ORANGE RANGE

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
オレンジレンジから転送)
移動: 案内検索

ORANGE RANGE(オレンジレンジ)とは、その名の通りオレンジ色をした電子レンジである。[1]

別名は「OMANGE MANGE®(汚萬毛萬毛)」、「OMANKO MANKO®(汚門戸門戸)」、「ORAPE RAPE®(汚強姦強姦)」

概要[編集]

この電子レンジにさまざまな物を入れて作動させると、温める代わりに、それぞれの特徴が合成された料理ができる。出来上がる料理はそれぞれの美味しいところがうまく混合され、若々しさにあふれた新しい味わいが生まれる。いわば、現代の錬金釜である。そういった特徴からアレンジレンジという尊称すらをも与えられた。

沖縄県コザ市にあるソニー社の工場の、専門のラインでのみ生産されている。調理士は沖縄の土人部落の匪賊である。その調理師は以前は6人いたが、1人が脱走した。脱走理由は、「調理性のちがい」というのがソニー社の主張だが、エイベックソ所属のO氏に脳内を洗脳され、逃亡。という説もある。

何もいれずに作動させると大量のカボスがレンジの中から沸いてくるので、ベース材料無しで作動させるのは危険である。

年長者は料理に古きよき味わいを感じとり、反対に若者には、今までになかった新しい味を楽しむことができ、世代を問わず幅広く受け入れられた。しかし栄養士は「加工品ではなく、畑の野菜をもっと食べましょう」と警鐘を鳴らしている。専門家は「これも一過性のブームでしょう」と事態を冷静に見つめている。

年に一、二回ほど全国を回って料理教室を開いているため、現在もお察し下さい

調理師[編集]

  • YAMATO(ヤマト)
  • HIROKI(ヒロキ)
  • RYO(リョウ)
  • NAOTO(ナオト)
調理長。
  • YOH(ヨウ)
土台担当。

元調理師[編集]

  • KATCHAN(カッチャン)
2005年に離脱。間違っても加トちゃんではない。

変化の例[編集]

呼び方[編集]

歴史[編集]

インターネット上の酷い匿名掲示板にて、VIPという板が出来たばっかりの時に、オレンジレンジ製電子レンジが大好きな新参が「オレンジレンジってかっこいい」という風なスレッドを立てた。当時のVIPはおっさんニートスーパーハカー、突撃隊やネタ職人や荒らし職人などがうじゃうじゃいたアングラ臭全開の酷い板であった。そんな酷い板に、何も知らない無垢な現代っ子がオレンジレンジ製電子レンジスレッドを立てたのである。その結果、下記のような呼び方などが発明されバカにされボコボコにされ、現代っ子は発狂後に姿を消した。

オレンジレンジ製電子レンジの主な呼び方[編集]

  • アレンジレンジ
  • オランゲランゲ
  • オマンゲマンゲ
  • オマンコマンコ
  • オレンジボボ - 九州北部限定
  • オレンジ漫湖 - 沖縄県限定
  • オラウンジラウンジ
  • オラウンチウンチ
  • オレンチレンジ
  • オレンチ電子レンジ
  • オレンチポンギ
  • オレンチタナカ
  • SANYO電子レンジSAP-001.com
  • ジン
  • オレンジレンジローバー(主に英国の上流階級の間で使われる。)

脚注[編集]

  1. ^ オレンジを調理できる電子レンジを指すと主張する専門家も居る。ただどちらの場合にせよ、オレンジ電子レンジと表記されるのは誤りである。

無関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ORANGE RANGE」の項目を執筆しています。


この項目「ORANGE RANGE」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)