オプジーボ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
ノーベル賞.jpg
祝 ノーベル賞受賞

アンサイクロペディアは本庶佑先生のノーベル医学・生理学賞受賞を心よりお祝い申し上げます
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「オプジーボ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニボルマブ」の項目を執筆しています。

オプジーボ(薬剤としての一般名はニボルマブ)は、がんの画期的治療薬として注目される医薬品京都大学医学部の本庶佑博士が、その開発に貢献した功績により2018年ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

概要[編集]

オプジーボは、がん細胞が免疫細胞の正常な働きを妨げている場合に、その妨害をやめさせて、がん細胞を免疫細胞が攻撃できるようにする、という効果を持つ、免疫チェックポイント阻害剤という種類の薬品である。

従来の抗がん剤治療はがん細胞を直接攻撃することを主眼としていたのに対し、オプジーボは人体が持つ免疫機能を活性化することによってがんを治療するという点で、治療薬として極めて画期的であった。

副作用[編集]

オプジーボは日本では2014年7月4日に製造販売が承認されたが、その有効性に対する認識が広まるにつれて重大な副作用をもたらすことが明らかになった。患者に投与されたオプジーボが、患者の加入する健康保険経済的に攻撃して深刻なダメージを与えることが判明したのである。

オプジーボの販売開始当時の価格は100mg当たり72万9849円、1年間投薬を受けると薬代だけで3500万円にも及んだが、その7割が健康保険の負担となるうえ、さらに高額療養費制度によって一定額を超えた分は健康保険から返金されるしくみとなっている。そのため、高額な薬価が、ただでさえ高齢者への拠出金支払いで財政が圧迫されていた健康保険組合を直撃したのである。患者へのオプジーボの投与が繰り返されることによって、死亡に至る健康保険組合もあらわれた。

政府は、オプジーボによる健保への攻撃を緩和させるため、通常の薬価見直し時期を待たずに2017年2月から薬価を半額にする引下げを決定、さらに2018年4月にも20%引きの更なる値下げを敢行した。これにより2018年10月時点の価格は100mg当たり27万8029円となった。1年使えば1000万円以上になるが、それでもこの薬価引き下げは、経済的攻撃という副作用に対する一定の治療効果を上げている。

しかし、高額な薬価は新たな副作用ももたらしている。治療対象となるがん患者の中には喫煙などの生活習慣による発病とみられる者もいるが、その生活習慣病患者をみんなから集めた大金で治療するっておかしくね? という、患者差別である。この副作用に対する治療法は、現在のところまだ発見されていない。

関連項目[編集]

  • ヤーボイ - オプジーボとの併用でより高い効果が期待できる免疫チェックポイント阻害剤。
  • キイトルーダ - これも免疫チェックポイント阻害剤の一種だが、あまり名前はキイトランダ。
  • オプーナ - オプジーボと同様、購入する権利が問われるもの。
  • はたらく細胞

外部リンク[編集]