オヤジ狩り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「おやじ狩り」の項目を執筆しています。

オヤジ狩り(おやじがり)とは日本独自の文化で、日本に生息するオヤジを楽しみつくすことが目的である。特に若者ヤンキーに人気の娯楽ということは明らかだ。様々なオヤジの楽しみ方があり、愛好家は全国各地にいる。

主な楽しみ方は以下のとおりである。

新鮮なオヤジを食す[編集]

この楽しみ方は、主に関東東北といったオヤジが豊富に実る地域で盛んで、オヤジ狩りを目玉にしたツアーは人気が高い。オヤジが旬である秋ごろに行なわれ、新鮮な汁気たっぷりのオヤジに皆が貪りつく姿は壮観である。

オヤジ狩りでは、食用品として他地域に出荷されるオヤジとは違い、完全に熟したオヤジを食べることが出来る。完熟したオヤジは皮も柔らかく、よい香りがする。基本的に加齢臭。オヤジを木からもいで直接食べるだけでなく、お土産として持ち帰ることも出来る。多くの場合、オヤジの価格はキログラム単位で決まっているか、あるいは袋に値段が決まっており、その袋に詰められるだけ詰めていいという方法がとられる。後者の場合、無理に入れられたオヤジが袋の中でつぶれてしまうことがある。ちなみに賞味期限が近づくと割引セールが行われる。年末にはオヤジ福袋も年々増加傾向にある。

美しいオヤジを愛でる[編集]

この楽しみ方は、関西地域で盛んである。特に京都で行なうオヤジ狩りは、海外の観光ガイドブックに載るほど有名で、多くの観光者がオヤジ狩りを求めて京都にやってくる。オヤジが赤くなる(黄色くなるオヤジもある)秋ごろに楽しまれ、京都の山一面が鮮やかなオヤジで埋め尽くされるさまは見事としか言いようが無い。特に真っ赤なオヤジが川面を流れていくさまは日本画のモチーフとしてよく使用される。

この場合食べるのではなく、山を彩るオヤジを見て楽しむことが目的である。京都に生息するオヤジは食用ではなく観賞用なので、食べることは禁じられている。

地に落ちたオヤジをそっと手持ちの手帳にはさみ、旅の思い出にする、そんな姿を目にすることが出来る。

伝統文化としてのオヤジ狩り[編集]

古来より日本では、よく訓練したオヤジを狩りの道具として使ってきた。この伝統は、はるか古墳時代までさかのぼることができ、長い歴史の間、廃れることと復活を繰り返しながら、現代へと受け継がれた。この伝統のオヤジ狩りは、特に東北地方で盛んである。

使用されるオヤジは眼光が鋭く、凶暴であるがオヤジ使いの激しい訓練のためか、主人にはとても従順である。突然暴れださないように普段は目隠しをされ、止まり木あるいはオヤジ使いの肩にちょこんと止まっている。

近年のオヤジ使いとしてはフミエ氏が有名である。オヤジ狩りの伝統から外れるという意見も多いが、小学6年生にしてオヤジ使いとして一人立ちし、電脳空間におけるオヤジ狩りを創始したことは特筆に値する。またフミエ氏の「ペットじゃなくて、しもべ」という発言は余人には窺い知れないオヤジオヤジ使いの関係を表すものとしてオヤジ狩り関係者を感嘆せしめた。

オヤジ狩りの問題点[編集]

ここまでオヤジ狩りが盛んになると、当然の事ながら「観客」としてこのスポーツを鑑賞するという行為が見られるようになる。しかしながらオヤジ狩りにおいては、未だアマチュアスポーツの段階であり、観客に見せるプレイをするプロが存在しないのが問題である。そこで窮余の策として、漫画や小説などでオヤジ狩りの様子を描写して、それを鑑賞するという方法が編み出された。フィクション内において、オヤジが若者を襲ったり、または襲われたりする姿を愛でる、というものである。

こういった漫画・小説の読者としては、女子中高生~熟年女性が特に多い。近年、池袋東口が、こういった観客としてのオヤジ狩り愛好家のメッカとなっている。特に、メガネ白衣のオヤジが好まれることが多い。

近年、オヤジ狩りを返り討ちにするオヤジ狩り狩り生業とする男がいるらしい。

あなたもできるオヤジ狩り[編集]

オヤジ狩りは当然床屋でもできる。バーコードにしたり、整髪料で油ぎった感じにしたりすれば個人でオヤジ狩り成功である。

他にもエクストリームスポーツとしての密漁虎狩、生意気なジャリタレをシメる坊ちゃん狩りなどがある。

関連項目[編集]

この項目「オヤジ狩り」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)