カツアゲ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カツアゲ」の項目を執筆しています。

カツアゲとは揚げ物の一種で複数個同時に揚げることが特徴。周囲のから揚げを飛び跳ねさせることが多々ある

概要[編集]

これは揚げ物である。基本的に冷めているが温度がある地点に至ると突如発火し周囲の揚げ物を炭化させる。ヤンキーと呼ばれるものを原料としてそこに金欠、バイト不合格、両親との不仲などの衣をつけることで作成可能。

特徴[編集]

  • 周りのものがよく跳ねる。特に同じ揚げ物はよく跳ね、から揚げなどは最もよく跳ねる。
  • 基本的にゴミのような味がする。まるで社会のゴミのようだ。
  • バイクに乗りつつ食べると通常時と違いおいしく感じられる。これはバイクの疾走感で味が薄く感じられて衣の豪華な感じにより脳が旨いものと錯覚するからだとされている。
  • これを食べているとき教師などに会うと衣をはがされたり中身の良質化が行われおいしさが増す。
  • DQNと呼ばれる者たちによく食される。
  • ↑そして教師に会う。

調理方法[編集]

  1. 手始めに手ごろな人間をベースにします。身近にヤンキーがいるならそちらでもかまわないですが彼らは手のひらの上で反抗するのでお勧めできません。けれど手順をスキップしたいという方にはお勧めです。
  2. (ここからしばらく人間をベースにした方向け)彼らを飼育します。その際痛めつけて精神をひねくれさせることを忘れないでください。よい例としては親の不倫、学習で周りについていけなくなった、親の離婚失恋絶交などがあります。
  3. 中学生になったら悪めの友達と交流させましょう。いい感じの味が出てきます。
  4. 十分ひねくれて育ったら彼らから金銭を奪いましょう。ただし全額奪い取ってはいけません、数百円から千円くらいは残してあげましょう。そうすることでぎりぎり使用可能な金額ではあるが中学・高校生には圧倒的に足りない金額になります。
  5. (ここからヤンキーを選んだ方も参加)するとどうでしょう。彼らは次々と弱いから揚げに複数人で襲撃していきます。このままでも十分カツアゲと呼べますがもっと進化させましょう。
  6. ここで再び彼らの性格をひねくれさせます。今度はもう徹底的に痛めつけましょう。かまいません、彼らはもう社会の屑です、これは制裁です。
  7. するとより陰湿で見た目の汚いカツアゲができます。それでも足りないのなら手順6をもう一度行えばより陰湿なカツアゲになります。

関連項目[編集]