オフサイド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オフサイド (サッカー)」の項目を執筆しています。

サッカーオフサイドは、サッカー素人にとっての訳が分からないルール代表である。

概要[編集]

サッカーの試合の中では、激しい攻防戦が続く熱いスタジアムの空気が伝わる中、いよいよゴールが話まで攻めてきて「よしそこだ!」と絶叫していたら突然オフサイドの反則となる場合がある。知らない人は「えっ…」「何で」の声を漏らして白熱した思いが沈下しかかってしまう。誰かに聞いて「オフサイドだ」と言われてもよく分からないと答える場合が多い。

そこで、オフサイドについて分かりやすく説明しよう。オフサイドの反則というのは、攻撃側の選手がゴールライン前にあるオフサイドラインを越えた位置にパスをし、もう1人の選手がパスした先に移動した際に起こりうる。ある選手がオフサイドライン超えにパスをした時に、もう1人の攻撃側の選手がゴールキーパー以外の最後尾にいるプレイヤーよりもゴールライン前に近い位置にいた時に、さらにパスを受け取ると反則となる。なるほど、全く分からん。

解説[編集]

Offside.png

分からない人のために図を使って解説しておこう。

赤丸の選手が矢印の方向にパスした瞬間に、もう1人の赤丸選手がゴールキーパーを除く最後尾の守備側選手よりもゴールラインに近い位置にいた時にパスを受け取ると反則となる。

要約[編集]

それでも分からない人のために一言でまとめておく。

Is12.jpg ググレカス

というのはほんの冗談で、要するに守備側の選手の背後にいてボールを待って攻撃に入る行動を反則とみなしているのである。

特徴[編集]

サッカーは11人で。

このルールがあると、選手は待ち伏せをする行動がとれない。自分側が攻められている際に、相手チームのゴール前に待ち伏せしているプレイヤーに向けて長めのパスをしてしまうと、ゴールキーパーとの一騎討ちが始まってしまう。そんな独占行為を好む目立ちたがり屋を粛清する効果がある。また、サッカーは攻守共に報復行為が繰り出されることもある[要出典]。1人ばかりが目立つと極端なブーイングを受けるだけではなく敵対選手からのヘッドバッドの嵐を受けてしまうので、そんな野性的本能を抑えることに効き目がある。

起源[編集]

ところが、このルールによってサッカーはなかなか得点が入らない。なぜこんなルールが導入されたのかは、前述した理由だけでは説明不足である。

実はサッカーの起源となったゲームは何と「一点先取」でゲームが終わってしまうというものであった。ゲームとはイベントそのものでもあり楽しむものでもある。一点先取のせいでイベントの快楽が一瞬で終わる可能性もあった。それではつまらんとの理由で導入されたのがこの「オフサイド」というルールであるが、これのせいでゲームが何日も続いたなんて事例も出たりした。

これがゲームの中での緊迫感を生んだのだが、こんなルールを導入するよりかは今のサッカーのように点取りゲームにすれば良かったはず。わざわざ一点先取のルールを維持し、ゴールが入りそうで入らない状況を作っては緊迫感があり過ぎて精神面に支障が出るものである。選手側にとっても終わりそうで終わらない状況は苦痛であるはず。いや、むしろそれらすらも快楽として捉えていたからこそあえてこのルールを導入したのかもしれない。言うならばオフサイドルールはその手の人たちへの快楽を止める効果があったのだろう。現在のような点取りゲームと化してもオフサイドルールが残っているのも、そのその手の人たちのための名残とも言えるかもしれない。

分かりにくい理由[編集]

このルールが素人にとって理解しづらい理由は、まず見ただけでは反則になった瞬間が分かりにくい点が挙げられる。報復目的、厄介な選手を退場させるための相手選手への攻撃などは見ただけですぐ分かるが、この反則はルールを知らない、あるいは詳しくない人には言われて初めてその状況に気付くのである。

次にこのルールについて説明がしづらい点が挙げられる。サッカーは相手のゴールまでボールを運ぶ一般的な球技なのに、このルールだけ口では説明しづらい面倒くささ、もとい難しさがある。人によってはそれだけで分かってもらえるかもしれないが、上のように図を使ってようやくそのルールの特徴を理解できるがそこまでするのが面倒くさい、もとい物覚えが苦手な人もいるのである。上の説明において概要の部分だけで理解できるのであれば貴方は素人でもサポーター初心者でもないだろう。

しかし、その特徴を理解したところで「で? 何でこれが反則なの?」という話になる。オフサイドライン付近ではパスはゴールよりも反対方向にしなくてはいけないということになっている。サッカーとは前方にあるゴールを目指してボールを運ぶスポーツなのにも関わらず、攻撃側の選手がボールより前でプレイすることを制限している。前に向かって勇ましくボールを運ぼうとするその姿が反則扱いされるのだから、理解できないのも無理はないのである。

関連項目[編集]