チビのくせに!」
ただへタレを従えてるだけですよ、カテジナさん
「クロノクル、来い!!」
「クロノクル遅いぞ、どうした!!」
自分の男を完全に犬扱いですよ、カテジナさん
おかげでリーンホースの特攻許しちゃいましたよ、カテジナさん
「ダメだよ。クロノクルとウッソの戦いに、他人を入れはしない。この戦いはねぇ・・・2人の男が、あたしを賭けて闘ってるんだ。だから邪魔はさせないんだよぉ!!」
シュラク隊のお姉さんをまとめて皆殺しですよ、カテジナさん
「ベスパだろうと、リガ・ミリティアだろうと・・・あたしの腕の中の男たちの邪魔はできないんだよぉ!!はぁぁぁぁぁあ!!!」
ゴトラタンの手がそのままモビルトレース状態ですよ、カテジナさん
「戦え、クロノクル、ウッソ…。あたしの手の中で戦いなさい?勝った者は、あたしが全身全霊を賭けて愛してあげるよ…?」
マジで勘弁して欲しいですよ、カテジナさん
「こ、この光・・・人を逆立てるぅ!!」
何でオデロが死ななきゃならないんですか、カテジナさん
「あたしが好きなんだろう、ウッソ…。ずっと愛していたんだよね?」
待て、これは孔明の罠ですよ、カテジナさん
「どうしようもないでしょう?こうまで君と戦ってきたあたしは、クロノクルのところに行くしかないのよ!だったら、潔く君の手で、このあたしを…!」
その後の展開はガチでNice boat.ですよ、カテジナさん
「クロノクル、白いヤツを手向けにしてやる!そしたら・・・はずれた!?なんで!!」
最後の最後でドジっ娘炸裂ですよ、カテジナさん
「まやかすなぁっ!」
幽霊は苦手だったんですね、カテジナさん
「ワッパのオートコンパスが壊れてしまって・・・方向がわかりません・・・ウーイッグはどちらでしょう?」
黒いものが抜けてかえってヤバい感じですよ、カテジナさん!ていうか盲目で記憶喪失の彼女を敢えて無視するシャクティの方が怖いですよ、カテジナさん

ああ、ちなみに某堅苦しい百科事典に書いてある「死より重い罰を与えたかった」「カテジナはシャクティだと気付いていた」ってのはソースのない都市伝説だから。書き換えようとしても重度のネチペディアンに阻止されるので注意な。

[編集] トチ狂って関連事項でも見にきたのかい?


段ボールロボ.jpg この「カテジナ・ルース」は、まだ個性無き陸戦型ガンダムです。ガンダムEz8にするべく、戦争を経験させる必要があります。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス