オーキド・ユキナリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

'オーキド ユキナリ(おおきど ゆきなり、1946年'2月 - )は日本?の生物学者。専門は携帯獣学。タマムシ大学携帯獣学名誉教授。タマムシ大学携帯獣生態研究所(後のオーキド研究所)所長。ポケモン協会理事携帯獣博士ポケモン川柳協会常任顧問。

人物情報
氏名  オーキド・ユキナリ
誕生  1946年2月 カントー地方マサラタウン
居住  マサラタウン
国籍  日本?
学問
研究分野  生物学(携帯獣学)
研究機関  タマムシ大学
大学母校  タマムシ大学
博士課程  
指導教官
主な業績  携帯獣の属性による分類法論 など

概要[編集]

カントー地方マサラタウン生まれ。2歳の時、肉親を全て失う。幼い頃からポケモンに興味を持ち、スケッチブックを持っていってはポケモンを観察し絵を描いたりして過ごす。18歳の時タマムシ大学に進学し携帯獣学を専攻。その頃ナナカマド1936年2月 - )氏と出会う。異例中の異例の若さで大学を卒業しタマムシ大学院へ。20歳という若さで博士課程の卒業。卒業論文のタイトルは「携帯獣研究序説論」。この論文は、携帯獣学に関する論文の中で歴代でもっとも被引用回数の多い論文である。 「携帯獣研究序説」でポケモン学会の注目を浴び、前代未聞の25歳の若さでタマムシ大学から名誉教授の称号を授与される。現在はポケモン協会理事、タマムシ大学携帯獣生態研究所所長(後のオーキド研究所)に就任している。同期に阿笠博士先生栄一郎

人物[編集]

研究[編集]

学生時代から日々研究に励み、常にトップ成績だった彼はよく親しい教授陣と議論を重ねたり、学生の先輩、後輩と共に徹夜ぶっ通しで研究をする毎日を送っていた。彼の行動はタマムシ大学の携帯獣学の研究を大いに活発化させたという。その背景には主に先輩に当たるナナカマド氏、教授にはニシノモリ名誉教授(偶然ポケモンが縮小して休まることを発見した人物)にいたる研究環境と、学部生独自研究会に始まるタマムシ大学での活発な研究活動がある。

卒業後も30代まで自らの研究室で学生と共に徹夜議論・研究を行っていたという。

最年少名誉教授就任[編集]

名誉教授就任は元々彼自身が決めたことではない。というより名誉教授の就任について彼は頑なに断っていた。しかしポケモン学会、タマムシ大学はなんとしてでも彼を名誉教授に就任させる為に親しい研究仲間やニシノモリ名誉教授などを説得にあたらせ、さらに極少数の反対派学生を停学、退学処分にさせるなどあらゆる手を使って、彼を強引に名誉教授の就任にさせたという。

彼は就任後「研究者に役職など要らない」と憤慨し辞職をしようとしたがニシノモリ名誉教授にとめられたという。(ジョウト地方ラジオ番組『オーキド博士のポケモン講座』より)

教育への苦言[編集]

『小学校卒業みんなが大人法』で義務教育は小学校までと定められているが彼は「今日本の教育が衰退し、携帯獣学の研究者だけでなくあらゆる部門の研究者の数が年々少なくなっている。このままでは日本の研究者がいなくなってしまう」と危惧し小学校までの義務教育を中学校まで引き上げるべきだと訴えている。また、日本の基礎科学への研究費配分が不十分との懸念を示しており、「限られた資源のなかで、役に立つ科学・分かりやすい科学・大学の外で市場原理のもとで成り立つ科学などが研究費の餌場として雪崩れ込んでいる」と指摘し「大学の基礎科学が危ない」と警鐘を鳴らしている。

テレビ放送への苦言[編集]

1997年は4月から成田離婚が放送される予定だった。ポケモントレーナーに見せることができる番組では到底ない。放送開始を6か月遅らせるのが精一杯だった。だから特殊時空にした。

レインボーブリッジを封鎖せよはポケモントレーナーの心得が対比的にわかるようになっておるぞ。じゃが洋梨を食えんのが残念じゃわい。サトシくんゴウカザルを連れて行ってくれんかのう。

ポケモン川柳研究家として[編集]

オーキド氏は携帯獣(ポケモン)学の博士として有名だが、ポケモン川柳研究家としても広く世間に知らされている。

ポケモン川柳研究家としての活動はマスメディアなど多方面で活動し、自身の川柳のラジオ番組を持っている。そのためヒカリから真っ先に「川柳の人」と認識されたことがあり、このことでナナカマド博士から研究者として認知されるべく活動するように指摘された。

略歴[編集]

  • タマムシ大学理学部卒業。
  • タマムシ大学大学院生物研究科(後の携帯獣研究科)博士課程修了。
  • タマムシ大学理学部教務職員
  • タマムシ大学理学部生物学教室助手
  • トウキョウ大学携帯獣学部助手
  • トウキョウ大学基礎生物研究所助教授
  • タマムシ大学携帯獣生態研究所教授
  • 日本学士院会員
  • タマムシ大学携帯獣学部名誉教授
  • ポケモン協会理事
  • タマムシ大学携帯獣生態研究所所長(就任~)
  • トウキョウ大学基礎生物生態研究所(旧基礎生物研究所)所長
  • ポケモン川柳協会常任顧問・協会賞選考委員(第19回~)

学会活動等[編集]

  • 第17期日本学術会議会長
  • 日本ポケモン学会名誉顧問
  • 世界ポケモン学会役員(日本代表)

栄典[編集]

  • 文化功労賞
  • 文化勲章

受賞歴[編集]

  • 第75回日本学士院賞「携帯獣研究序説論」
  • 世界ポケモン学会ダーウィン賞(最優秀賞)
  • 第87回日本学士院賞恩賜賞「携帯獣の属性による分類法の提唱」
  • 第3回ポケモン川柳協会賞(優秀賞)「サンドパン 朝昼晩で 三度パン」
  • 日本・世界ポケモン協会文化勲章(同時受賞)
  • ノーベル生物学賞

経歴詐称疑惑[編集]

某映画でやたら宣伝されていたように、オーキド博士は子供の頃からポケモンと触れ合い、若い頃からポケモン研究を志していた[1]と一般に思われているのだが、実はかつてオーキドが下記のような経歴[2]を公称していた事実はあまり知られていない。

T大学理学部卒業後、生物学教室研究員を経て、現在タマムシ大学携帯獣学部教授。

かつて公称していた経歴(左上)。画像はこれでも某将軍様並に美化されている。

この件は『ポケットモンスター図鑑』(アスペクト刊)131ページにはっきり書かれている(尚、上記文中の「教授」は「名誉教授」の間違いと思われる)。同書によれば、オーキドは当初生物学を志していたが、当時生物学を支配していたダーウィンの進化論に疑問を抱いて(決して変な宗教にハマったわけではない)ポケモン研究を始めたとのこと。しかし、その直後に別の媒体に載せられた経歴では上で書かれているように『携帯獣研究序説』(ベストセラーになった)発表時に20歳、名誉教授就任時点で25歳となっており、上記携帯獣学部の件を含め(以降現在までこれを公式の経歴とする)[3]、明らかに無理・矛盾が生じていることが分かる。 そこで、以下のような説が提起されている。

年齢を詐称している。
『携帯獣研究序説』発表時に20歳というのが嘘で、実はもっと(少なくとも10歳以上は)老けているという説。冷静に考えてハタチの若造がそんなもん書けるわけねーだろというかいつ生物学から鞍替えしたんだよ、そもそも25で名誉教授とかアホかというひがみまっとうな意見の他にも、とても現在50歳には見えない容姿のために最有力な説。なおこの説を払拭するためか『電撃!ピカチュウ』に出演する際、作者に対し自身を美形に描くように要求していた。その結果確かに美形にはされたが、あんまりしつこく要求されたので作者も頭にきたのか、ピッピの着ぐるみを着てカップ麺をすすりながら主人公に近づき、化け物扱いされるという役を与えられた。
ずっとあなたが好きだったが放送されている時代すなわち1992年において、佐野史郎ビシャス整形と勘違いして優先席でにらみつけたとされていることを考えればこの年齢詐称疑惑も説得力を増す。
経歴を詐称している。
上記の経歴が虚偽であるという説。オーキド自身これ以降生物学者出身であることに一切触れなくなったため、権威付けのために詐称していたのではないかという説。もともとポケモン研究は生物学の一分野だった為、生物学者の肩書きが欲しかっただけかもしれない。現在、生物学者(特に進化論者)と携帯獣学者はいたるところで対立しており、裏切り者は許さないこんなやつと一緒にされたくない生物学者の中にはこの説を唱えている人が多いようである。生物学者時代の業績がほぼ全く見つからない他、大学の在籍記録を一向に明かそうとしないことが疑念に拍車をかけている。地元の名士である一族の名で大学に圧力をかけて認めさせたという説もあるが、たかが一町長にそんな権力があるのかは極めて怪しい。また、わざわざ「T大学」とぼかしているあたり、イオンド大学のようなディプロマミルである可能性もある。
業績を詐称している。
『携帯獣研究序説』は他人の著作である、あるいは他人の研究をパクったという説。オーキドはこの本を書いて有名になり、名誉教授などの称号を手に入れた後は、ろくな論文も出さず『チャート式 現代ポケモン必勝法』等の別に研究者でなくても誰でも書けそうな参考書を売りまくって荒稼ぎし、その後すぐさま引退して(この時未だ30余歳)マサラタウンに引きこもった為に疑われている説。最近になって、俺の研究を盗まれたという人間がぞろぞろ現れているとか。

このように彼の経歴は怪しさ満点なのだが、上述の通り肝心の彼が30代の頃からずっとマサラタウンの研究所に引き篭って学会に姿を見せない(名誉称号は保持したまま。学会や協会の理事を未だにクビにならないのは、彼の権威の賜である)ため、今後も学会から経歴を問い質されることはないだろう。ちなみにテレビ番組には積極的に出演している他、学会以外の場所にはたまに顔を出すが、実物にあるみすぼらしさが抜けているため影武者かそっくりさんだという説がある(以前、ポケモン川柳大会にあからさまな偽オーキド博士が現れ、本物のオーキド博士に成敗されるという事件があったが、この噂を払拭するためのやらせではないかと言われている)。また、マスコミ業界ではオーキドの経歴を尋ねることがタブーになっているのは有名である。

出演番組[編集]

著書[編集]

研究者向け[編集]

  • 『携帯獣研究序説』カントー出版(当初研究者向けで出版したが一般人にも好評があり大ベストセラーとなった)
  • 『新・携帯獣進化論』タマムシ出版(学院所属当時自身が書いた論文を現代の研究者向けに改訂したもの)

一般向け[編集]

  • 『科学衰退列島』コガネ出版
  • 『オーキド流ポケモン川柳』カントー出版
  • 『ポケモンの謎と生物学のロマン』カントー・ホウエン出版(共同出版)
  • 『初心者入門!わかりやすい大人の為の携帯獣学』ホウエン出版
  • 『みんなのポケモン川柳』シンオウ出版

児童向け[編集]

  • 『ポケモンといきるきみたちに』シンオウ出版(後に小学校1年生の国語教科書にも掲載される)

参考書[編集]

  • 『チャート式 現代ポケモン必勝法』コガネ出版
  • 『オーキド式 ポケモンの愛し方』アサギ出版

教科書[編集]

  • 『現代携帯獣学』カントー出版
  • 『改訂 現代携帯獣学』カントー出版
  • 『ポケモンと生きる』タマムシ出版
  • 『生物学』(監修)カントー出版

論文[編集]

  • 『携帯獣研究序説論』
  • 『携帯獣の属性による分類法論』
  • 『携帯獣の種類150種』
  • 『携帯獣進化論』

脚注[編集]

  1. ^ 上記「概要」ではタマムシ大学携帯獣学部に進学したことになっている。
  2. ^ 上記「略歴」はこれを反映している。
  3. ^ ポケットモンスター The Animation』による。

関連項目[編集]