オッカムの剃刀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

オッカムの剃刀( - かみそり、Ockham's razor)とは、言葉を切り刻むことができる魔法カミソリである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オッカムの剃刀」の項目を執筆しています。

概要[編集]

オッカムの剃刀があれば余計な言葉は何でもカットできてしまう。例えば

冗語法(じょうごほう、レデュンダンシー、Redundancy、Jogoho)とは、何度も何度も繰り返し重ねて重複して前述されたのと同じ意味の同様である同意義の文章を、
必要あるいは説明か理解を要求された以上か、伝え伝達したいと意図された、あるいは表し表現したい意味以上に、繰り返し重ねて[[重複]]して繰り返すことによる、
不必要であるか、または余分な余計である文章の、必要以上の使用であり、何度も何度も繰り返し重ねて重複して前述されたのと同じ意味の同様の文章を、
必要あるいは説明か理解を要求された以上か、伝え伝達したいと意図された、あるいは表し表現したい意味以上に、繰り返し重ねて重複して繰り返すことによる、
不必要であるか、または余分な文章の、必要以上の使用である。これが冗語法(じょうごほう、レデュンダンシー、Redundancy、Jogoho)である。
基本的に、冗語法(じょうごほう、レデュンダンシー、Redundancy、Jogoho)が多くの場合において概して一般的に繰り返される通常の場合は、普通、
同じ同様の発想や思考や概念や物事を表し表現する別々の異なった文章や単語や言葉が何回も何度も余分に繰り返され、
その結果として発言者の考えが何回も何度も言い直され、事実上、実際に同じ同様の発言が何回も何度にもわたり、幾重にも言い換えられ、
かつ、同じことが何回も何度も繰り返し重複して過剰に回数を重ね前述されたのと同じ意味の同様の文章が何度も何度も不必要に繰り返される。
通常の場合、多くの場合において概して一般的にこのように冗語法(じょうごほう、レデュンダンシー、Redundancy、Jogoho)が繰り返される。

以上の文章はアンサイクロペディアにおける秀逸な記事冗語法の定義文である。この文章をオッカムの剃刀を使ってカットすると、

冗語法(じょうごほう、Redundancy)とは、ある概念を説明するのに、必要以上の言葉を使うこと。

となる。

使い方[編集]

使い方はいたって簡単である。

  1. 余計な言葉を探す。
  2. オッカムの剃刀を当てる。

たったこれだけである。これだけで、700文字以上ある文章をたった50字そこらに減らすことができるのである。

注意事項[編集]

オッカムの剃刀は、あまりに切れ味が良いため、必要以上に使うと色々と大変なことになる恐れがある。そのためいくつかのルールを守る必要がある。

  • 文章の中で「必要なもの」は切ってはならない。
  • もし必要なものを切ってしまったら、すぐに代役を補充しなければならない。
    • ただし、代役はそれっぽいもので十分である。

オッカムの剃刀で切り刻むべきもの[編集]

オッカムの剃刀で切り刻むべきでないもの[編集]

関連項目[編集]