オナニーマスター黒沢

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「オナニーマスター黒沢」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

オナニーマスター黒沢(―くろさわ)とは、新都社より発行されている伊瀬カツラによるスクールオナニー(学校でオナニーをすること)の参考書。YOKOにより漫画化もされた。自慰扇情ヘヴンズドアという物語の形式をとっていることや、ウェブ上に無料で公開していることから莫大な人気を誇っている。略称は「オナマス」、「ナマス黒」。また、2009年9月1日に双葉社によって「キャッチャー・イン・ザ・トイレット!」として書籍化されている。タイトルが変わった理由は大人の事情によりお察しください。

概要[編集]

女子トイレの個室に籠もり、オナニーをすることが日課であるどこにでもいる中学生黒沢翔思春期特有の問題と向き合い、それを乗り越えていくことで強くなっていくという。

変態的なタイトルとは裏腹にシリアスな展開も多く、特に後半では学園物の小説漫画では逃げられない呪縛である青春を感じさせる内容になっているため、暗い青春を過ごした者にはを強く感じるストーリーとなっている。終了後になんだか切なくなるという点はこの作品とオナニーの共通点である。そのためオナニーの代替としてこれを読む者もいる。

影響[編集]

これによりスクールオナニーのハードルが下がり、主人公である黒沢をリスペクトし自分も個室でオナニーをしようという学生(スクールオナリスト)が全国に出現した。しかし現実はそうはいかずに、人の来ないトイレというものはなかなか少なく結果として往来の多い女子トイレに侵入を試み、ばれてしまうケースが後を絶たなかった。

また、帰宅を得意とする放課後暇な人たちにとって知名度が高まり、女子トイレはオナニーをする男性であふれかえった。そのため放課後トイレでタバコを吸えなくなってしまった女子高生たちが一服の時間を返してくれと教師に訴えたケースもあった。

さらにエスカレートしたケースでは女子生徒の制服や体操着にぶっかけるといったかなり悪質なものもあった。なお、本編で黒沢が行った女子生徒の持ち物に行ったぶっかけは悪魔でも脅しを受けた上での止む無い制裁であり、性的興味から行ったものではない。

以上のような事例よりPTAよりウェブ有害図書に指定され、それでもPTAのママゴンたちは満足しなかったため2009年4月7日に公開しているウェブサイトの閉鎖が決まった。大勝利!

外伝に『オナニーマスター小林』が存在する。

主な登場人物[編集]

黒沢 翔(くろさわ かける)
中学校二年生の春より毎日放課後に女子トイレの個室でオナニーをすることを日課としている少年。おかずは主にクラスメイトの妄想、特に西本エリカの割合が高い。妄想の内容から考えるとSっ気があると思われる。フィニッシュ後は壁にかかった精子に対し一礼しふき取ることから、綺麗好きかつ命を重んじる一面もうかがえる。
長岡 圭史(なかおか けいいち)
クラスのオタク集団の首魁。正体はトータルテンボスの藤田。天然パーマながらサイズのある髪型はアフロのようで、ブロッコリーに喩えられることもある。ブロリーという仇名がついているが由来はそこから来てるのだろう。黒沢にも積極的にコミュニケーションを図る。
北原 綾(きたはら あや)
リスのようなかわいらしいメガネっ娘。内気な性格が災いしいじめられているが黒沢のチンポ習慣を弱みに握り、自分の復讐のために利用した女ギツネのような狡賢い女。自己紹介ではチェ・ホンマンの物まねに挑んだチャレンジャーの一面も見せる。
滝川 マギステル(たきがわ まぎすてる)
明るく誰にでも話しかける性格でフラグをたてまくり、勘違い男子たちからの人気を誇る。処女説が濃厚だが悪魔でも仮説であり、こういう女性に限って…という可能性も否定できない。名前からして多分ハーフか何かかも。某アナウンサーとの関係は不明。
須川 麻衣子(すがわ まいこ)
北原をいじめるDQN女。終盤はまるでマンガのような顕著なツンデレっぷりを見せる。コーヒーカフェラテが好物であり、ご飯にカフェラテをかけた「カフェラテ茶漬け」は相当味が良いのか北原にも勧めるほど。
ピザ太(ぴざた)
本名:関 取太(せきしゅうた)。誰も名前で呼んでくれない。修学旅行で黒沢と長岡を同じ班だったぽっちゃり系男子。北原を虐めるために須川から服を盗まれたり、その北原からはキモがられたリと、ある意味最も悲惨かもしんない。
原田 あゆみ(はらだ あゆみ)
須川の悪友であるが極端に出番が少ない。しかしとてもかわいい。
野宮先生(のみやせんせい)
三年三組の担任。小学生の頃友達のパンツを隠して怒られた変態教諭。同じ変態として黒沢のことを認めている。いじめに関しては無関心。
小林隆太(こばやし りゅうた)
リア充。クラスに必ず一人はいるお調子者。西本の処女を奪ってしまったため、彼女のファンからはひどく憎まれている。体育祭ブリーフ一丁で出場しようとしたチャレンジャー。
西本エリカ(にしもと えりか)
小林の彼女。小柄で実にかわいらしい。黒沢のお気に入りのオカズ。小林に処女を奪われてしまった。機嫌が悪い時は「別に」「特にないです」といった発言を繰り返す。
内藤恭子(ないとう きょうこ)
とってもボインなモデルのお姉ちゃん。とてもポピュラーな愛玩動物で、比較的飼いやすく、黒沢は一週間で完全な飼育に成功した。
屋代摩子(やしろまこ)
武将山田光義の側室。影が薄い。スイーツ(笑)
山田光義(やまだみつよし)
山田家の頭首。名前が武将っぽい。レゲエとダンスを愛する。書籍版では名前が「真田光義」に改名されたりと適当。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


シコれペニス メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の記事加筆せねばならぬと決意した。
メロスにはユーモアわからぬ。メロスは、暇人である。
記事を見て、ニヤニヤして暮して来た。けれどもダメな記事に対しては、人一倍に敏感であった。 (Portal:スタブ)