第3次オイルショック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
オイルショックから転送)
移動: 案内検索

第3次オイルショック (だいさんじおいるしょっく) とは、2008年(平成20年)4月1日頃に日本国内の各地で発生した、同時多発テロの事である。首謀者は不明だが、実行犯は日本民主自由党内の過激派テロリスト組織「ガソリンネサゲタイ」であるとみられる。フフン戦争(第2次角福戦争)に関する出来事の一つでもあり、第3次石油危機大惨事石油危機と呼ばれることもある。オイルショック第2次オイルショックについても、このページの下の方で記述する。

経過[編集]

第3次オイルショック (右が発生直後、左が直前の現場)。レギュラー価格は156円になった。

第3次オイルショックが発生したのは2008年4月1日頃。フフン戦争の最中、突如OPEC(石油輸出機構)がガソリン価格を(日本国向けだけ)約25円/1ℓ、軽油を約17円値下げしたことに起因する。ガソリンの価格が下がることによってガソリンの質が悪化する事を懸念した消費者による、値下げ前のガソリン買い溜めが各地で発生した。日本国政府は、ガソリンの品質低下は、地球温暖化へ向けた世界の動きに逆行するものであるとして、全力で再値上げする方針であると全力で述べている。

また、第2次オイルショックのあった頃の1978年以降、希望小売価格を据え置いていた明治乳業など日本の主な牛乳業者は、第3次オイルショックを記念して、約30年ぶりとなる乳製品の希望小売価格の適正化を行っている。

その後 

そして、2008年4月30日に自民党は再値上げに関連する法律を衆議院に提出し、同法案は賛成多数で可決された。法案成立後、自民党広報関係者は記者会見で「自民党はこれからも"道路が第一" "建設業の活力を生かした地域の活性化" をスローガンに、国民の利権を第一に考えた政治を全力で行っていきたい」と、国民に向けて自民党の決意の固さを示した。

背景[編集]

実行犯と見られるガソリンネサゲタイは、国際テロ組織アルカイダの下部組織であるとみられ、今回の同時多発テロもアルカイダが指導した経済テロ攻撃であると指摘する声もある。日本民主自由党首脳部はこれを全力で否定しているが、一部報道では、ハト派の日本民主自由党元党首の弟の、友人の友人がアルカイダのメンバーであると報じており、真相究明が全力で待たれる。

オイルショック[編集]

第1次オイルショック[編集]

1973年(昭和48年)に第4次中東戦争勃発を受け、OPECが主催した記念セールが、第1次オイルショックである。日本でもこれを祝い、各地で協賛セールが実施された。このセールの物価への影響は大きく、その年の日本の名目物価上昇率が、大きく引き下げられたほどであった。特に中東原産のトイレットペーパーは特に人気で、在庫不足に陥った小売店が日本各地で見られた。

第2次オイルショック[編集]

第1次オイルショックを受けた好景気が、1978年(昭和53年)に入っても、日本では続いていた。そんな中当時の日本国首相(フフフ氏のにあたる)は、さらなる経済発展を図る為、OPECと協調してイラン革命記念セールを開催した。これが、第2次オイルショックである。しかしこのセールは、経済的に見ても人々に与えた心理的影響においても、直接的・短期的には、第1次オイルショックに比べると、大きな成果を挙げるには至らなかった。

しかし、中長期で見ると、日本の経済構造の変化に与えた影響は大きく、日本の主力産業が、従前の造船(宇宙戦艦ヤマト)・鋼鉄(エヴァンゲリオン)のような重厚・ハード型から、自動車(HVC-LGS)・家電(HVC-012)・テレビゲーム(HVC-001)・ジャパニメーションといった、コンパクト・ソフト型経済へ転換していったのは、この第2次オイルショックの以降である。例えば、日本のテレビゲーム発祥作ともいえる、任天堂の「ファミリーコンピュータ」の登場は、5年後の1983年であるし、ジャパニメーションの先人宮崎駿の、自身初のオリジナル製作の映画「風の谷のナウシカ」の発表が、その翌年の1984年である。このように、第2次オイルショックは、その後の日本の経済構造や文化面に与えた非常に大きなものがあったといえる。

関連項目[編集]

フフン戦争を指揮する指導者