オプーナ (海賊版)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、オプーナについて記述しているばい! オプーナにつ・い・て・は「オプーナ」をCHECK IT OUT!! はい!!!


パッケージ
非常に表情豊かである。このオプーナを可愛くないなどと言う不届き者が大勢いるが、それはネットで得た偏見であり、彼らはスタンドアローンコップレックスになっているだけなのである。
星中にアート作品があふれるこの星では、人々の生活を脅かす魔物たちまでアーティスティックである。

オプーナ (opoona) は、2007年11月1日にコーエーより発売されたWiiゲームソフトである。ジャンルは生活スタイルRPG
ネット界で良く話題にされるオプーナの人気に便乗するため、同タイトル、同日に発売されたゲームソフトとしてネット界において認知されている。実はドラクエFFを父と母に持つ超本格RPGである(・・・実際はもう少し遠くて叔父と叔母くらい?)。

Nuvola apps important yellow.svg 注意
むしろ最近では海賊版のくせに結構おもしろいじゃねぇか、とか実は案外名作ゲームなんじゃないか?とか、実はこっちが本物なんじゃね...?とか、むしろあっちのオプーナって実在しないんじゃね?とか、そもそも権利ってなんなんだよ?とか、なんであっちが偽物なのにむこうの方が本物ぶってるんだよ!、というような主張がチラホラと出ていますが、この記事がオプーナ発売から3年以上経っていることからも分かると思いますが、それらを主張した人はみな恐ろしい末路をたどりまs...うわなにをするやめr


概要[編集]

2007年11月1日に発売されたWii専用ゲームソフト(企画・開発:アルテピアッツァ/発売:コーエーテクモゲームス)。事故によって家族と離れ離れになってしまい、たった一人見知らぬ星で生活しながら弟妹を探し、大けがをした両親を助けるために頑張る少年の物語。バトルをこなすだけでなく、人との出会いや仕事、さまざまな経験を積むことによって、未知の世界を知る喜びふれ合いの温かさを体験できるライフスタイルRPG

キャッチフレーズは、「もう少し、こどものままでいいですか?」である。製作者は子供たちの思い出に残るRPGを目指したという。(むしろ大きなお友達の一部の方々の思い出ばかりに残ってしまったのは、ここだけの話。)(まあゲームの内容も子供も、大人も、おねえさんも。って感じのゲームだからそっちの意味でもそうなんだけどね。)

クラシックコントローラなどに対応しているほか、ヌンチャクのみで片手でもプレイできる。アチョ~!<del/> 公式サイトでは「親指らくらくプレイ」と称している。寝っ転がりながら片手で優雅にプレーすることも可能だが、3Dに弱い体質の人は3D酔する確率が格段に上がるのでちゃんと座って、テレビから離れてプレーしてね!


2007年3月14日に東京・品川の品川グランドセントラルタワーにて発表会が開催された際に、映像も合わせて公開された。この時に件のミリオン宣言がなされた。当初は同年9月27日に発売する予定だったが、品質向上のため同年11月1日まで発売が延期された。(実はこれは当時発売を予定されていた超ビックタイトルであるマリオギャラクシーと発売時期をずらすための意味もあったが、マリオ側も発売を延期したせで発売日が同じになるというハプニングが起きたけどまあ可哀想としか言い用がない。)

なお、本作のBGMは、2010年12月22日にベイシスケイプから3枚組のサウンドトラックとして発売された。全62曲すべてを盛り込んだ超豪華3枚組であり、ひっそりと存在しているこのゲームファンたちだけでなく作曲者の崎元氏のファンたちも狂喜乱舞した。 また後年、発売元のコーエーがテクモと合併しコーエーテクモゲームスとなったことで、2011年3月24日に発売予定のDEAD OR ALIVE Dimensions(ニンテンドー3DS)のPVの中で、オプーナのコスプレを身にまとったキャラ(ザック)が登場している。(実はあっちのオプーナがかなり下火なせいで相当すべっちゃったようだがあえてそこは口にしないでおいてあげて欲しい。)更には10周年記年か、2017年に発売の無双☆スターズへの参戦のお許しが出た。無双☆スターズではエナジーボンボンを振りまわし、ラストハルマゲボンで敵を圧殺、無双するオプーナがプレーできる。オプーナファンはアクションRPG化したオプーナをぜひプレーしよう。実際、オプーナ無双としてのアクションはオプーナファンにとっても納得の出来である。トレジャーボックスでは本編で描かれなかったティティア星に居るオプーナのイラストも見ることができる。<del>しかし異星人であるオプーナは差別の対象であるらしく、総キャラ30人のうちたった一人だけ浴場の使用を許可されておらず、ストーリでは完全に無視され誰からも話しかけられず、大団円のイベントムービーでは姿が見られない。 無双☆スターズ猛将伝や、真・無双☆スターズ、無双☆スターズSpecial、無双☆スターズHyper、無双☆スターズUltimateに期待したい。

コーエーは今の時代を表すゲームを目指すと言ったが[1]、まさしく今の荒んだゲーム業界、ゲーム市場をはっきりと浮き彫りにした作品でもあった。

ストーリー[編集]

宇宙の治安を守る勇士「コスモガード」の子供・オプーナは、家族旅行の途中で不慮の事故に遭い旅先の「ランドロール星」から帰れなくなってしまいました。

弟や妹とは生き別れ、両親は瀕死の重傷を負って治療中。オプーナも脱出ポッドが地面に激突したときの衝撃で3日間寝たきり生活を送ることとなった。 さらに、人々が能力や特性によって職業を決められ、それぞれの居住区ドームに分けられて暮らすこの不思議な星では、仕事をして「ライセンス」を得なければ、他の居住区に行くことができません。 ひとりぼっちになったオプーナは、得意のバトルで活躍しランドロールガードのライセンスを手に入れ、離ればなれになった弟妹を捜すために、そして両親の治療代を稼ぐために、この星の住人としての生活を始めるのでした……。

果たして、オプーナは無事に家族とともに故郷の星に帰ることができるのか……?

...先生!特性を判断されて職業に就いたはずなのになぜか職業訓練所から卒業できない人がちらほらいて、なかにはおじいちゃんになっちゃてる人もいるんですが、その人達はどうなっちゃうんですか!? それに至る所に失踪者がいるし、危険な化け物が生息する外界からドームへ入れなくなってしまっている人も見かけるし...

オプーナで描かれる世界観[編集]

地味に本格SF[編集]

オプーナはディストピアSFである。あのティティア星人(オプーナ達)の見かけにだまされてはいけない。(むしろあの見かけのおかげでこのブラックな話が中和され程よい状態となってたりする)オプーナの舞台ランドロール星は気楽に見えて実は超管理社会を舞台にしているのだ。

  • 人は生まれたときに遺伝子検査をされて、つく職業(タイプ)を決められる。俗にいうディスティニープランである。
  • 個々人には生涯ノルマがあり、ソレを全てこなすとこの世の楽園とも呼ばれるパラディソ」に行く権利を得る。
  • この星の子どもは生まれた時に親から離され、星が管理する育児および教育機関であるスターハウスにて育てられる。多くの場合、子どもが両親と初めて会うのはスターハウスの卒業時である。(ただし多くの権利が認められ、パラディソへ行く資格をもったフォースター以上の住民ランクを持つ人間が子どもを産んだ場合は自宅での育児を選択することもできる。)
  • コプーナ(オプーナの弟)が適正を見出されることとなる「聖者」はいわゆる公務員「社会の奴隷」という公務員の理想そのままの存在である。聖者はランドロール星が闇のエナジーによる攻撃を受けた際に、これと均衡を保つかのごとく突然発生した人たちで、癒しの力を持ち、純真な心を持つ人間である。この聖者に適性を持つ人間は必ず毎年一定量生まれ、全員強制的に聖者の役職に就かされる事となる。聖者の業務は政府運営、医療、すべての労働における欠員補充などである。また、生まれ持った聖なるエナジーを保つためとし、一切の贅沢や娯楽を許されず、パラディソへ行くこともない。(※異星人であるコプーナは特例) しかし、聖者は生まれ持った従順性と過度な良心によってこれに対して不平、不満を言うことは決してない
  • この世界では何もかもがID/OMP(オフィシャル・マルチ・パスポート)で徹底管理される。OMPはすべてのドアのロック、GPSやトモダチ帳等の機能、職歴、行動履歴、現在位置や友好関係、今そこにいる理由に至るまで、あらゆる個人情報が他者と共有されている。
  • すべてのランドロール民は、適性とされたライセンスの種類とレベルに応じ、各個人の自由が決定されている。このライセンスレベルは住民ランクと連動しており、これが高くなるに連れ許可される権利が増えていく。簡単に言えば自分の労働状態を基準とした身分制度がしかれているのである。

その実、

  • 水が嫌いなのにもかかわらず、遺伝子検査で「ダイバー」と認定されたから泣きながら水に慣れる訓練をする子供
  • 戦いに向いている遺伝子なので「ガード」と選別されたが戦うのが嫌いで幼稚園から卒業できない老人
  • 悪事を働いたとされる人間はダークローグの犇く外界に追放され、安全なドームへ入ることが許されなくなる。これらの人達の集まる集落が存在している。

等の人々を生み出し、ひずみを随所に抱えている世界である。

とはいえ、副業はある一定の身分以上(ツースター以上)であれば個人の自由であったり、仕事は一生を単位としたノルマ制であるが様々な条件で軽減されたり等がある。また、仕事は達成しなくてもサボっても最低限の生活は保証されており、(最低限と言いつつなかなか良い暮らし)例の幼稚園から卒業させてもらえない老人もあまり不幸せそうではない。 達成した時点で即座に年齢を問わず勤労の義務から解放され、パラディソと呼ばれるまさしく「この世の楽園」のような場所へ行くことができるのは非常に魅力ではある。など、多くのSF作品で見られるような窮屈で古典的な管理社会ではない。


ゲーム本編では余計な意思を介在せずに「お前はこの星の文化をどう思う?」と問いかけてくる。
オプーナは傍観者的立場で描かれてるが作中で放たれる言葉はプレイヤーに傍観者である事を許さない
ゲームで描かれる管理社会は全くの空想のものであるが、われわれの生きている世界とふと重なって見える瞬間がある


眞島氏が語るように構想10年なだけのことはある。(SF物作りたいなーと考えた時からカウント)[2]
この世界観はオプーナをやりこめばやり込むほど明らかになってゆき、プレーするたびに新しい発見がある。


とあるオプーナの隠れファンはこう言った。
「オプーナを0時間プレーしたものはオプーナのことをクソゲーといい、

オプーナを1時間プレーしたものはオプーナのことを凡ゲーといい、

オプーナを10時間プレーしたものはオプーナのことを良ゲーといい、

オプーナを100時間プレーしたものはオプーナのことを神ゲーという。」



死にたい人にお薦めの危険な星ランドロール[編集]

  • コスモガード4人なら大丈夫だろうと思っていたら宇宙船ごと撃墜された
  • この宇宙船事故の現場取材をしたTVクルーは、全員が消息不明になった
  • ドームから徒歩1分の路上でティティア星人が倒れていた
  • フォースでダークローグ研究員が殺害された、殺害方法は氷付けにした後から体中の肉を抉り取られる。
  • ドームがダークローグに襲撃され、大人も「子供も」一人残らず殺された
  • 楽園に移れば安全だろうと思ったら、パラディソの住民はエナジーを吸い取られてい
  • 人類の1/3がダークエナジー経験者。しかもクレッセ...検閲により削除が怪しいという都市伝説から「聖者ほど危ない」
  • 「そんな危険なわけがない」といって移ったパラディソ移住者が5日後植物人間になって戻ってきた
  • 「ハイドミストを使えば襲われるわけがない」と出て行った旅行者がビーとビーハイブに襲われ殺された
  • 最近流行っている病気は「カーボンハート」 心臓が木炭の様に硬くなるから
  • 惑星全域でダークローグにあう確率が150%。一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味



管理社会とメディア[編集]

このオプーナの管理社会を維持するのに欠かせないのはOMPを介して視聴できるTVメディアである。 この星の人達が働く原動力となるのはパラディソへの幻想、そして安定した生活による安心感があるからであるが、

これらはTVメディアによって作り出されている。

ゲーム中、TVは見なくてもゲームクリアできるため飛ばすというプレーヤーも少なくない。それらの人は洗脳されずに済むので安心である。 TVはOMPによってネット配信されており、一日一話づつ見ることができる (この一番組につき一日一話というのはテレビばかり見て仕事をしなくなった人がいた為、ひとつの番組に対して一日ひとつしか放送しないようにしたというエピソードがある。)

これらの要素が強い番組達[編集]

  • ノラネコの夢
ランドロール星に生きるネコの一生を通し、この星の管理社会の基軸となる自分の使命を果たせば幸せになれるという思想を注入する。また、この自分の使命は自分で探しだすものではなく、運命によってあたえられたものこそが至上であると物語の中で印象づけることで、ランドロール星におけるデスティニープランを肯定する内容となっている。また、スターハウスと呼ばれるこの星の教育機関ではこの番組が幼少時の子どもの教材として使用されている。
  • 聖者の白いネコ
この星の管理社会を成り立たせるために必須である聖者に飼われているネコが、いかに聖者が素晴らしい存在であるか、その生活ぶりを解説する番組である。これもまたトキオネドームの番組である。
  • ギャギャー星人が行く
ランドロール星にやって来た異星人が洗脳改心し、素晴らしいランドロール星で生活を始める番組。これにも聖者がいかに素晴らしい存在であるかが書かれている。
  • 科学少女ハイテクちゃん
    ハイテクちゃんにかかればどんな悩み事も一瞬で解決である。
自分の身を犠牲にし、人々を救うハイテクちゃん(非実在青少年)の生き様を放送。最終的にハイテクちゃんは瀕死の重傷を負うものの、素晴らしい聖者たちの懸命の治療によりすばらしき楽園・パラディソへ送られる。ハイテクちゃんが実在する少女であると勘違いしたこの番組の視聴者たちはパラディソへ行くために労働ノルマに必死にとりかかり社会現象にまで発展した。このため異例なことにテレビ局によりハイテクちゃんは実在しない人間である宣言がなされた。これには登場するハイテクちゃんが美少女過ぎたことが主な原因であった。
  • ロボットネコの冒険
大自然界の調査に乗り出したロボットネコがいかに大自然界が危険で恐ろしい場所であるかを伝えた番組。見ているだけで恐ろしすぎて爆発しそうになるほどである。
  • あこがれ楽園生活
あこがれの楽園・パラディソへの幻想を深めるために、パラディソ経験者であるゴルディーランドロールガード総隊長匿名GLさんに解説をお願いする番組。GLさんの証言によれば、パラディソには
  • すばらしき食事
  • すばらしき風景
  • すばらしき自由な生活
  • 思い通りのすばらしき夢を見ることのできる装置←これが一番すばらしい。多くの人がこの装置に魅了される。そしてこの装置に付きっきりになり生きるエナジーを吸い取られるだけでなく、途中に悪夢を見せることで闇のエナジーを発生さs...
などが存在するという。この番組の司会者であるリタさんもこの番組でノルマが終結しパラディソへ行く。そこで亡き夫との夢を見続け、この妄想装置にとりつかれ幸せに暮す。
  • A氏の一生
ランドロール星人で非常に平均的な日常を送ったとされるA氏の生涯ドキュメンタリー番組。この番組ではA氏がとにかく自分の人生がなんとも良かったものかと振り返り、そして何度となくすばらしき聖者に救われたかについてを話す。そして、最終的にA氏はパラディソですばらしき余生を送り、息を引き取ったと番組は締めくくる。
  • 超マン
    メツボーーー光線ッ!!
絶対的調停者であり、宇宙の平和を守る絶対的存在、超マンの活躍を余すところなく伝える番組。星には5秒しか滞在することができず、争うものは国家個人善悪問わずすべてメツボー光線で一瞬にして消し去る。超マンに目を付けられた星では恐怖によって統制され、争うものは一人として存在しなくなる。ランドロール星はまだ超マンに発見されていないが、いずれ超マンがこの星にもやってくる可能性を示唆し番組は締めくくられる。

これらの要素が別段強い訳でもない番組達[編集]

  • サッカー中継
  • 野球中継
  • テニス中継
  • 芸術とは何か
  • ダンスTV


管理社会とアート・芸術[編集]

前述のとおり、オプーナは管理社会であるにもかかわらず、星中に多くのアート作品が点在している。 これまでのディストピア・管理社会を題材にした作品ではアート作品は相反する存在であることが多いが、 ランドロールにおける社会においてはこれが共存している。 ランドロール星のアート作品は職業適性において芸術家の適正を見出された人間たちによって作られたものである。ランドロール星の公式登録されたアート作品には解説プレートが側においてあり、これをチェックすることでOMP拡張ツール「カタロクレゾネ」に作品が登録され、解説を読むことが出来る様になる。

ランドロール星における主な芸術派閥[編集]

  • 回転主義
ランドロールアート三大主義の一つ。ランドロール星の芸術家達の中の一大ムーブメントであり、モノ・概念・万物有象無象が回転している、もしくは回転させられていることに美を見出す芸術集団のこと。
つまり結論から言ってしまうと、「何でもかんでも 回せばいい!」と言う芸術運動のこと。こう、クルクル回すわけです。ひたすらに、クルクル クルクルと
恐らくこの芸術集団の方たちに→これ←を見せたらあまりの美しさに目を回すでしょう。
  • 尺度主義
ランドロールアート三大主義の一つ。尺度主義には3つの派閥があり、それぞれ
距離派
モノの距離や長さの整った様に美しさを見出す。
重量派
モノの重さの整った様に美しさを見出す。
時間派
時の長さの整った様に美しさを見出す。
要するに長さとか重さとかそういうものが気になって気になって仕方ない!そういう芸術運動なのです。
  • 積層主義
ランドロールアート三大主義の一つ。
とにかく積む
とにかく積む
とにかく積む
とことん積む
これでもかと積む
  • 逆転主義
。るあで閥派なーナイマ。義主す出見をさし美にとこるいてし転逆が事物
  • 透明主義
透明であることの美しさを追求する主義。逆転主義と同様にマイナー。

ランドロール星の主なアートミュージアム[編集]

  • トキオネミュージアム
トキオネのショップ塔、ライセンス管理塔の中間に位置する。ガラス張りの空間の中心に「ウォール」シリーズを組み合わせて作られた立体的な巨大な箱型の展示スペースが鎮座する。この中にキャルバル氏の絵画コズミックハンマーが展示されている。
  • ライフボーン芸術の庭
ライフボーンドームの設計者である聖者マキシム様の発案により作られた庭。
  • アルティエラミュージアム
芸術のドーム、アルティエラの美術館。入場するにはミュージアムパスが必要。ミュージアム「積」「角」「球」から構成され、それぞれ積層主義尺度主義回転主義の作品が集められている。
  • ブラーボ・ミュージアム
ブラーボ社を入ってすぐのエントランスがミュージアムとなっている。また、二階には対となるアートの部屋が存在する。
  • その他
アートミュージアム以外にも様々な場所にアート作品が点在している。なかには大自然界に置かれた作品もある。
オプーナ眠り.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

登場人物たち[編集]

主人公たち[編集]

オプーナ
ティティア星の子供。ティティア星では子供の戦闘への参加は禁じられているため、実戦経験はなかったが、潜在的な戦闘能力の高さからランドロールガードの適性を見出される。
ランドロールガードとしての実績を重ねる一方で、副業として様々なライセンスを獲得し、活動範囲を広げていく。
ティティア星人特有の身体能力の高さをもって、ランドロール人が一生に課せられるだけのノルマを僅かな期間で成し遂げる。
コプーナ
オプーナの末っ子の弟。主人公たち3人の中で一番幼いが一番大人びている。
強力な聖なるフォースを持つことから聖者の適性を見出され、聖者の島で聖者としての修業を積むことになる。
早くからオプーナと再会し、それぞれの道を究めるために協力することになる。好物はうな重。
ポリーナ
オプーナの妹。性格や能力は母親譲り。ランドロール星へ不時着後は消息不明となる。
オープナやコプーナとは違った形で保護されたため、職業適性は調べられていない。

家族・仲間[編集]

ダディーナ
オプーナたちの父。宇宙の平和を守るコスモガードの勇士。ティティア星の歴史上僅か5人しか存在しないスターティティアンの一人。
宇宙船墜落の際に重傷を負い、マミィーナと共に聖者の島で保護される。
マミィーナ
オプーナたちの母。
宇宙船墜落の際に重傷を負い、ダディーナと共に聖者の島で保護される。
ロイドマン
マミーナの兄でオプーナ達の伯父さんである。オプーナ一家がランドロール星に赴く以前からランドロール星に滞在していた。
戦士としての腕はあまり良くないが、技師としての能力が非常に高い。

ランドロール星の人々[編集]

オプーナ達と関わる特定のキャラクターは「トモダチ」になることができ、親密度を上げることが可能。

ゴルディ
ランドロールガードの総隊長。匿名GLさん。非常に強い戦士である。戦った本人が言っているのだから間違いない
アイゼル
聖者の長。ランドロール星の代表を務める。オプーナの両親を保護している。
チャイカ
ランドロール星のドームの1つ、インテリジェントシーのシャイン社で働くエンジニア。
副業でランドロールガードも務め、総隊長ゴルディに認められる程の腕を持つ。
一時的にパーティメンバーに加わるが操作は不可能。
テッド
スターハウスに住むランドロールガードの研修生。まだ子供のオプーナを馬鹿にしている。オプーナの最初のトモダチ。足はあまり速くない。
ミラ
スターハウスの学生連合会長。オプーナから見るとしっかり者のお姉さん的少女。OMPで配信されているTVが好きで、ノラネコの夢、聖者の白猫がお気に入りらしい。とても可愛い。
ジングル
スターハウスの実験室で働く少年科学者。ダークローグコレクターのライセンスを貰える。かつて同じく科学者であった父をダークローグに殺されており、
マサオ
スターハウスに住むニコニコ星からの留学生。アーティストの研修生であると思われる。が、本当は
カマロ
ランドロールガード。正義感が強く無茶をすることも。デイジーという恋人がいる。
マック
ライフボーンのファーストフード店、イート・エブリデイの店長。機械いじりが趣味。しかし、機械いじりの趣味に勤しむあまり、仕事を投げ出したことから妻から離婚されている。その後改心したが、相変わらず妻とはよりを戻せていない。
ルー
ライフボーンの家庭教師。スターハウスを卒業した生徒の案内をよく頼まれる。シーマスターのアルバイトをしている。
ミシェル
ライフボーンの釣り堀を管理するシーマスター教官。海をこよなく愛する女性である。
ジョージ
国際ファーマー協会の会長。オプーナに畑の肥料となるミネラルの収集を依頼する。ヨゼフとはメアリのことで因縁の関係である。
ヨゼフ
ライフボーンのペントハウスに住む元マイニングエンジニアの大富豪。昔、付き合っていたメアリをジョージに奪われ、それ以来ヨゼフとは断絶していた。
ムソルタス
ランドロール星の音楽家。オプーナにある取引を持ちかける。
メンデル
楽器職人。ムソルタスとは犬猿の仲ながらも良いコンビである。
アンジュ
アルティエラでアイドルを目指す少女。厳しいレッスンについていけずに自信を喪失している。とても可愛い。
ニキータ
ランドロール星のCMの女王。とても可愛い。実はSM女王でツンデレ
ミミィ
アルティエラで活動する人気のアイドル。腹黒かもしれない。とても可愛い。
イネ
ニコニコ星からの留学生。
ホップ
ランドロール星の大企業、ブラーボ社とシャイン社の両方の会長。
カシラ
OMPによる管理社会に反発しドームを出たものが集まる街アネモスの頭。
ジョイ
アネモスに暮らすアウトロー。
シャグラ
アイゼルの弟。瞑想の塔でアイゼルとの修業に挑んだ際、闇のエナジーに取り込まれたとされる。その後の消息は不明。

戦闘システム・アクティブボンボンバトル[編集]

単調になりがちなRPGに上手くアクション性を持たせた素晴らしいシステム。かと言って過度なアクション性を求められるわけではなく分かりやすい。貫通弾で複数の敵を巻き込んだり飛びかかってきた敵にカウンターを当てたりもできる。
ところでまだ色々言いたいし画像とかも使って説明したいけど書くの疲れたからだれか手伝ってください

なんで売れなかったんだろう...[編集]

なんで売れなかったんだろう...オプーナのパクリだとかマリオが潰しに掛かってきただとかそう言うの以外で。分かる人は教えてください。 ホントはいろいろ考えてるけどまだ文章がまとまらないんだな。

続編の可能性[編集]

出たらいいな...え?ツイッターでその時が来たらって言ってた?やったー!!  その時っていつ...

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オプーナ(海賊版)」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「オプーナ(海賊版)」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「オプーナ(海賊版)」の記事を執筆しています。

外部リンク[編集]


オプーナ素材.jpg このランドロール星の社会システムは、内部からの侵略・および制度自体の限界により
緩やかに収束しつつあります。このまま何も出来なければ後には闇のエナジーが巣食う星しか残りません。
この星を救うにはあと7人のパルチザンが必要です。 (Portal:スタブ)