カイザースラウテルン大虐殺

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

カイザースラウテルン大虐殺(-だいぎゃくさつ)とは、2006年6月12日にドイツのカイザースラウテルンという都市で行われた豪州人による、日本人虐殺事件。

事件の概要[編集]

豪州・日本両国は、当時ドイツで行われていたFIFAワールドカップに参加しており、この日が対戦日であった。ワールドカップは過去17大会全てを屈強なプロで固めた欧州・南米勢が制しており、今大会もそれが続くことは確実だったので、アマチュア同士の試合である日豪戦は勝負にこだわらず、両国の親善を深める趣旨で行われた。

試合は、前半に日本の中村俊輔が右サイドからクロスボールを入れた。それをキャッチしようとした豪州のGK、マーク・シュワルツァーが日本の高原直泰柳沢敦に妨害されたように見えたがファールはならず、そのままゴールが認められた。親善ムードで行われていた試合はこの誤審を境に次第に険悪なムードとなっていく。

後半、酷く負けず嫌いな性格である豪州のフース・ヒディング名誉監督は、親睦試合であるにもかかわらず、セミプロの選手であるティム・ケーヒルジョン・アロイージジョシュア・ケネディを投入し、本気の勝負に出た。一方の日本のベンチにはセミプロ選手はおらず、ジーコ名誉監督はフリーター茂庭照幸僧侶小野伸二を送り出すことしかできなかった。

そんな状況下で、酷暑の中で何度も苦手とするパワープレーを挑まれ続けたため、日本選手はもはや終盤には走ることもジャンプすることもオシャレをして街に出る事すらもできなくなり、悲惨な状況となった。

そして試合最後の9分間で豪州人は3点を奪い、日本人に対し凄まじい精神的虐殺を行った。また、スタジアム内、及びカイザースラウテルン市内においても豪州人による日本人虐殺が行われた。

事件後[編集]

事件後、日本は「最後の9分間は試合と呼べるものではなく、無抵抗の人間に対する虐殺である」として国際司法裁判所に訴えた。これに対し、豪州は「このような過酷な時間帯に試合を設定したのは日本と電通であり、日本側に事件の責任がある」とした反論した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]