オワタナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
オワタナ(Owatana)
一般特性
名称, 記号, 番号 オワタナ, Ow, 158
分類 金属
族, 周期 3, 9
密度 不明 g/cm3
原子特性
原子量 不明 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

オワタナ(Owatana)は、原子番号158ネオ元素。ネオ元素記号はOw

発見[編集]

ネオ地球上のとある自宅警備員が「ニチャネリウムは地道に核分裂を繰り返しているが、変化が一度原子番号158の所で終わってしまう」という現象を発見した。その後詳しく観測してみたところ、「人生オワタ」のAAに集合して固有の放射線を出しているのが確認された。 これによりネオ地球で第72回ネオ元素学報告会が開催され、オワタナと命名された。

ちなみに、前述の「固有の放射線」はオワタ放射線と命名された。

性質[編集]

オワタナそのものは核分裂もしないが、唯一することがオワタ放射線を放出することである。放射線を受けた物質は運動、化学変化などの全ての変化が停止する。この状態をオワタ状態という。有機生命体がこの状態になると思考が停止、果てにはただのしかばねのようになってしまう。

最近の研究ではオワタ状態を解決するのにスペシウムの重粒子ビームがよいことがわかっている。但し有機生命体に関してはこの限りでない(モエイウムツンデレビウムがスペシウムの代用になるとの説もある)

化合物[編集]

特にない。殆どが単体の単結合(Ow)で存在し、地道にオワタ放射線を出し続ける。

関連項目[編集]

この項目「オワタナ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)