エーテル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
エーテル(Ether)
一般特性
名称, 記号, 番号 エーテル, Ae, 32
分類 非金属
族, 周期 14, 4
密度 不明 g/cm3
無色
原子特性
原子量 75 amu
原子半径 不明 pm
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エーテル」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「エーテル」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

エーテル(Æther, Aether, Ether)とは、真空を構成する要素の一つである。電磁波の媒体として知られ、宇宙を満たしている。19世紀にマイケルソン・モーリーの実験を経て、ローレンツ変換式という形でその存在が立証された。

しかし、理論的裏付けがない時代から人類はエーテルを精製利用する技術を獲得しており、有史以前からエーテルを醸造してはせっせと呑んで酔っぱらっていたことが発掘調査などから明らかにされている。

酩酊飲料以外の利用法が確立されたのは比較的近年のことである。間違っても某ゲームのMP回復薬ではない。

なお、ネオ地球においては原子番号32のネオ元素として知られている。

利用法[編集]

医学分野[編集]

医学分野での応用は工業分野より早く、エーテルを飲むと酔っ払うことから麻酔としての利用が考案され、エーテル麻酔法として確立された。外科手術において患者が正体を無くすほど大量のエーテルを摂取させ、痛みを感じないようにしてしまうのである。
この手法はそれまで我慢するしかなかった外科手術を陽気なものへと転換し、多くの医者と患者を中毒患者へと導いた。

また、当時このような応用に対し十分なエーテル供給量を確保できなくなったため、米国では禁酒法を制定し、医者以外が合法的にエーテルを手に入れることを制限する社会現象も発生した。

工業分野[編集]

工業的利用においては、電磁気を伝達する最良の媒体であることから、これらをワイヤー状に加工したものとしてEtherネットが知られている。言うまでもなく、インターネットを支える基盤技術であり、このことから我々の社会がいかにエーテルに依存しているか理解できる。 精製加工技術の向上により、近年のカテゴリー6と呼ばれるケーブルでは、1Gbpsでの通信が可能である。現在、さらに速度を増した10Gbps通信を可能にするケーブルが開発中である。

近年の動向[編集]

昨今の地球温暖化対策として真空から取り出され、真空へと戻って行く環境に優しいエーテルを自動車の燃料とすることがブームとなり、急速な情報化社会の進展や化石燃料の枯渇懸念と共に、エーテル市場価格の高騰という問題を発生させている。

エーテルを可視[編集]

電磁波の媒体であるエーテルは地球上や全宇宙を満たしており、私達の生活に欠かせない要素である。エーテルは普段は目に見えない形で空気中に充満しているが、美しい心を持つとエーテルを見ることが出来る。これを「エーテルを可視」という。エーテルは、何かを媒介するとき反応を起すので、様々な現象を見ることが出来る。エーテルは常に何かを媒介しているので、様々な現象が層のようになって見えることもある。現象の一例としては、オーロラのようなゆらゆらした光、虹のような七色の光、ダイヤモンドダストのようなきらきら、白波のようなざわざわなどである。エーテルを可視し続けると、やがて驚くような才能が目覚めたり、逆に脳の活動が不活発になったり、場合によってはどこか遠いお国に魂ごと飛んでいってしまうこともあるので、エーテルを可視には細心の注意が必要である。