エンサイクロペディア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
安心設計のエンサイクロペディア
安全性は急遽ニートにかわってあなたが充分に保証することになりました。どうぞ安心してご利用ください。
エンサイクロペディア管理人に対しての処理
このページはエンサイクロペディアの管理者が毎日見ています。見かけたら生温かい目で見守ってやりましょう。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「エンサイクロペディア」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「エンサイクロペディア」について分析しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「エンサイクロペディア」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

エンサイクロペディア(英:Encyclopedia)とは、アンサイクロペディアパロディサイトである。混沌と憎悪に満ちた危険な場所で、ウィキペディアンアンサイクロペディアンの中でも知る者はごく僅かである。

エンサイクロペディアの象徴。ゴミの山にも統治は必要である。

概要[編集]

エンサイクロペディアのメインページ。ユーザの手によって混沌と化している

エンサイクロペディアは、ウィキペディアで発生したアンサイクロペディアでも回収しないようなクソ記事や、アンサイクロペディアで発生したどうしようもない記事や即時削除記事を回収するために作られた第五番目ペディアである。設立以来、ウィキペディアとアンサイクロペディアで作成された全てのクソ記事を保持し続けているだけでなく、アク禁したユーザも全て封印している。

しかし、エンサイクロペディアでも新しい記事の作成や記事の内容変更が可能なため、現在のエンサイクロペディアは無残に荒らされ、ボロボロになりながら荒らしの拡散を止めている。

ウィキペディアとアンサイクロペディアが平和なのもエンサイクロペディアがあるおかげであるが、ウィキペディアンとアンサイクロペディアンからねぎらいの言葉すらかけてもらえず、今日もエンサイクロペディア管理者は文句も言わずただ黙々と働いている。

エンサイクロペディアの役割[編集]

  • どうしようもない記事の回収
  • どうしようもない記事の再評価・再編集(再編集が完了した記事は元の場所に返却する。)
  • アク禁ユーザの回収及び監禁
  • アク禁ユーザの教育(まともになったユーザは元の場所に返却する。)

エンサイクロペディアン[編集]

エンサイクロペディアにたどり着いたユーザの殆どは前科持ちの荒らしなので、彼らがエンサイクロペディア内で新しく作る記事もゴミ記事が多数である。リバート合戦も昼夜問わず行われており、彼らには友情も協力も妥協もないただ混沌だけを生む存在である。

さらに、彼らは自分達の記事を消したりアク禁にしたウィキペディアとアンサイクロペディアを怨んでおり、ウィキペディアンやアンサイクロペディアンが来訪してきたものなら集団で罵声を浴びせ追い返そうとしてくる。彼らには反省と後悔と恐怖を知らないバーサーカーのような存在なのである。

未確認情報であるが、ウィキペディア騎士団アンサイクロペディア騎士団のようにエンサイクロペディア騎士団を作って戦の準備をしているらしい。

エンサイクロペディア管理者[編集]

管理者はエンサイクロペディア創立者であるオフィサと13人のビューロクラットで構成されている。彼ら(彼女ら)は記事を治し、ユーザを戒め、より良いペディアを作ろうと日々努力しているが、エンサイクロペディアンの妨害により殆ど成果を挙げられていない。

その事を槍玉にエンサイクロメディア財団からは文句を言われ、エンサイクロペディアンにはからかわれ、たまに良い仕事をしてもまったく感謝されないといった悲しく空しい中間管理職となっている。 エンサイクロペディア駆除のときだけは、ウィキぺディアンもアンサイクロペディアンも一丸となってハエたたきするらしい。

エンサイクロペたん[編集]

エンサイクロぺたんはエンサイクロペディアの擬人化キャラクターである。美しき我がアンサイクロペたんはおろか、ウィキペたんをも遥かに超えるブサイクなキャラクターとして知られる。腐汰婆★ちゃんねる(ふたば☆ちゃんねるのパクリサイト)の協力により、エンサイクロペディアンの手によって作られた。

エンサイクロメディア財団[編集]

ウィキメディア財団アンサイクロメディア財団が協力して設立。エンサイクロペディアのサーバやお偉いさん方が集まっているが、内情は両ペディアに媚びへつらい、マネーロンダリングに利用され、マスコミの批判の的になっている。

姉妹プロジェクト[編集]

  • エンディクショナリー:フリーどうしようもない辞典
  • ダ目ニュース:よく騙される人も信じないニュース
  • エンソース:まずいソース
  • エンブックス:中二病もあきれ返る書籍
  • エンチューンズ:耳をふさぎながら音楽を聴こう
  • エンクォート:デタラメすぎる引用句
  • メタエンディ(エンメタ):喧嘩の多い議論場
  • エンコモンズ:絵心の無いメディア
  • エントラベル:地獄への旅
  • エンリークス:デタラメ陰謀論

独自プロジェクト[編集]

エンチューブのシンボル
  • エンミュージックオーシャン:耳をふさぎながら音楽を聴こう第二段
  • EnTube:YouTubeとニコニコ動画に対抗。テラ豚丼動画もある。

エンサイクロペディア裁判[編集]

この裁判は、近頃アンサイクロペディア、ウィキペディア両者が起訴。裁判の結果、観察処分となった。

関連項目[編集]

  • Yahoo!先生 - アンサイクロペディアと検索するとエンサイクロペディアを勧めてくるビッチ
  • 三ペディア志 - xxxxxxxxx!を中心にウィキペディア・アンサイクロペディア・エンサイクロペディアの三つ覇を画いた小説
  • 工工工工工工工工工!(この記事は削除された。アンサイクロペディアでは削除候補なのだ。)

外部リンク[編集]

  • メインページ - エンサイクロペディアへのアクセスはまともなアンサイクロペディアンには許されていない。このリンクからエンサイクロペディアへ行くことができるのは削除厨・統合厨・POV厨・宣伝厨と呼ばれる者達に限られる。
この項目「エンサイクロペディア」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)