オウムの法則

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
サリンが発生するかもしれない

オウムの法則 (- ほうそく) とは、某心障集団の行動を示すものである。

法則[編集]

オウムの第一法則[編集]

オウム真理教は、警察という抗体がないと、サリンという気体を発散させながら活発に活動し始める。

オウムの第二法則[編集]

オウムは、活発な時は時に公安という抵抗を相手にとる電圧を示すことがある。

この抵抗値は手作り感あふれる自動小銃とサリンによるもので、最近美帝知りたがり屋にも興味を持たれている。

オウムの第三法則[編集]

オウムのことは、韓国の放送局がよく報道してたかなあ。
オウムはこんなテレビ局に片思いされている。

結論[編集]

電圧=抵抗×電流値 で示されるオウムの法則を提唱した法則であり、電気の分野でも非常に大きな功績を得ている事実もある。警視庁という抵抗体を持たなければ、際限無く大電流が導通し、サリンガスが発生する非常に危険な状態となる。ただし、現在ではオウムはアレフとなってしまい、オウムの法則もなくなってしまったが、代わりにアレフの法則と改名すべき旨、日本電気学会で提唱されている。いずれにせよ、電子機器を扱う際には、サリンガスが発生しないよう非常に注意して使用しなければいけない。

関連項目[編集]


Asahara meditation.jpg 私はアンサイクロペディアへ入会した。
先ずやらなければならないこと、それは加筆と編集である。
さあ、加筆するぞ・・・・・ (Portal:スタブ)