エロゲール語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

エロゲール語Erogaedhelgeラテン語名:Erogadelica英語名:Erogaelic)とはインド・ヨーロッパ語族エロゲルト語派Hゲルト語群の言語。ネオ地球上に生息するエロゲ族により使用される屈折語である。略称はエロゲ語。

分布[編集]

元来はヒベルニア地方の言語であったと伝えられている。しかし21世紀初頭にソレナンテ・エ・ロゲを初めとするエロゲ族の目に留まり、彼らの使用するところとなった。30世紀現在エロゲ族はワンチン神聖扇動有産有識者会議出立魔道者契約連盟主導性超新体系先駆型社会世界生成直接型共産主義平和共和国連邦及びウドーン・チュウカメーン・ソバ・カキアゲ列島超国家共和連邦領内に居住している。

語彙[編集]

  • Circus /sa:kas/ - 曲芸
  • Leaf /li:f/ - 葉
  • Key /ki:/ - 鍵
  • Type-moon /taipmu:n/ - 月
  • Age /a:zj/ - 上げ
  • Clannad /klanad/ - 人生
  • Mag mell /megmel/ - 喜びの島
  • Realta /realta/ - 星
  • Nua /nua/ - 新しい
  • Neko-mimi mode /nekomimimo:d/ - 流行の耳猫
  • Kan kan ore ore /omaegaimakanziteirukanzjo:wasejsinsitkannoit-sjudasizumeruho:ho:waoregasirteiru/ - 俺俺感感
  • Real-reality /rialrialiti/ - 現実感の現実
  • Darekare /darekare/ - 百円
  • SNG? /sonage/ - それはなんという成人向け遊戯ですか?

屈折変化[編集]

  • 直説法現在:Cho-sensei /josejaj/
  • 複合過去:Saki Aomura /dowsurebaiinda/
  • 半過去:AOMURASAKI /sonnakotoiwaretemo/
  • 大過去:Aomurasaki /orenimakasero/
  • 未来:BluePurple /dzutsu:gaitai/
  • 前未来:Akihide Takebayashi /kuwasiisjo:saj/

文字・発音[編集]

オナル文字と呼ばれるニートルイド僧が用いた手話を元にした古代文字が残されている。近代になるとラテン文字から変化したエロゲール文字を使用するようになったが、20世紀における「エロゲーリック・リバイバル」というエロゲール語復興運動に伴いラテン文字表記が一般的となった。その後千年の時が流れ、表記と発音の関係はめちゃくちゃである。だが使用者の母語による識字率は0に近いので問題はなく、綴り字改革の動きもない。

関連項目[編集]

  • ゲール語:エロゲール語の元となったと言われる言語。24世紀には完全に絶滅した。