オールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オールスターゲーム (日本プロ野球)」の項目を執筆しています。

オールスターゲーム(-)とは、7月に行われる2日間だけのお祭り騒ぎである。

概要[編集]

お祭りは毎年超満員。観客の熱気が見て取れる。

各球団から屈強であり、俊敏であり、技術の高い男たちが一堂に会する。祭りの原型は戦前にできており、意外と歴史のあるものでもある。これまでに幾度となく迷勝負や特殊イベントを起こし、ファンを熱狂させた。セ・パ交流戦が始まるまでは、両者がシーズンで初めて顔を合わせる貴重な機会であった。セ・パ交流戦が始まってからもこのお祭りは根強い人気があり、ファンを大いに楽しませている。真に強い者同士の魂と肉体のぶつかり合いは見るもの全員を熱中させる。この日だけは選手やファンも球団の垣根を越える。ただしリーグの垣根までは超えない。

使う球場はセ・パのそれぞれ本拠地からランダムで選ばれる。鯉の親会社が協賛しているので、選ぶ球場にマツダスタジアムを選ばなくてはならないという堅苦しいルールはなく、お祭りの自由さがうかがえる。

祭りの始まりから終わりまで[編集]

選手投票[編集]

ファンが各々お気に入りの選手を選ぶことになる。選ぶ理由は強いから、イケメンだから、ネタになりそうなど何でもあり。ただし常識の範囲内にとどめておかないと後で痛い目を見る。ハガキインターネット電話など投票方法は様々だが、お勧めはインターネットである。インターネットなら1日1回の投票が可能なので、投票開始日から終了日まで毎日コツコツ投票すれば、1人で20票近くかさ増しが可能である。友達家族を誘えばその数は莫大な数となるのでなるべく誘った方が良い。 しかしそのようなことをあまりにも大人数でやると、組織票で選ばれたネタ選手が1人や2人出場ということになりかねない。これではせっかくの楽しいお祭りが戦争になりかねないので、監督や選手が成績のまともな選手を出すことも可能なシステムが存在する。

開催内容[編集]

お祭りだからあり得ないことも起こる

まず前座として、屈強な男たちが固い肌色の棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを柵より遠くに飛ばして点を入れるスポーツに相応しく、ホームラン競争が行われる。柵より遠くに飛ばせば1点、それ以外はもちろん0点である。0点を一定の数とってしまうとそこで終了。最終的に、より多く白いものを柵より遠くに飛ばした者が勝者となる。両リーグから選りすぐりの屈強な男たちが選ばれるので[1]その屈強な肉体やスイングなどの一挙一動に注目が集まる。

そして、前座が終わるといよいよメインイベントである試合が開始する。 試合はお祭りだからなんでもあり!…というわけではく、縛りプレイで行う。

ルールは以下の通り。

  • 変化球をなるべく使用しない(変化球禁止だと配球もクソもなくなり、キャッチャーの影が薄くなるから)
  • 投手は3イニング以内で引きずりおろす。
  • 1塁・3塁コーチは普通の選手

この縛りプレイが試合をより面白くさせ、ありえない贅沢な継投や特大ホームランなど特殊イベントの発生に貢献している。

選手表彰[編集]

楽しい楽しいお祭りが終わると、このお祭りで自らが屈強であり、俊敏であり、技術の高い男であることを証明した者たちが表彰を受ける。一試合ごとに選び、これに選ばれるのは数人である。最も屈強であり、俊敏であり、技術の高い男であることを証明した者には、そして最高の栄誉が与えられる。

脚注[編集]

  1. ^ 彼らを選ぶのもまたファンである

関連項目[編集]

ExSport.png この項目「オールスターゲーム (日本プロ野球)」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)