オカピ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

オカピ(英名:Okapi)とは、鯨偶蹄目キリン科に属するほ乳類である。世界三大珍獣のひとつでもある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オカピ」の項目を執筆しています。

概要[編集]

褐色の胴体に白黒しま模様の四肢、という非常に特徴的な姿をしている。毛に覆われたを持ち、長いは青白い。その気色の悪さから「森の貴婦人」と呼ばれている。

歴史[編集]

元々オカピという動物は自然界には存在しなかった。しかし、ピグミー族の持っていたシマウマを継ぎ合わせた毛皮を見たイギリス人の探検家がその実在を誤信し、以後幻の動物として知れ渡るようになった。オカピを捜し求める探険家が増え、あまりにも熱心に探し続けているので今さら作り物だとも言えなくなったピグミー族は、なんとかしてその毛皮にふさわしい生き物をつくり出そうとした。そして長年にわたり馬とシマウマの交配を続け、品種改良の結果ついに生み出されたのがオカピである。

日本におけるオカピ[編集]

オカピは珍獣であり、世界中でも飼育されているのはたったの42頭しかいない。日本ではズーラシア(横浜)と上野動物園(東京)で飼育されている。ちなみに横浜市民にとっては「オカピがいる」というのが唯一東京に勝てるポイントであったため、市民の間でのオカピの知名度や関心度は異常に高い。オカピの写真を見て正しくオカピの名を答えられるのは、他の市町村では人口の1割に満たないが、横浜市民に限ると正解率は8割を超える。また、横浜市民は「オカピのぬいぐるみは横浜土産として喜ばれる」と思っているが、実際に贈ってみると全く喜ばれないので注意しなければならない。もっとも、途中で馬用の生地が足りなくなってシマウマ用で代用したというようにしか見えないのだから仕方のないことであろう。

関連項目[編集]