オクラホマミキサーの法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「オクラホマミキサーの法則」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

オクラホマミキサーの法則( - ほうそく)とは、20世紀初頭にドイツ出身の物理学者アルベルト・アインシュタインが発見した法則である。正式名称は「オクラホマミキサーなどの間で組み合わせの変化を伴うダンス中に発生する停止位置の推移と恋愛好感度に関する一般法則」。運動会キャンプファイアーの場で男女入り混じってダンスをする際、殆どの場合、好きな子の前でが止まるという法則である。

概要[編集]

1901年、アルベルト・アインシュタインはキャンプファイアーに興じている時にこの法則性に気づいた。具体的には、男女がペアになって曲に合わせて相手を順次変えるようなダンスは、その多くの場合、好きな女の子(或いは男の子)とペアになることができる一歩手前で曲が終り、そこでダンスも終了になってしまう、というものである。反対に、男女共に嫌いな相手とはペアになりやすく、またその時間が長く感じられることもアインシュタインは発見した。

1902年、アインシュタインがこの仮説を論文にまとめて学会に発表すると、世界中で賛否両論の激論が戦わされた。「そういわれてみれば同じような経験があるなあ」という肯定派と、「そんなの偶然だろ」という否定派とが真っ向から対立したのである。結局、この仮説を検証するには実際にダンスに興じてみるのが一番だということになり、肯定派と否定派とがアメリカ合衆国オクラホマ州で一堂に会し、オクラホマミキサーを三日三晩踊り続けた。そして、72時間耐久オクラホマミキサー終了後に実施されたアンケート結果を受けて、アインシュタインの仮説が有効であると理論付けられ、法則として認められた。また、それまで殆ど誰もが気付かなかった(或いは認識することを拒否していた)が、多くの小学校中学校において同法則が普遍的に働いていたことが観測によって明らかとなった。

なお、この法則はオクラホマミキサーに限らず、マイム・マイムジェンカ等の曲の場合でもほぼ同様であることが近年証明された。

応用[編集]

発見者のアインシュタインは、この法則を更に発展させ、嫌いな相手とのダンスは長く感じ、(運良くペアになれたとしても)好きな相手とのダンスは一瞬で終わるように感じる点に着目。そこから時間を含む様々な概念は観測者の主観によって変わるという特殊相対性理論の発見に繋がった。

20世紀後半になると、オクラホマミキサーの法則が持つエッセンスを抽出し、より一般的で親しみやすいマーフィーの法則へと発展していった。このマーフィーの法則はあらゆる分野に応用が利くため人気を博し、やがて市民権を得るようになっていった。

関連[編集]

この項目「オクラホマミキサーの法則」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)